基本情報

写真b

谷口 真紀

TANIGUCHI MAKI

職名
准教授
研究分野・キーワード
言語コミュニケーション文化学
研究概要
ヴォーリズ研究

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:文学
    学位の分野名:英米・英語圏文学
    学位授与機関名:同志社大学
    取得方法:課程
    取得年月:1998年03月

  • 学位名:言語文化
    学位の分野名:言語文化
    学位授与機関名:関西学院大学
    取得方法:論文
    取得年月:2003年03月

  • 学位名:紛争解決学
    学位の分野名:紛争解決・平和構築
    学位授与機関名:SIT Graduate Institute
    取得方法:論文
    取得年月:2007年05月

  • 学位名:博士(言語コミュニケーション文化)
    学位の分野名:言語コミュニケーション文化
    学位授与機関名:関西学院大学
    取得方法:論文
    取得年月:2012年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 建築学部
    経歴名:准教授
    職務期間:2021年04月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:“Can Team Working Shape Social Learning and Social Capital?: A Case Study of Team Teaching at University in Japan
    掲載誌名:Kwansei Gakuin Language Center Language and Culture  25巻  (頁 65 ~ 75)
    掲載誌 発行年月:2022年03月
    著者氏名(共著者含):Maki Taniguchi & Graham Jones

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Giving Students Ownership of themselves: How CEFR can be Used to Set Personal Language-learning Goals
    掲載誌名: Kobe JALT Journal  25巻  1号  (頁 37 ~ 55)
    掲載誌 発行年月:2021年10月
    著者氏名(共著者含):Maki Taniguchi & Graham Jones

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「ジーン・シャープの非暴力行動論」
    掲載誌名:滋賀県立大学人間文化学部紀要『人間文化』Vol.41
    掲載誌 発行年月:2016年10月
    著者氏名(共著者含):谷口真紀

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「新渡戸稲造の英語習得」
    掲載誌名:新渡戸基金紀要『新渡戸稲造の世界』Vol.24
    掲載誌 発行年月:2015年09月
    著者氏名(共著者含):谷口真紀

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「晩年の新渡戸稲造とアメリカ 満州事変後のアメリカ講演をめぐる評価」
    掲載誌名:アメリカ学会紀要『アメリカ研究』Vol.47
    掲載誌 発行年月:2013年03月
    著者氏名(共著者含):谷口真紀

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:非暴力を実践するために 権力と闘う戦略 (関西学院大学研究叢書第241編)
    出版機関名:彩流社
    発行年月:2022年03月
    著者氏名(共著者含):谷口真紀(訳)ジーン・シャープ(著)

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

  • 記述言語:英語
    著書名:Readings in Language Studies Volume 7: Intersections of Peace and Language Studies
    出版機関名:International Society for Language Studies, Inc.
    発行年月:2018年12月
    著者氏名(共著者含):Maki Taniguchi

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:"Incorporating Peace Education into EFL"
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:『太平洋の航海者 新渡戸稲造の信仰と実践』
    出版機関名:関西学院大学出版会
    発行年月:2015年01月
    著者氏名(共著者含):谷口真紀

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

  • 記述言語:英語
    著書名:『英語で知るアメリカ 8つのテーマで超大国の実情に迫る』
    出版機関名:大学教育出版
    発行年月:2013年10月
    著者氏名(共著者含):谷口真紀

    著書種別:教科書
    担当部分:第8章「日米の文化学術交流 太平洋の架け橋を志した新渡戸稲造」
    著書形態:共著

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 名称:コラム執筆「ジーン・シャープが指南する非暴力行動という戦略」『越境する社会運動』
    活動期間(研究年月など):2020年03月

    研究活動区分:その他

  • 名称:上智大学アジア文化研究所主催公開講演会<旅するアジア2019>にて講演「非暴力という戦略 ジーン・シャープの提言」
    活動期間(研究年月など):2019年05月

    研究活動区分:その他

  • 名称:東京大学東洋文化研究所・東京大学日本アジアに関する教育研究ネットワーク共催ワークショップ「Nonviolence as a Strategy, Nonviolence in the Future」にて英語で講演"Gene Sharp, an Advocate for Strategic Nonviolent Action"
    活動期間(研究年月など):2018年11月

    研究活動区分:その他

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:関西学院大学J.C.C.Newton賞 審査委員特別賞
    受賞年月:2010年01月
    受賞国:日本国
    受賞区分:その他の賞
    授与機関:関西学院大学
    受賞者・受賞グループ名:谷口真紀

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2018年04月 ~ 2022年03月
    研究題目:Setting Personal Learning Goals for English: Can CEFR-J Help?

