基本情報

写真b

久保 慶明

KUBO YOSHIAKI

職名
教授
研究分野・キーワード
地方自治、都市政治、自然資源管理、市民社会、政治学、ガバナンス、公共政策
研究概要
都市や地方の持続可能性を高めるため、セクター間や組織間の連携や協働を政治学の視点から研究しています。例えば、地域の方々や他分野の研究者(自然科学者や人文学者)と一緒に、地域が保有する水資源を持続的に管理/利用するプロジェクトを展開してきました。COVID-19のパンデミックが発生して以降は、人の移動と感染管理の両立させるため、感染症の脅威から生じる偏見や差別の抑制策に関する研究もしています。さらに、日本の安全保障を支える在日米軍基地を地域間格差の観点から捉え直し、持続可能な外交政策の条件を探る研究もしています。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(政治学)
    学位の分野名:政治学
    学位授与機関名:筑波大学
    取得方法:課程
    取得年月:2011年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 総合政策学部 都市政策学科
    経歴名:教授
    職務期間:2022年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先名:(独)日本学術振興会
    経歴名:特別研究員(DC2)
    経歴期間:2009年04月 ~ 2011年03月

  • 所属(勤務)先名:(独)日本学術振興会
    経歴名:特別研究員(PD)
    経歴期間:2011年04月 ~ 2011年06月

  • 所属(勤務)先名:筑波大学大学院
    所属部署名:人文社会科学研究科
    経歴名:助教
    経歴期間:2011年07月 ~ 2011年09月

  • 所属(勤務)先名:筑波大学
    所属部署名:人文社会系
    経歴名:助教
    経歴期間:2011年10月 ~ 2013年09月

  • 所属(勤務)先名:琉球大学
    所属部署名:法文学部
    経歴名:准教授
    経歴期間:2013年10月 ~ 2018年03月

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):政治学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:その他外国語
    論文題目名:経済的平等:不平等認知は再分配政策につながるのか
    掲載誌名:竹中佳彦・山本英弘・濱本真輔編『現代日本のエリートの平等観:社会的格差と政治権力』明石書店  (頁 65 ~ 84)
    掲載誌 発行年月:2021年11月
    著者氏名(共著者含):久保 慶明

    掲載種別:共著図書所収論文
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:セクター横断領域における政府・企業・市民セクター:団体調査データによる分析
    掲載誌名:辻中豊・山本英弘編『現代日本の比較都市ガバナンス・市民社会』  (頁 167 ~ 186)
    掲載誌 発行年月:2021年01月
    著者氏名(共著者含):久保慶明

    掲載種別:共著図書所収論文
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:地域間格差をめぐるエリートの平等観
    掲載誌名:選挙研究  36巻  2号  (頁 53 ~ 67)
    掲載誌 発行年月:2020年12月
    著者氏名(共著者含):久保 慶明

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:政策争点・直接民主制・政党政治:2019年沖縄県民投票における投票行動
    掲載誌名:年報政治学  71巻  1号  (頁 82 ~ 105)
    掲載誌 発行年月:2020年06月
    著者氏名(共著者含):久保慶明, 岡田勇, 柳至

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:組織間関係からみた日本のNPOと企業:団体への質問紙調査を用いた定量的把握
    掲載誌名:政策科学・国際関係論集  20号  (頁 67 ~ 108)
    掲載誌 発行年月:2020年03月
    著者氏名(共著者含):久保 慶明

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:現代日本のエリートの平等観 : 社会的格差と政治権力
    出版機関名:明石書店
    発行年月:2021年12月
    著者氏名(共著者含):竹中, 佳彦, 山本, 英弘, 濱本, 真輔

    著書種別:その他
    担当部分:65-84
    著書形態:共著

  • 記述言語:その他外国語
    著書名:Aftermath: Fukushima and the 3.11 Earthquake
    出版機関名:Kyoto University Press and Trans Pacific Press
    発行年月:2018年01月
    著者氏名(共著者含):Tsujinaka Yutaka, Inatsugu Hiroaki eds

    著書種別:その他
    担当部分:Chap.4, Chap.6(co-authored)
    著書形態:分担執筆

  • 記述言語:その他外国語
    著書名:『政治変動期の圧力団体』
    出版機関名:有斐閣
    発行年月:2016年12月
    著者氏名(共著者含):辻中 豊 編

    著書種別:その他
    担当部分:第1章(共著),第2章,第6章,終章(共著)
    著書形態:分担執筆

  • 記述言語:その他外国語
    著書名:『大震災に学ぶ社会科学 第1巻 政治過程と政策』
    出版機関名:東洋経済新報社
    発行年月:2016年05月
    著者氏名(共著者含):辻中 豊 編

