基本情報

写真b

ストリンガー T.

STRINGER THOMAS JAMES

所属
言語教育研究センター 英語常勤講師
生年
1986年
研究分野・キーワード
Language learner autonomy, Language learner development, TESOL, Professional development for language teachers, Self-Access Language Learning
プロフィール
Thomas Stringer has been involved with English language teaching in Japan for over 14 years. He is a doctoral student in Teaching English to Speakers of Other Languages (TESOL) at the International Education Institute of the University of St Andrews, UK. He is a Fellow of the UK Higher Education Academy and is also a full-time Instructor of English as a Foreign Language at the Language Center of Kwansei Gakuin University in Hyogo, Japan. He was formerly an Instructor of English as a Foreign Language at the Institute for Language and Culture of Konan University in Hyogo, Japan. His research interests are broadly on learner and teacher development, with a particular focus on autonomy.
通称等の別名
Thomas Stringer
SDGs 関連ゴール
外部リンク

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:The University of York
    学部(学系)名:Faculty of Philosophy
    学科・専攻等名:Philosophy

    学校の種類:大学
    卒業年月:2008年07月
    卒業区分:卒業
    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 学校名:University College London- Institute of Education
    学部等名:TESOL
    学科等名:TESOL

    修了課程:修士課程
    修了年月:2016年11月
    修了区分:修了
    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:MA(TESOL)
    分野名:人文・社会 / 言語学
    授与機関名:University College London
    取得方法:課程
    取得年月:2016年11月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:関西学院大学
    部署名:言語教育研究センター
    職名:英語常勤講師
    年月:2021年09月 ~ 継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:JALT- Osaka Chapter
    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:JASAL
    学会所在国:日本国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 外国語教育

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:A protocol for a qualitative synthesis of practitioner research of language learner autonomy in Japan
    誌名:International Database of Education Systematic Reviews  (頁 1 ~ 8)
    出版年月:2023年11月
    著者:Thomas Stringer, Eoin Jordan

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)
    担当部分:Lead Author
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:4/3/2 or 2/3/4? The Impact of Task Design on Ratings of Oral Fluency with Japanese Undergraduate EFL Learners
    誌名:Annual Research Report of the Language Center  26巻  (頁 13 ~ 31)
    出版年月:2023年03月
    著者:Rian Davis, Michael Delve, Lydia Eberly, Craig Mertens, Thomas Stringer, Michael Wilkins

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:The Impact of Intercultural Interactions on Students’ Outcomes, Motivation, and Attitudes in an EFL Speaking Course
    誌名:Kwansei Gakuin University Humanities Review  27巻  (頁 139 ~ 159)
    出版年月:2022年11月
    著者:Craig Mertens, Thomas Stringer

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Remote SALC practices in a pandemic: One university’s initial approach and subsequent revisions.
    誌名:JASAL Journal  2巻  1号  (頁 71 ~ 81)
    出版年月:2021年07月
    著者:Shari Yamamoto, Thomas Mach, Craig Mertens, Greg Sholdt, Thomas Stringer

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:The Role of Metacognition in Mindfulness Interventions with Japanese EFL University Students.
    誌名:Learning: Research and Practice
    出版年月:2020年12月
    著者:Thomas Stringer, Kathy Looney

    DOI:10.1080/23735082.2020.1818806
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 賞名:St Leonard's College Postgraduate Travel Award
    受賞年月:2023年12月
    受賞国:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)
    受賞区分:その他
    授与機関:St Leonard's College
    受賞者(グループ):

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    会議名:The 4th Southeast Asian Conference on Education (SEACE 2024 )
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2024年02月
    発表年月日:2024年02月15日
    開催地:Chiang Mai University
    タイトル:Synthesisability: Empowering Teachers, Promoting Research
    会議種別:口頭発表(一般)

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    会議名:JALT International Conference: Growth Mindset in Language Education
    国際・国内会議:
    開催年月:2023年11月
    発表年月日:2023年11月26日
    開催地:Tsukuba International Congress Center
    タイトル:Learner Autonomy: A Castle on Conceptual Sand
    会議種別:口頭発表(一般)

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    会議名:20th Technology for Second Language Learning (TSLL) Conference: Advancing Technologies — Expanding Research
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2023年10月
    発表年月日:2023年10月20日
    タイトル:Empowering EFL Learners and Teachers: Harnessing AI for Writing Instruction
    会議種別:口頭発表(一般)

