基本情報

写真b

三輪 敦子

MIWA ATSUKO

研究分野・キーワード
ジェンダー、人権、開発
研究概要
アジアと日本の関係や、アジアの近代化の問題に関心をもったことから開発研究に引き寄せられ、また自身の社会人経験からジェンダーの課題に気づくことになりました。国連での勤務を通じ、特に第4回世界女性会議(北京会議)の準備過程に携わったことにより、ジェンダー課題をどのように立法を含む各国の政策課題とし、制度と施策を通じて課題を解決していくかについて経験を積むことができました。国連において「人権の主流化」が進み始めた時期でもあり、それらに導かれ、「ジェンダーと開発」「開発における人権アプローチ(human rights-based approach to development)の発展と実践」「国際人権規範の国内実施」「グローバル化と人権」等の分野で研究を進めてきました。SDGs(持続可能な開発目標)が掲げる「誰一人取り残さない」という最重要理念は人権目標そのものですが、経済・社会・環境の諸課題に人権が統合されたこと自体が国際社会の大きな変容です。国際的な規範設定を含む政策レベルと、地域の市民社会を含む実践レベルの両方の視点から、「続く社会」を創造するための課題と戦略を考察していきたいと思っています。
SDGs 関連ゴール

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:サセックス大学開発研究所
    研究科名:開発研究科

    修了課程:修士課程
    修了年月:1989年09月
    修了区分:修了
    所在国:グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士(Gender and Development )
    学位の分野名:ジェンダー
    学位授与機関名:サセックス大学(英国)
    取得方法:課程
    取得年月:1990年01月

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:「安保理決議1325号と関連決議の実施を通じた『女性と平和・安全保障』の課題への取り組みの現状と課題」
    掲載誌名:『研究紀要』  第19号  (頁 1 ~ 37)
    掲載誌 発行年月:2014年03月
    著者氏名(共著者含):三輪 敦子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「権利の普遍性を文化の特異性に架橋するための実践的枠組の検討」
    掲載誌名:『研究紀要』  第18号  (頁 1 ~ 20)
    掲載誌 発行年月:2013年03月
    著者氏名(共著者含):三輪 敦子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「権利アプローチとしてのケイパビリティ・アプローチの意義と可能性」
    掲載誌名:『研究紀要』  第17号  (頁 1 ~ 22)
    掲載誌 発行年月:2012年03月
    著者氏名(共著者含):三輪 敦子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「女性と平和・安全保障をめぐって」
    掲載誌名:『研究紀要』  第16号  (頁 21 ~ 51)
    掲載誌 発行年月:2011年03月
    著者氏名(共著者含):三輪 敦子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「水に対する権利をめぐって〜社会権規約委員会一般的意見15(水への権利)と水の確保に関する国際的な潮流
    掲載誌名:『研究紀要』  12号  (頁 237 ~ 255)
    掲載誌 発行年月:2007年03月
    著者氏名(共著者含):三輪 敦子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:『世界の社会福祉年鑑2014:ジェンダーと社会福祉〜女性の自由とケイパビリティ』
    出版機関名:旬報社
    発行年月:2014年12月
    著者氏名(共著者含):宇佐美 耕一、小谷 眞男、後藤 玲子、三輪 敦子他、全27名

    著書種別:事典・辞書
    担当部分:「UN Women(国連ウィメン)」
    著書形態:単著

  • 記述言語:英語
    著書名:Gender and Judging
    出版機関名:Hart Publishing Ltd.
    発行年月:2013年07月
    著者氏名(共著者含):Ulrike Shultz, Gisela Show, Anne Boigeol, Atsuko Miwa et al.

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:Engendering the Judiciary - Lessons from the Philippines
    著書形態:単著

  • 記述言語:日本語
    著書名:『自由への問い7 家族〜新しい「親密圏」を求めて』
    出版機関名:岩波書店
    発行年月:2010年06月
    著者氏名(共著者含):岡野八代、加藤秀一、二宮周平、牟田和恵、三輪敦子他、全8名

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:「「権利」意識と親密圏の自由」
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:『開発教育〜持続可能な世界のために』
    出版機関名:学文社
    発行年月:2008年08月
    著者氏名(共著者含):田中治彦、岩﨑裕保、甲斐田万智子、三輪敦子他、全12名

    著書種別:単行本(一般書)
    担当部分:「第10章 ジェンダー」
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:『アジア太平洋人権レビュー2008』
    出版機関名:現代人文社
    発行年月:2008年06月
    著者氏名(共著者含):川村暁雄、甲斐田万智子、岡島克樹他、全7名

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:「権利をよりどころにした女性のエンパワメントの可能性と課題」
    著書形態:単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:International Conference on Law and Society
    会議区分:国際会議
    開催期間:2012年06月
    開催場所:Honolulu, Hawaii
    題目又はセッション名:The Long and Winding Road to Gender-Fair Justice in Japan - On a recent decision of the Supreme Court
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:ジェンダー法学会第8回学術大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2010年12月
    開催場所:千葉大学
    題目又はセッション名:「裁判におけるジェンダー主流化の試みーフィリピンにおけるジェンダー正義賞(Gender Justice Award)の経験から」
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:国際人権法学会第22回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2010年11月
    開催場所:明治大学
    題目又はセッション名:「女性と平和・安全保障をめぐってー安保理1325号決議が提起するもの」
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本法社会学会2010年度学術大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2010年05月
    開催場所:同志社大学
    題目又はセッション名:「フィリピンの司法におけるジェンダー視点の導入と法曹継続教育」
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:Workshop on "Gender and Judging"
    会議区分:国際会議
    開催期間:2009年06月
    開催場所:Onati International Institute for the Sociology of Law
    題目又はセッション名:Engendering Judiciary - Learning from Philippine Experiences
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:経営戦略研究科

    授業科目名:Internship in Diplomatic Institutions

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:経営戦略研究科

    授業科目名:Internship in the United Nations and Diplomatic Institutions

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:大学院共通科目・認定科目前期

    授業科目名:Internship in the United Nations and Diplomatic Institutions

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:大学院共通科目・認定科目前期

    授業科目名:Seminar in Global Diversity

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:経営戦略研究科

    授業科目名:Seminar in Global Diversity

    授業形式:代表者