基本情報

写真b

ストリンガー T.

STRINGER THOMAS JAMES

職名
英語常勤講師
生年
1986年
研究分野・キーワード
TESOL, Self-Access Learning, Metacognition
研究概要
An important part of my teaching practice is doing my own research and applying what I’ve learned. My research interests are broadly in the field of TESOL. My thesis work looked at the factors that impact implementation of communicative approaches to language teaching among high school teachers in Japan, and since then I've also investigated novel methods of language teacher professional development, such as Edcamp. Recently, I’ve been particularly interested in evaluating educational methods and course designs that promote language learner autonomy and self-reflective learning. This has lead me to do research on how technology can be used to promote Self-Access Learning in remote learning environments, and separately into whether Mindfulness training can be integrated into a metacognitive pedagogical approaches in language classrooms.

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:The University of York
    学部(学系)名:Faculty of Philosophy
    学科・専攻等名:Philosophy

    学校の種類:大学
    卒業年月:2008年07月
    卒業区分:卒業
    所在国:グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:University College London- Institute of Education
    研究科名:TESOL
    専攻名:TESOL

    修了課程:修士課程
    修了年月:2016年11月
    修了区分:修了
    所在国:グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:MA(TESOL)
    学位の分野名:言語学
    学位授与機関名:University College London
    取得方法:課程
    取得年月:2016年11月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 言語教育研究センター
    経歴名:英語常勤講師
    職務期間:2021年09月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:JASAL

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):外国語教育

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Remote SALC practices in a pandemic: One university’s initial approach and subsequent revisions.
    掲載誌名:JASAL Journal  2巻  1号  (頁 71 ~ 81)
    掲載誌 発行年月:2021年07月
    著者氏名(共著者含):Yamamoto S, Mach T, Mertens C, Sholdt G, Stringer T

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:The Role of Metacognition in Mindfulness Interventions with Japanese EFL University Students.
    掲載誌名:Learning: Research and Practice
    掲載誌 発行年月:2020年12月
    著者氏名(共著者含):Stringer T, Looney K

    DOI:10.1080/23735082.2020.1818806
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Input Enhancement Techniques: A Critical Summary of the Literature
    掲載誌名:The Journal of the Institution for Language and Culture: Konan University  (頁 203 ~ 219)
    掲載誌 発行年月:2018年03月
    著者氏名(共著者含):Stringer T

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Factors Impacting on Teacher Cognition and Approaches to Language Teaching in Japanese High Schools
    掲載誌名:The Asian Conference on Language Learning Official Conference Proceedings  (頁 13 ~ 38)
    掲載誌 発行年月:2017年06月
    著者氏名(共著者含):Stringer T

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Operationalizing Educational Scaffolding in a Japanese High School English Classroom: A Theoretical Approach.
    掲載誌名:Osaka JALT Journal  (頁 96 ~ 107)
    掲載誌 発行年月:2017年06月
    著者氏名(共著者含):Stringer T

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:甲南大学言語教授法・カリキュラム開発研究会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2021年07月
    開催場所:(Virtual)
    題目又はセッション名:イマージェンシー・リモート・ティーチング」から学んだ教訓:ある言語教師のアプローチ
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:JASAL Conference
    会議区分:国際会議
    開催期間:2020年12月
    開催場所:(Virtual)
    題目又はセッション名:Adapting a Self-Access Learning Program for Emergency Remote Education
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:JASAL Conference
    会議区分:国際会議
    開催期間:2019年12月
    開催場所:Ibaraki
    題目又はセッション名:Enhancing EFL Student Motivation for Greater Self-Access Learning
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:JALT Conference
    会議区分:国際会議
    開催期間:2018年11月
    開催場所:Shizuoka
    題目又はセッション名:Mindful English Learning in Japan
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:IAFOR Asian Conference on Education
    会議区分:国際会議
    開催期間:2018年10月
    開催場所:Tokyo
    題目又はセッション名:Mindful Educational Interventions: Metacognition and Outcomes
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

 
 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:Osaka Prefectural High School Speech Contest
    活動期間:2020年02月

  • 活動名称:イギリスを理解するための重要な関係
    活動期間:2019年10月