基本情報

写真b

司馬 麻未

SHIMA ASAMI

職名
契約助手
研究分野・キーワード
住居計画、シェア居住、家族、社会環境
研究概要
現在、単身世帯は全世帯に占める割合が2020年では35%を超えており、2040年には約40%に達すると予測されています。
また標準世帯とされてきた夫婦と子供からなる世帯も減少傾向にあり、核家族の変化がみられます。
このように世帯構造が変容している現代において、標準家族のためにつくられてきた社会システムやその規範とされてきた住宅のあり方を見直すことや、家族だけではない支え合うネットワークづくりが重要な課題であると考えています。
その課題に対し、シェア居住の住まい方が手がかりになるのではないかと考え、現在シェア居住に着目をして研究をしています。
他人同士による人間関係の形成の仕方や住まい方から、単身世帯や標準世帯だけではない世帯の住まいのあり方や、家族だけではない支え合う共同体の可能性を探っています。
メールアドレス
メールアドレス
SDGs 関連ゴール

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士(生活環境学)
    学位の分野名:住居計画
    学位授与機関名:武庫川女子大学
    取得方法:課程
    取得年月:2012年03月

  • 学位名:博士(生活環境学)
    学位の分野名:住居計画
    学位授与機関名:武庫川女子大学
    取得方法:課程
    取得年月:2021年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 建築学部
    経歴名:契約助手
    職務期間:2021年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先名:武庫川女子大学短期大学部生活造形学科
    経歴名:非常勤講師
    経歴期間:2021年09月 ~ 継続中

  • 所属(勤務)先名:京都ノートルダム女子大学現代人間学部生活環境学科
    経歴名:非常勤講師
    経歴期間:2022年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本建築学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本生活学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本家政学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:国際家政学会

    学会所在国:フランス共和国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):都市計画・建築計画

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:シェア居住における共用空間が社会環境形成に与える影響-居住者の私物のあふれ出しに着目して-
    掲載誌名:日本建築学会地域施設計画研究  38巻  (頁 263 ~ 270)
    掲載誌 発行年月:2020年07月
    著者氏名(共著者含):司馬麻未, 三好庸隆

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:シェア居住における共用空間が社会環境形成に与える影響-シェアハウスの居住実態調査-
    掲載誌名:日本建築学会計画系論文集  84巻  762号  (頁 1657 ~ 1667)
    掲載誌 発行年月:2019年08月
    著者氏名(共著者含):司馬麻未, 三好庸隆, 木多道宏

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:大学生を対象としたシェアハウスにおける住意識に関する研究
    掲載誌名:日本建築学会地域施設計画研究  36巻  (頁 141 ~ 146)
    掲載誌 発行年月:2018年07月
    著者氏名(共著者含):司馬麻未, 三好庸隆

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:近年におけるシェアハウスの動向と実態に関する研究
    掲載誌名:武庫川女子大学生活環境学研究誌  1号  (頁 16 ~ 21)
    掲載誌 発行年月:2013年09月
    著者氏名(共著者含):司馬麻未

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:学術奨励賞
    受賞年月:2021年03月24日
    受賞国:日本国
    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞
    授与機関:生活科学系コンソーシアム
    受賞者・受賞グループ名:司馬麻未

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:日本生活学会生活学プロジェクト
    研究期間:2019年08月
    研究題目:シェア居住の共用空間における私物のあふれ出しが居住者交流に与える影響 -シェアハウスの居住実態調査から-

    資金支給機関名:日本生活学会

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本生活学カフェ
    会議区分:国内会議
    開催期間:2020年10月
    開催場所:-
    題目又はセッション名:シェア居住の共用空間における私物のあふれ出しが居住者交流に与える影響-シェアハウスの居住実態調査から-
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本生活学会研究発表大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2020年06月
    開催場所:-
    題目又はセッション名:シェア居住の共用空間における私物のあふれ出しが居住者交流に与える影響-シェアハウスの居住実態調査から-
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本家政学会関西支部研究発表会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2018年11月
    開催場所:-
    題目又はセッション名:シェア居住にみる社会環境形成に関する研究-シェアハウスの共用空間でみる「おすそ分け行為」に着目して-
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本建築学会近畿支部研究発表会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2014年05月
    開催場所:大阪技術専門学校
    題目又はセッション名:「シェアハウス」に関する研究動向
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:都市住宅学会関西支部論文コンテスト
    会議区分:国内会議
    開催期間:2013年03月
    開催場所:-
    題目又はセッション名:近年におけるシェアハウスの動向と実態に関する研究
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

 

実務の経験を有する者についての特記事項 【 表示 / 非表示

  • タイトル:神戸松蔭女子学院大学人間科学部都市生活学科「住行動論」ゲストスピーカー
    活動期間:2021年01月

  • タイトル:神戸松蔭女子学院大学人間科学部都市生活学科「住行動論」ゲストスピーカー
    活動期間:2019年12月

  • タイトル:神戸松蔭女子学院大学人間科学部都市生活学科「住行動論」ゲストスピーカー
    活動期間:2019年02月

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 学会・委員会:日本家政学会
    役職・役割名:関西支部地区幹事
    活動期間:2022年04月 ~ 継続中