基本情報

写真b

藤田 将史

FUJITA Masafumi

所属
法学部 助教
研究分野・キーワード
国際政治経済 / 国際制度 / 開放的国際経済体制
教育研究内容
国境を越えた政治と経済の相互作用を扱う国際政治経済学と、国際制度(国際的なルール、国際組織など)を扱う国際制度論が私の専門です。現在特に関心があるのは、貿易と国際投資が自由化された「開放的国際経済体制」の安定性です。開放的な国際経済体制は一方では私たちの生活を支えていますが、他方では様々な理由で人々の不満をかき立て、いわゆる「反グローバリズム」を生み出してもいます。そのため、(1)貿易・国際投資が人々にどのような影響を与え、各国国内で開放的国際経済体制への賛否がどのように生じるのか、(2)特に反対が強くなった時に、国際制度は開放的国際経済体制の不安定化を防げるのか、といった関心に基づいて研究を行っています。(1)については、自由な貿易や国際投資に対する先進国の国内主体(一般市民、利益団体、立法府、行政府など)の賛否を事例分析や統計分析で明らかにすることに取り組んでいます。(2)については、経済グローバル化への不満が特に高まりやすい国際金融危機について、国際制度であるIMF(International Monetary Fund)の存在がどのように開放的経済体制の安定に寄与しているか(していないか)を研究しています。
SDGs 関連ゴール
外部リンク

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:東京大学
    学部(学系)名:教養学部
    学科・専攻等名:総合社会科学科

    学校の種類:大学
    卒業年月:2011年03月
    卒業区分:卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 学校名:東京大学
    学部等名:大学院総合文化研究科
    学科等名:国際社会科学専攻 国際関係論コース

    修了課程:博士課程
    修了年月:2020年03月
    修了区分:修了

  • 学校名:東京大学
    学部等名:大学院総合文化研究科
    学科等名:国際社会科学専攻 国際関係論コース

    修了課程:修士課程
    修了年月:2013年03月
    修了区分:修了

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(学術)
    分野名:人文・社会 / 国際関係論
    授与機関名:東京大学
    取得方法:課程
    取得年月:2020年03月

  • 学位名:修士(学術)
    分野名:人文・社会 / 国際関係論
    授与機関名:東京大学
    取得方法:課程
    取得年月:2013年03月

  • 学位名:学士(教養)
    分野名:人文・社会 / 国際関係論
    授与機関名:東京大学
    取得方法:課程
    取得年月:2011年03月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:関西学院大学
    部署名:法学部
    職名:助教
    年月:2023年04月 ~ 継続中

  • 所属:東京大学
    部署名:大学院総合文化研究科 国際社会科学専攻
    職名:助教
    年月:2022年04月 ~ 2023年03月

  • 所属:東京大学
    部署名:大学院総合文化研究科附属 グローバル地域研究機構 アメリカ太平洋地域研究センター
    職名:大学等非常勤研究員
    年月:2020年04月 ~ 2022年03月

  • 所属:東京外国語大学
    部署名:国際社会学部
    職名:講師
    年月:2021年10月 ~ 2024年04月

  • 所属:学習院大学
    部署名:法学部
    職名:講師
    年月:2022年04月 ~ 2023年03月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:アメリカ学会
    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本国際政治学会
    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本政治学会
    学会所在国:日本国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 国際関係論
    キーワード:国際政治経済 / 国際制度 / 開放的国際経済体制 / 貿易 / 金融 / IMF / アメリカ

論文 【 表示 / 非表示

  • タイトル:Why Delegate to the IMF? Congressional Preference and Blame Avoidance
    誌名:International Relations of the Asia-Pacific  23巻  3号  (頁 479 ~ 509 )
    出版年月:2023年09月
    著者:Masafumi Fujita

    DOI:https://doi.org/10.1093/irap/lcad006
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)

      外部サイトへのリンクを表示

  • タイトル:Our Rule is Only Temporary: Promises of the Military after a Coup and their Influence on Domestic and International Reactions
    誌名:International Politics  60号  (頁 1187 ~ 1208 )
    出版年月:2023年08月
    著者:Taku Yukawa, Masafumi Fujita, Kaoru Hidaka, Kaori Kushima

