基本情報

写真b

松本 和洋

MATSUMOTO KAZUHIRO

職名
助教
研究分野・キーワード
西洋法史、イングランド法学
研究概要
 「法の継受」を大きなテーマとして、イングランド法史を専門とし、主に13世紀に執筆された『ブラクトン』という文献を研究対象としています。『ブラクトン』は、執筆当時のイングランドにおける「法」を、同地での訴訟手続の解説を軸にしつつ、同時代のローマ法や教会法の専門用語や思考方法も併用して体系的に論じようとした文献です。
 同書は16世紀、つまり執筆から300年以上も後の時代の法曹たちにも、さらに後世の法曹たちや大学の研究者たちにも影響を与えてきました。『ブラクトン』はイングランド法文献とされていますが、一方でイングランド外の法=ローマ法や教会法も利用されており、さらに後代の読者はこれらも含めた「古のイングランド法」として『ブラクトン』を学んできました。
 私はこのような『ブラクトン』の利用を通じて、同書の執筆者たちや後世の読者たちがどのように「法とは何か」「法学とは何か」などの疑問に取り組んでいったか、といったことを研究しています。なお、「法の継受」と関連して、2017年より明治初頭の日本における西洋法文献の「翻訳」にも関心を寄せているところです。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:関西学院大学
    学部(学系)名:法学部

    学校の種類:大学
    卒業年月:2010年03月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:関西学院大学
    研究科名:法学研究科

    修了課程:修士課程
    修了年月:2012年03月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

  • 大学院名:大阪大学
    研究科名:法学研究科

    修了課程:博士課程
    修了年月:2015年03月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 留学先:グレート・ブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)
    経歴名:滞在研究員(Visiting Researcher)
    留学期間:2019年10月 ~ 2020年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:法学
    学位の分野名:基礎法学
    学位授与機関名:関西学院大学
    取得方法:課程
    取得年月:2012年03月

  • 学位名:法学
    学位の分野名:基礎法学
    学位授与機関名:大阪大学
    取得方法:課程
    取得年月:2015年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 法学部
    経歴名:助教
    職務期間:2022年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先名:大阪大学
    経歴名:日本学術振興会特別研究員
    経歴期間:2014年04月 ~ 2016年03月

  • 所属(勤務)先名:京都大学
    経歴名:日本学術振興会特別研究員
    経歴期間:2017年04月 ~ 2020年03月

  • 所属(勤務)先名:広島修道大学
    経歴名:助教
    経歴期間:2020年04月 ~ 2022年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:法制史学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本法哲学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:セルデン協会(Selden Society)

    学会所在国:グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

  • 所属学会:アメリカ法制史協会(American Society of Legal History)

    学会所在国:アメリカ合衆国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):基礎法学

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:コモン・ローとローマ・カノン法の接触についての検討:法書『ブラクトン』を題材として
    学位授与年月:2015年03月
    著者氏名(共著者含):松本和洋

    共著区分:単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:日本における法格言継受への一考察:明治期日本語法格言集の展開とイングランド法学史との比較
    掲載誌名:修道法学
    掲載誌 発行年月:2022年02月
    著者氏名(共著者含):松本和洋

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:イングランド初期印刷史における法文献印刷:『ブラクトン』印刷本出版とその影響の検討の前提として
    掲載誌名:阪大法学
    掲載誌 発行年月:2017年03月
    著者氏名(共著者含):松本和洋

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:ウィリアム・オブ・ドロエダと『黄金汎論』:法格言scienti et volenti non fit iniuriaの原点を訊ねて(2・完)
    掲載誌名:阪大法学  64巻  6号
    掲載誌 発行年月:2015年03月
    著者氏名(共著者含):松本和洋

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:ウィリアム・オブ・ドロエダと『黄金汎論』:法格言scienti et volenti non fit iniuriaの原点を訊ねて(1)
    掲載誌名:阪大法学  64巻  5号
    掲載誌 発行年月:2015年01月
    著者氏名(共著者含):松本和洋

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:『ブラクトン』の学識法利用に関する検討:タンクレードおよびドロゲーダとの比較検討を通じて(3・完)
    掲載誌名:阪大法学  64巻  1号
    掲載誌 発行年月:2014年05月
    著者氏名(共著者含):松本和洋