    著書種別:その他
    担当部分:第4章(共著),第12章
    著書形態:分担執筆

  • 記述言語:その他外国語
    著書名:『平成23-24年度団体に関する調査結果報告書(速報値)』
    出版機関名:筑波大学国際比較日本研究センター
    発行年月:2013年03月
    著者氏名(共著者含):辻中 豊, 久保, 慶明 ほか

    著書種別:その他
    担当部分:調査の内容と方法(5-7頁),組織間の連携:直接的な協力関係(13頁),行政機関との関係(19-20頁),団体の政策活動:政策形成過程への働きかけ(26-27頁)
    著書形態:分担執筆

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(A)
    研究期間:2020年04月 ~ 2025年03月
    研究題目:機会と結果の政治的不平等に関する総合的実証研究:政治的不平等生成メカニズムの解明

  • 研究種目: 
    研究期間:2019年04月 ~ 2024年03月
    研究題目:官僚の社会化メカニズムの解明を通じた現代日本官僚制の研究

  • 研究種目: 
    研究期間:2019年04月 ~ 2023年03月
    研究題目:持続可能な自治体財政の条件:地方税制の存続メカニズム解明によるアプローチ

  • 研究種目: 
    研究期間:2011年
    研究題目:日本の地方独自課税をめぐる政治行政過程に関する実証研究

  • 研究種目:基盤研究(S)
    研究期間:2010年04月 ~ 2015年03月
    研究題目:政治構造変動と圧力団体、政策ネットワーク、市民社会の変容に関する比較実証研究

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:実践プログラム2:多様な資源の公正な利用と管理
    研究期間:2021年06月 ~ 2027年03月
    研究題目:陸と海をつなぐ水循環を軸としたマルチリソースの順応的ガバナンス:サンゴ礁島嶼系での展開

    資金支給機関名:総合地球環境学研究所

  • 資金名称:2020年度 国際交流助成(研究者の海外派遣)下期
    研究期間:2020年10月 ~ 2021年03月
    研究題目:持続可能な外交政策の条件:日米同盟を支える日本人の政治意識

    資金支給機関名:公益財団法人 野村財団

  • 資金名称:研究助成
    研究期間:2020年06月 ~ 2022年05月
    研究題目:外交政策の国内基盤:日米同盟を支える日本人の政治意識

    資金支給機関名:公益財団法人 村田学術振興財団

  • 資金名称:戦略的創造研究推進事業;社会技術研究開発センター;SOLVE for SDGs [SDGsの達成に向けた共創的研究開発プログラム] ;ソリューション創出フェーズ
    研究期間:2019年11月 ~ 2022年03月
    研究題目:亜熱帯島嶼の持続可能な水資源利用に向けた参画・合意に基づく流域ガバナンスの構築

    資金支給機関名:科学技術振興機構

  • 資金名称:教育研究奨励事業
    研究期間:2019年06月
    研究題目:インディアナ大学(IUB)で開催される国際ワークショップWOW6(the 6th Workshop on the Ostrom Workshop)への参加及び共同研究

    資金支給機関名:琉球大学後援財団

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:The Lecture Series "Japan and International Migration: Recent Developments, Emerging Dynamics," Japan-Center at LMU Munich
    会議区分:国内会議
    開催期間:2021年11月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:COVID-19 Health Certification Reduces Outgroup Bias: Evidence from a Conjoint Experiment in Japan
    発表形態:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:Gender, Ethnicity, and Immigration in Japan, Academic Manuscript Workshop, 21st Century Japan Politics and Society Initiative (21JPSI), Indiana University Bloomington
    会議区分:国内会議
    開催期間:2021年09月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:Scientific Border Controls Reduce Xenophobia under the COVID-19 Pandemic: Evidence from a Conjoint Experiment in Japan
    発表形態:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:World Politics Research Seminar, Department of Political Science, Indiana University Bloomington
    会議区分:国内会議
    開催期間:2021年09月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:Indirect Effects of Representatives on Direct Democracy: Examining Causal Effect of the Ballot Design in a Referendum on Base Politics
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:The 26th World Congress of Political Science, International Political Science Association
    会議区分:国際会議
    開催期間:2021年07月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:How Ballots Design Affects Voters’ Preference Formation?: A Survey Experiment at Local Referendum in Japan
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本比較政治学会2021年度研究大会@オンライン
    会議区分:国内会議
    開催期間:2021年06月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:緊急事態宣言の受容:手続き的公正の影響に着目したシナリオ実験
    発表形態:口頭(招待・特別)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:総合政策学部

    授業科目名:基礎演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:総合政策学部

    授業科目名:研究演習I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:総合政策学部

    授業科目名:都市政治学

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:総合政策研究科前期

    授業科目名:都市政策研究A

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:総合政策学部

    授業科目名:都市政策論

    授業形式:代表者