    DOI:https://doi.org/10.1057/s41311-023-00496-y
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)

      外部サイトへのリンクを表示

  • タイトル:Coup d’état and a democratic signal: The connection between protests and coups after the Cold War
    誌名:Journal of Peace Research  59巻  6号  (頁 828 ~ 843)
    出版年月:2022年11月
    著者:Taku Yukawa, Kaoru Hidaka, Kaori Kushima, Masafumi Fujita

    DOI:10.1177/00223433211053187
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)

      外部サイトへのリンクを表示

  • タイトル:Money Isn’t Everything: The Impact of Ideology on Congressional Trade Policy-Making
    誌名:Pacific and American Studies  22号  (頁 69 ~ 91)
    出版年月:2022年03月
    著者:Masafumi Fujita, Terumasa Tomita

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • タイトル:米国のIMF利用における国内的意図―多国間組織への委任の批判回避機能―
    誌名:国際政治  204号  (頁 49 ~ 65)
    出版年月:2021年03月
    著者:藤田将史

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 賞名:日本国際政治学会第14回奨励賞
    受賞年月:2021年10月
    受賞国:日本国
    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞
    授与機関:日本国際政治学会
    受賞者(グループ):藤田将史

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:若手研究
    研究期間:2022年04月 ~ 2026年03月
    タイトル:IMFの先進諸国に対する自律性――企業と国際組織の直接協力による国家のガバナンス
    提供機関:日本学術振興会
    制度名:科学研究費助成事業 若手研究

      外部サイトへのリンクを表示

  • 研究種目:研究活動スタート支援
    研究期間:2020年09月 ~ 2022年03月
    タイトル:米国市民の国際貿易協定に対する反発―一般的信頼による貿易選好の形成―
    提供機関:日本学術振興会
    制度名:科学研究費助成事業 研究活動スタート支援

      外部サイトへのリンクを表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 会議名:日本国際政治学会2023年度研究大会
    発表年月日:2023年11月11日
    タイトル:Vienna Initiativeにおける民間金融機関-IMF間協力――民間主体と国際組織の協力による国家のガバナンス

  • 会議名:Japan Association of International Relations Annual Convention 2020
    発表年月日:2020年10月25日
    タイトル:A Matter of Trust: Why Do U.S. Citizens Oppose International Trade Agreements?

  • 会議名:第67回駒場国際政治ワークショップ
    発表年月日:2020年07月22日
    タイトル:⽶国市⺠の国際貿易協定に対する反発―⼀般的信頼による貿易選好の形成―

  • 会議名:国際関係論研究会 第199回定例研究会
    発表年月日:2018年11月17日
    タイトル:批判回避を目的とした米国のIMF利用―メキシコ危機からアジア危機までの過程追跡・計量分析―

  • 会議名:日本国際政治学会2016年度研究大会
    発表年月日:2016年10月14日
    タイトル:議員の投票行動を規定するのは物質的利益か?非物質的利益か?―外交・安全保障イデオロギーと経済イデオロギーの通商選好形成への影響―

全件表示 >>

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2023年度(西暦)

    提供部署名:法学研究科前期

    授業科目名:国際政治分析

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2023年度(西暦)

    提供部署名:法学研究科前期

    授業科目名:国際政治理論

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2023年度(西暦)

    提供部署名:法学研究科後期

    授業科目名:国際政治論特殊研究

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2023年度(西暦)

    提供部署名:法学研究科後期

    授業科目名:国際政治論特殊研究

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2023年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:国際政治論A

    授業形式:代表者

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学内・学外) 【 表示 / 非表示

  • 科目:国際政治経済I / 国際政治経済II
    機関名:学習院大学

  • 科目:政治学入門3(国際政治経済学)
    機関名:東京外国語大学

  • 科目:地域圏研究(アメリカ)
    機関名:聖学院大学

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 委員名:国際関係論研究会『国際関係論研究』編集委員
    年月:2022年04月 ~ 2023年03月

  • 委員名:東京大学アメリカ太平洋地域研究センター紀要『アメリカ太平洋研究』編集委員
    年月:2020年04月 ~ 2022年03月