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

全件表示 >>

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:日本の法学部教育に関する傾向分析 : 平成二四年度国内四年制大学における法学系教育部門のカリキュラムを元に
    出版機関名:大阪大学法学会
    掲載誌名:阪大法学  66巻  1号  (頁 223 ~ 281)
    掲載誌 発行年月:2016年05月
    著者氏名(共著者含):林 智良, 松本 和洋, Hayashi Tomoyoshi, Matsumoto Kazuhiro, ハヤシ トモヨシ, マツモト カズヒロ

    DOI:10.18910/79159
    掲載種別:総説・解説(大学・研究所紀要)
    共著区分:共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:若手研究
    研究期間:2019年04月 ~ 2022年03月
    研究題目:近代コモン・ロー法学における中世法文献の影響:『ブラクトン』を対象として

  • 研究種目:特別研究員奨励費
    研究期間:2017年04月 ~ 2020年03月
    研究題目:コモン・ロー法格言集におけるローマ法格言の利用と影響について

  • 研究種目:特別研究員奨励費
    研究期間:2014年04月 ~ 2016年03月
    研究題目:法格言「知りそして望む者に不法は生じない」の成立と影響について

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本ローマ法研究会第5回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2022年03月
    開催場所:京都大学
    題目又はセッション名:非婚姻関係の権利救済:『ブラクトン』におけるローマ法とイングランド法の交錯をめぐって
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本ローマ法研究会第4回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2021年03月
    開催場所:京都大学
    題目又はセッション名:『ブラクトン』における”donatio”研究序説:ローマ法とイングランド法の交錯
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本ローマ法研究会第2回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2019年03月
    開催場所:京都大学
    題目又はセッション名:『ブラクトン』研究の再検討:メイトランドBracton and Azo前史
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本ローマ法研究会第1回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2018年03月
    開催場所:京都大学
    題目又はセッション名:中世イングランドにおける法格言利用の検討
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:法制史学会近畿部会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2017年09月
    開催場所:キャンパスプラザ京都
    題目又はセッション名:ジョン・セルデンと『フリータ』:イングランドへのローマ法伝来研究の先駆け
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:スタディスキル演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:スタディスキル演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:基本演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:基本演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:専門導入演習

    授業形式:代表者

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 授業科目名:法制史A・B
    機関名:姫路獨協大学

  • 授業科目名:法哲学
    機関名:広島修道大学

  • 授業科目名:西洋法制史
    機関名:広島修道大学

  • 授業科目名:西洋法制史
    機関名:神戸学院大学

教育内容・方法の工夫 【 表示 / 非表示

  • タイトル:講義科目「西洋法制史」「特別講義A(イングランド法学史)(広島修道大学)
    活動期間:2020年04月 ~ 2022年03月

  • タイトル:講義科目「西洋法制史」(神戸学院大学)
    活動期間:2017年04月 ~ 2018年03月

  • タイトル:講義科目「法制史A」「法制史B」「法学」(姫路獨協大学)
    活動期間:2016年04月 ~ 2019年03月

作成した教科書、教材、参考書 【 表示 / 非表示

  • タイトル:講義科目「西洋法制史」「特別講義A(イングランド法学史)」のレジュメ教材
    活動期間:2020年04月 ~ 2022年03月

  • タイトル:講義科目「西洋法制史」のレジュメ教材(神戸学院大学)
    活動期間:2017年04月 ~ 2018年03月

  • タイトル:講義科目「法制史A」「法制史B」「法学」のレジュメ教材(姫路獨協大学)
    活動期間:2016年04月 ~ 2019年03月

教育方法・教育実践に関する発表、講演等 【 表示 / 非表示

  • タイトル:所属学部内FDでの報告(広島修道大学)
    活動期間:2021年04月 ~ 2021年07月

教育上の能力に関する大学等の評価 【 表示 / 非表示

  • タイトル:講義科目「西洋法制史」「特別講義A(イングランド法学史)」に関する授業評価(広島修道大学)
    活動期間:2020年04月 ~ 2022年03月

  • タイトル:「西洋法制史」に関する授業評価(神戸学院大学)
    活動期間:2017年04月 ~ 2018年03月

  • タイトル:「法制史A・B」および「法学」に関する授業評価(姫路獨協大学)
    活動期間:2016年04月 ~ 2019年03月

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:人権教育科目・運営委員
    活動期間:2022年04月 ~ 2023年03月

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 学会・委員会:法制史学会
    役職・役割名:近畿部会幹事
    活動期間:2016年01月 ~ 2018年01月