基本情報

写真b

友繁 有輝

TOMOSHIGE YUUKI

職名
専任講師
研究分野・キーワード
米国大統領スピーチ、認知言語学、レトリック
研究概要
主な研究分野は、言語がどのように社会の流れやイデオロギーを形成しているのかを取り扱うレトリック研究です。現在はアメリカ大統領の演説におけるメタファー分析を中心に、大統領がどのように国民にイデオロギーを伝達しているのかを認知言語学や批判的談話分析の考え方を援用しながら研究を進めています。言葉は話者や書き手の主観 (認知や感情) を通して伝達されるもので、特有の言い回しや表現に着眼することで、その人の思考の源を知るヒントになります。この考え方をスピーチのレトリック分析に応用すると、言語分析から得られる解釈は人間の認知に根ざしたものとして捉えられ、談話の中で何が語りかけられているのかを探ることにつながります。演説という談話は、単に言葉の塊ではなく、社会と人を結ぶパイプラインのような働きがあり、そこに一つの世界が構築されていますが、その世界を構成する背景情報 (フレーム) も研究対象に含めています。具体的には、関連するインタビュー、新聞記事、記者会見、自伝書なども分析対象として取り入れて、イデオロギーの形成に果たす言語の役割について考えています。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:関西学院大学
    学部(学系)名:文学部

    学校の種類:大学
    卒業年月:2014年03月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:大阪大学
    研究科名:言語文化研究科

    修了課程:修士課程
    修了年月:2016年03月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士(言語文化学)
    学位の分野名:英語学
    学位授与機関名:大阪大学
    取得方法:論文
    取得年月:2016年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 国際学部
    経歴名:専任講師
    職務期間:2021年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:福岡認知言語学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本語用論学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本認知言語学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本文体論学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:国際認知言語学会

    学会所在国:アメリカ合衆国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):英語学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 資格名:中学校教諭1種免許

  • 資格名:高等学校教諭専修免許

  • 資格名:実用英語技能検定1級

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:アメリカ大統領の就任演説 (1960年~2021年) における平行法の分析
    掲載誌名:言語共同プロジェクト 2020  (頁 65 ~ 74)
    掲載誌 発行年月:2021年05月
    著者氏名(共著者含):友繁有輝

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:レーガンとトランプの就任演説における反復のレトリック分析ー反復とイデオロギーの創出についてー
    掲載誌名:文体論研究  67号  (頁 53 ~ 68)
    掲載誌 発行年月:2021年03月
    著者氏名(共著者含):友繁有輝

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:Factbaseを活用したドナルド・トランプのカードメタファーの分析 : 2019年の経済と米墨国境に対するトランプの手札とは
    掲載誌名:言語文化共同プロジェクト 2019  (頁 59 ~ 69)
    掲載誌 発行年月:2020年
    著者氏名(共著者含):友繁有輝

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Obama’s Jokes and Metaphorical Expressions in the White House Correspondents’ Dinner (2009-2016).
    掲載誌名:Papers from the 20th National Conference of the Japanese Cognitive Linguistics Association  20巻  (頁 44 ~ 54)
    掲載誌 発行年月:2020年
    著者氏名(共著者含):Yuuki Tomoshige

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:オバマの記者晩餐会 (2014) におけるメタファーとジョーク
    掲載誌名:『レトリックとコミュニケーション』言語文化共同プロジェクト 2018  (頁 37 ~ 49)
    掲載誌 発行年月:2019年
    著者氏名(共著者含):友繁有輝

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:英語実証研究の最前線
    出版機関名:開拓社
    発行年月:2020年09月
    著者氏名(共著者含):八木克正, 神崎高明, 梅咲敦子, 友繁義典, 住吉誠, 友繁有輝 他

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:X is the new Y, X is the new black, そしてorange is the new black: 社会変動をベースとするメトニミー拡張
    著書形態:共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:11th International Conference on Construction Grammar. General Session. University of Antwerp, Belgium
    会議区分:国際会議
    開催期間:2021年08月
    開催場所:University of Antwerp (UAntwerpen), Belgium
    題目又はセッション名:X Is the New Y, X Is the New Black, and Orange Is the New Black: Social Change and Metonymic Extensions.
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:大阪大学言語文化学会第58回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2021年07月
    開催場所:オンライン
    題目又はセッション名:Corpus of Political Speechesに収録されている大統領のas if構文のメタファー的用法について ーレーガン、ブッシュ、クリントンのas if構文を比較して―
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本文体論学会第116回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2020年06月
    開催場所:オンライン
    題目又はセッション名:X is the new Y, X is the new black, そしてorange is the new black: 社会変動をベースとするメトニミー拡張
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:第20回日本認知言語学会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2019年08月
    開催場所:関西学院大学
    題目又はセッション名:Obama’s Jokes and Metaphorical Expressions in the White House Correspondents’ Dinner (2009-2016)
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:第40回福岡認知言語学会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2019年03月
    開催場所:西南学院大学
    題目又はセッション名:オバマの記者晩餐会 (2014) におけるメタファーとジョーク
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:EnglishI

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:EnglishI

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:EnglishI

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:EnglishI

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:EnglishI

    授業形式:代表者

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 授業科目名:Project-based English Program (PEP)
    機関名:立命館大学

  • 授業科目名:TOEIC
    機関名:近畿大学

  • 授業科目名:アカデミック・イングリッシュ
    機関名:大阪工業大学

  • 授業科目名:イングリッシュ・スキルズ
    機関名:近畿大学

  • 授業科目名:英語演習
    機関名:近畿大学

全件表示 >>

教育内容・方法の工夫 【 表示 / 非表示

  • タイトル:タイム誌を用いたレーディング実践法
    活動期間:2020年04月 ~ 2021年03月