基本情報

写真b

古村 聖

KOMURA MIZUKI

所属
経済学部
研究分野・キーワード
家族の経済学, 労働経済学, 公共経済学
研究概要
私は家族の問題について、経済学のアプローチを利用して分析を行っています。

伝統的な経済学では、家計をあたかも一人の個人であるかのように想定して分析がなされてきました。しかし、現実には家族には夫婦、親子と家族を構成する人々は複数存在しており、それぞれに考えを持って生活しています。私は家族による複雑な意思決定のもと、これまで議論されてきた社会経済の帰結や政策の効果がどのように変化するのかを研究してきました。たとえば、夫婦で財布の紐をだれが握るのか、兄弟で高齢の親の介護を誰が行うか、またそのために誰がどれだけ働くか、という各世帯の選択は、その家族だけでなく社会全体にも労働市場をはじめさまざまな経路を通じて影響を与え、また公共政策の効果も変えてしまうとも考えられます。

さらに最近では家計内の意思決定プロセスだけではなく、家族がどのように形成されるのかという問題にも関心を持っています。現代では戦後の象徴とされた父と母、子どもという核家族という概念すら薄れ、単身世帯が増えるなど家族という組織の多様性も広がってきました。一方で、片親世帯の貧困や家庭内の様々な問題にあえぐ人たちは、既存の家族の在り方にとらわれ、制度に取り残されたことで自らの幸せを追求することが困難になっている側面もあります。法学や社会学、心理学など他分野の知見を取り入れながら家族の経済学研究を通してこのような問題にも取り組んでいきたいと思っています。

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(経済学)
    分野名:人文・社会 / 公共経済、労働経済
    授与機関名:名古屋大学
    取得方法:課程
    取得年月:2014年03月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:関西学院大学
    部署名:経済学部
    職名:准教授
    年月:2022年09月 ~ 継続中

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:その他 / その他
    キーワード:公共経済、労働経済

  • 研究分野:人文・社会 / 公共経済、労働経済

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:COVID-19, marriage, and divorce in Japan
    誌名:REVIEW OF ECONOMICS OF THE HOUSEHOLD  20巻  3号  (頁 831 ~ 853)
    出版年月:2022年09月
    著者:Mizuki Komura, Hikaru Ogawa

    DOI:10.1007/s11150-022-09609-7
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Consequences of war: Japan's demographic transition and the marriage market
    誌名:JOURNAL OF POPULATION ECONOMICS  35巻  3号  (頁 1037 ~ 1069)
    出版年月:2022年07月
    著者:Kota Ogasawara, Mizuki Komura

    DOI:10.1007/s00148-021-00826-5
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Optimal income taxation when couples have endogenous bargaining power
    誌名:ECONOMIC MODELLING  83巻  (頁 384 ~ 393)
    出版年月:2019年12月
    著者:Mizuki Komura, Hikaru Ogawa, Yoshitomo Ogawa

    DOI:10.1016/j.econmod.2019.09.021
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Capital market integration and gender inequality
    誌名:REVIEW OF DEVELOPMENT ECONOMICS  23巻  3号  (頁 1387 ~ 1413)
    出版年月:2019年08月
    著者:Mizuki Komura, Hikaru Ogawa

    DOI:10.1111/rode.12593
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Pay-As-You-Go Pension, Bargaining Power, and Fertility
    誌名:FINANZARCHIV  74巻  2号  (頁 235 ~ 259)
    出版年月:2018年06月
    著者:Mizuki Komura, Hikaru Ogawa

    DOI:10.1628/fa-2018-0003
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2018年04月 ~ 2023年03月
    タイトル:家族の経済学に基づく規範の維持可能性に関する研究

      外部サイトへのリンクを表示

  • 研究種目:若手研究(B)
    研究期間:2015年04月 ~ 2019年03月
    タイトル:家計内交渉モデルに基づく公的年金制度の世帯内所得再分配効果に関する経済理論研究

      外部サイトへのリンクを表示

  • 研究種目:
    研究期間:2015年01月 ~ 2016年03月
    タイトル:世代間および家計内の所得格差と再分配政策に関する経済分析

    提供機関:科学技術振興機構

      外部サイトへのリンクを表示

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:経済学部

    授業科目名:プレ演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:経済学部

    授業科目名:ミクロ経済学A

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:経済学部

    授業科目名:労働経済学A

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:経済学研究科前期

    授業科目名:経済学文献研究(英)B

    授業形式:代表者