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:2022年度大学共同研究「学長指定研究」
    研究期間:2022年04月 ~ 2025年03月
    研究題目:ヴォーリズ建築のアーカイブ構築および歴史的位置づけの再考と現代的意義の探求

    資金支給機関名:関西学院大学

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:TEASOL-SPAIN
    会議区分:国際会議
    開催期間:2020年03月
    開催場所:Universidad de Salamanca
    題目又はセッション名:"Personal Goal Setting: Braking Barriers" with CEFR
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:Cam TESOL
    会議区分:国際会議
    開催期間:2020年02月
    開催場所:Institute of Technology of Cambodia
    題目又はセッション名:"Team Teaching is Team Learning: Experiences from a University in Japan"
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:International Society of Language Studies 2018
    会議区分:国際会議
    開催期間:2018年06月
    開催場所:Wilfrid Laurier University
    題目又はセッション名:"Giving Students Ownership of themselves: How CEFR can be used to Set Personal Language-Learning Goals"
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:International Society of Language Studies 2017
    会議区分:国際会議
    開催期間:2017年06月
    開催場所:University of Hawaii at Manoa
    題目又はセッション名:"Incorporating Peace Education into EFL Education"
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:アメリカ学会第46回年次大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2012年06月
    開催場所:名古屋大学
    題目又はセッション名:「満州事変後の新渡戸稲造のアメリカ講演 太平洋の橋として」
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:建築学部

    授業科目名:英語リーディングIA

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:建築学部

    授業科目名:英語リーディングIA

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:建築学部

    授業科目名:英語リーディングIA

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:建築学部

    授業科目名:英語リーディングIA

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:建築学部

    授業科目名:英語リーディングIB

    授業形式:代表者

全件表示 >>

教育内容・方法の工夫 【 表示 / 非表示

  • タイトル:Experiential Learning
    活動期間:2021年04月 ~ 継続中

作成した教科書、教材、参考書 【 表示 / 非表示

  • タイトル:『英語で知るアメリカ 8つのテーマで超大国の実情に迫る』第8章「日米の文化学術交流 太平洋の架け橋を志した新渡戸稲造」(英文)
    活動期間:2013年10月

教育方法・教育実践に関する発表、講演等 【 表示 / 非表示

  • タイトル:普連土学園中学校・高等学校教職員修養会講演「教壇の新渡戸稲造」
    活動期間:2015年08月

教育上の能力に関する大学等の評価 【 表示 / 非表示

  • タイトル:ワールド・ピース・ゲーム・ファシリテータ養成講座修了
    活動期間:2017年08月

  • タイトル:第4回大阪大学コースデザイン・ワークショップ修了
    活動期間:2015年09月

  • タイトル:東京大学総合教育センター開発MOOC講座「インタラクティブ・ティーチング」修了
    活動期間:2015年09月

実務の経験を有する者についての特記事項 【 表示 / 非表示

  • タイトル:TEDトークスピーカーのザック・エブラヒム氏招へい 
    活動期間:2016年01月

  • タイトル:キリスト友会日本年会新渡戸稲造記念講演会にて基調講演「新渡戸稲造稲造の祈り」
    活動期間:2015年11月

  • タイトル:キリスト友会日本年会・同東京月会主催講演会にて講演「新渡戸稲造のことば」
    活動期間:2015年08月

  • タイトル:普連土学園中学校・高等学校生徒・卒業生向け「ヤングフレンズの集い」にて講話「新渡戸稲造のこころ」
    活動期間:2013年08月

  • タイトル:教育雑誌『ないおん』への寄稿「国際人のこころ」
    活動期間:2013年03月

全件表示 >>