基本情報

写真b

橋場 典子

HASHIBA NORIKO

職名
准教授
研究分野・キーワード
法社会学、司法アクセス
研究概要
法社会学、司法アクセス、社会的排除
SDGs 関連ゴール

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:北海道大学
    研究科名:法学研究科

    修了課程:博士課程
    修了年月:2014年03月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(法学)
    学位の分野名:基礎法学
    学位授与機関名:北海道大学
    取得方法:課程
    取得年月:2014年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 法学部
    経歴名:准教授
    職務期間:2022年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本犯罪社会学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本法社会学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):基礎法学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:災害・感染症と司法アクセスのあり方
    掲載誌名:現代消費者法  49巻
    掲載誌 発行年月:2020年12月
    著者氏名(共著者含):橋場典子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:改革がすすまない4つの課題と人権に対する市民意識(2)研究と教育のアプローチの可能性について
    掲載誌名:法と心理  20巻  1号  (頁 103 ~ 110)
    掲載誌 発行年月:2020年12月
    著者氏名(共著者含):斧原 藍, 大谷 彬矩, 山田 早紀, 山崎 優子, 金 成恩, 橋場 典子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:当事者属性と法律相談行動
    掲載誌名:法と実務  16巻  (頁 44 ~ 56)
    掲載誌 発行年月:2020年
    著者氏名(共著者含):橋場 典子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:ソーシャルワーク機能の再検討及び当事者支援のあり方 : DV事案における当事者支援を参考に
    掲載誌名:司法福祉学研究  20号  (頁 154 ~ 158)
    掲載誌 発行年月:2020年
    著者氏名(共著者含):松村 歌子, 宮園 久栄, 李 妍淑, 橋場 典子, 井上 匡子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:法テラス法律事務所における刑事弁護の現状と課題
    掲載誌名:刑事弁護  103号  (頁 170 ~ 173)
    掲載誌 発行年月:2020年
    著者氏名(共著者含):橋場 典子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:『社会的排除と法システム』
    出版機関名:北海道大学出版会
    発行年月:2021年
    著者氏名(共著者含):橋場典子

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

  • 記述言語:日本語
    著書名:「「シンボリック・ネットワーク」は社会的排除・自己疎外に応答可能か」
    出版機関名:長谷川晃先生退職記念論集『公正な法をめぐる問い』菅原寧格・郭舜編、信山社
    発行年月:2021年
    著者氏名(共著者含):橋場典子

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:その他外国語
    著書名:「若年層の司法アクセス」
    出版機関名:菅原郁夫・山本和彦・垣内秀介・石田京子編『民事訴訟の実像と課題』、有斐閣
    発行年月:2021年
    著者氏名(共著者含):橋場典子

    著書種別:その他
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:近代法の形成と実践 ―19世紀日本における在野法曹の世界―
    出版機関名:成文堂(早稲田大学比較法研究所叢書)
    発行年月:2019年03月
    著者氏名(共著者含):Flaherty Darryl E著, 浅古弘他訳

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:太田勝造・佐藤岩夫責任編集『法と社会研究(創刊第1号)』
    出版機関名:信山社
    発行年月:2015年12月
    著者氏名(共著者含):橋場 典子

    著書種別:その他
    担当部分:Access to Justice研究の経緯と発展
    著書形態:分担執筆

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:学会奨励賞(著書部門)
    受賞年月:2022年05月
    受賞国:その他
    受賞区分:その他の賞
    授与機関:日本法社会学会
    受賞者・受賞グループ名:社会的排除と法システム, 北海道大学出版会

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目: 
    研究期間:2020年04月
    研究題目:民事訴訟利用者調査の経年実施からみる利用者の評価と政策的課題

  • 研究種目: 
    研究期間:2020年04月
    研究題目:社会的排除と法システム

  • 研究種目: 
    研究期間:2018年04月 ~ 2022年03月
    研究題目:法存在と法活用のギャップ克服に向けた実証的研究

  • 研究種目: 
    研究期間:2018年04月 ~ 2021年03月
    研究題目:刑事弁護における弁護士活動の多様化と高度化に関する総合的分析

  • 研究種目: 
    研究期間:2018年04月 ~ 2021年03月
    研究題目:現代の教師の「実態」に即応した法教育教師教育プログラム開発

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称: 
    研究期間:2020年04月
    研究題目:民事訴訟利用者調査の経年実施からみる利用者の評価と政策的課題

    資金支給機関名:日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(B)

  • 資金名称: 
    研究期間:2020年04月
    研究題目:社会的排除と法システム

    資金支給機関名:日本学術振興会 科学研究費助成事業 研究成果公開促進費

  • 資金名称:科学研究費補助金(若手研究)
    研究期間:2018年04月 ~ 2022年03月
    研究題目:法存在と法活用のギャップ克服に向けた実証的研究

    資金支給機関名:日本学術振興会

  • 資金名称:科学研究費補助金 (基盤研究(B))
    研究期間:2018年04月 ~ 2021年03月
    研究題目:刑事弁護における弁護士活動の多様化と高度化に関する総合的分析

    資金支給機関名:日本学術振興会

  • 資金名称:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間:2018年04月 ~ 2021年03月
    研究題目:現代の教師の「実態」に即応した法教育教師教育プログラム開発

    資金支給機関名:日本学術振興会

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本法社会学会関東支部研究会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2020年05月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:心理的側面における司法アクセス阻害要因とその克服のための探索的考察
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:その他外国語
    会議名称:成蹊大学法学部政治学研究会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2020年01月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:社会的排除と法システム
    発表形態:その他

  • 発表(記述)言語:その他外国語
    会議名称:日本法社会学会 個別報告
    会議区分:国内会議
    開催期間:2020年
    開催場所: 
    題目又はセッション名:当事者属性と司法アクセス阻 害要因の相関分析
    発表形態:その他

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:Asian Law and Society Association
    会議区分:国際会議
    開催期間:2019年12月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:Gender Gaps in Access to Justice in Japan
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:ワークショップ5(WS5)「改革が進まない4つの課題と人権に対する市民意識」【指定討論】
    会議区分:国内会議
    開催期間:2019年10月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:法と心理学会 WS指定討論
    発表形態:その他

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:法学研究科前期

    授業科目名:リサーチ演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:法学研究科前期

    授業科目名:リサーチ演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:基本演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:基本演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:専門導入演習

    授業形式:代表者

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 授業科目名:LGBTをめぐる法と社会
    機関名:早稲田大学

  • 授業科目名:フレッシャーズセミナー
    機関名:成蹊大学

  • 授業科目名:公共の新しいかたちを求めて―ジェンダーと法―
    機関名:神奈川大学

  • 授業科目名:日本国憲法
    機関名:成蹊大学

  • 授業科目名:法と社会の諸相
    機関名:北海道大学

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 学会・委員会:日本犯罪社会学会
    役職・役割名:研究委員
    活動期間:2016年04月 ~ 継続中

  • 学会・委員会:日本法社会学会
    役職・役割名:若手幹事
    活動期間:2012年05月 ~ 2014年05月