基本情報

写真b

ウィルキンス M.

WILKINS MICHAEL

所属
言語教育研究センター
研究分野・キーワード
Speaking Fluency EFL Writing Vocabulary Study, Speaking Fluency EFL Writing Vocabulary Study
研究概要
Improving students' speaking fluency especially following a progression based on the CEFR guidelines.
Improving students' second language writing utilizing new technologies as well as traditional methods.
Improving students' English vocabulary based on frequency lists and using active study methods.
SDGs 関連ゴール

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:University of Victoria
    学部(学系)名:人文学部

    学校の種類:大学
    卒業年月:1992年03月
    卒業区分:卒業
    国名:カナダ

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 学校名:Temple University Japan
    学部等名:言語教育研究科

    修了課程:修士課程
    修了年月:2008年01月
    修了区分:修了
    国名:日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士(教育)
    分野名:人文・社会 / 外国語教育
    授与機関名:その他
    取得方法:課程
    取得年月:2008年01月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:関西学院大学
    部署名:言語教育研究センター
    職名:英語常勤講師
    年月:2016年04月 ~ 2020年03月

  • 所属:関西学院大学
    部署名:言語教育研究センター
    年月:2022年04月 ~ 継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:JALT

    学会所在国:日本国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 外国語教育

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Using Appreciative Inquiry for EFL Speech Self-evaluation.
    誌名:Using Appreciative Inquiry for EFL Speech Self-evaluation.  23巻  1号  (頁 3 ~ 18)
    出版年月:2020年03月
    著者:Howard, L. & Wilkins, M.

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    タイトル:Learner Autonomy Dimensions: What Motivated and Unmotivated Learners Think
    誌名:Lingua Posnaniensis  60巻  1号  (頁 33 ~ 47)
    出版年月:2019年04月
    著者:Aliponga, J., Ando S., Gamble, C., Koshiyama, Y., Yoshida, K., & Wilkins, M.

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:Towards the Development of a Critical Learning Support System for Primary School Teachers of English.
    研究期間:2019年04月 ~ 2023年03月
    タイトル:Teacher Training

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    会議名:Thai TESOL International Conference
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2020年01月
    開催地:Bangkok, Thailand.
    タイトル:Language Learning Strategies from Polyglot Language Learners
    会議種別:ポスター発表

  • Presentation 1:
    Coping with a Mandate to Teach English in Japanese Primary Schools: Current Training Requirements of In-service Teachers
    Presentation 2:
    Extensive Speaking:Promoting Speaking Fluency in the EFL Classroom

  • Asia TEFL International Conference 2022 Malang Indonesia
    Presentation 1:
    Coping with a Mandate to Teach English in Japanese Primary Schools: Current Training Requirements of In-service Teachers
    Presentation 2:
    Extensive Speaking:Promoting Speaking Fluency in the EFL Classroom

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Academic Writing and Presentation

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Language and Communication

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Skills-based English(TOEIC)L2

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Skills-based English(TOEIC)L2

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:インテンシブ・イングリッシュ

    授業形式:代表者

全件表示 >>