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    会議名:University of St Andrews, International Education Institute, Brown Bag Brunch Sessions
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2023年09月
    発表年月日:2023年09月26日
    開催地:Online
    タイトル:Building a Language Learner Autonomy Research Portal: Trials and Triumphs
    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    会議名:10th RILAE LAb Session: Technology In and For Learner Autonomy
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2023年07月
    発表年月日:2023年07月14日
    開催地:Kanda University of International Studies, Japan
    タイトル:GPTeaching: Generative AI and autonomous language learning
    会議種別:口頭発表(一般)

      外部サイトへのリンクを表示

全件表示 >>

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2023年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Culture and Society

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2023年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Culture and Society

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2023年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Language and Communication

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2023年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Skills-based English(Basic)

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2023年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Skills-based English(IELTS)

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 団体名:Professional Development in Education (Journal)
    委員名:Administrative Intern
    年月:2024年02月 ~ 継続中

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • タイトル:Guest Judge- Osaka Prefectural High School Speech Contest
    年月:2020年02月

  • タイトル:Guest Lecturer- イギリスを理解するための重要な関係
    年月:2019年10月

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • タイトル:Beyond The Abstracts: Language Policy in Self-Access Learning
    年月:2024年01月

    概要:In this Beyond The Abstracts conversation I speak with Katherine Thornton. Katherine is an Associate Professor at the Institute for General Education of Otemon Gakuin University, Osaka, Japan. In addition to teaching and working as a learning advisor, she is also Program Director of their Self-Access Learning Center, known as E-CO. Katherine is also the President of the Japan Association for Self-Access Learning (JASAL).

    We cover
    - Katherine’s education, background, and negotiation of professional, personal, and research identities.
    - Her advice for early career scholars in the fields of autonomy or self-access learning.
    - We also delve into her research on language policy and self-access: exploring what it is and why it is important, the relationship between language policy and local user needs, and multilingualism in self-access learning spaces in Japan.
    - Lastly, we cover Katherine’s ideas about the current state and future of the field of self-access learning.

    This conversation will be essential viewing for anyone with an interest in these areas.

      外部サイトへのリンクを表示

  • タイトル:Beyond The Abstracts: Developing a New Self-Access Learning Center
    年月:2023年12月

    概要:In this 'Beyond The Abstracts' conversation I speak with Isobel Hook. In addition to being an experienced language instructor, Isobel is currently the Coordinator of the Self-Access Learning Center, also known as the i-Space, which is part of the International Education Center at Kyoto Notre Dame University in Japan.

    In this conversation we explore the creation of the i-Space, how it was developed, learning materials, the impact of space and place, the role of collaboration and community, issues of gender, and current and future challenges with coordinating and evaluating a Self-Access Learning Center, including how to overcome resource limitations.

    This conversation should be of particular interest to educational practitioners, anyone with an interest in autonomy, and in particular to current or prospective SALC coordinators.

      外部サイトへのリンクを表示

  • タイトル:Research Talk Show Podcast
    年月:2023年05月

    概要:Thomas Stringer appeared as a co-host on the research talk show to discuss language learner autonomy

      外部サイトへのリンクを表示

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • タイトル:Peer reviewer for Innovation in Language Learning and Teaching (Scopus and SSCI indexed journal)
    種別:査読等
    年月:2023年06月 ~ 継続中

    概要:https://orcid.org/my-orcid?orcid=0000-0002-9647-4985

      外部サイトへのリンクを表示

  • タイトル:Creator- Language Learner Autonomy Research Portal (website)
    種別:学術調査
    年月:2023年05月 ~ 継続中

    概要:Hi! I’m Thomas Stringer, and this page has empowering resources for learners, teachers, and researchers on language learner autonomy.

      外部サイトへのリンクを表示

  • タイトル:Peer reviewer for Learning: Research and Practice (Scopus indexed journal)
    種別:査読等
    年月:2022年07月 ~ 継続中

    概要:https://orcid.org/my-orcid?orcid=0000-0002-9647-4985

      外部サイトへのリンクを表示

  • タイトル:Peer reviewer for ‘Annual Research Report’ (in house journal, KGU Language Center)
    種別:査読等
    年月:2021年11月 ~ 継続中