基本情報

写真b

嶋崎 恒雄

SHIMAZAKI Tsuneo


職名

教授

研究分野・キーワード

実験心理学

プロフィール

人間の学習・思考過程に関しての実験心理学的研究。人間が外界の種々の情報を取捨選択し、統合してゆく過程は帰納推論と呼ばれ、学習の重要な側面の一つである。このような情報処理は従来より記号操作の過程として記述・説明のなされる事が多いが、実際の人間の行なう推論は環境の様々な制約条件のもとで動的に変化する。このような点に関して、実証的なデータに基づいた研究を行なっている。

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 文学部 総合心理科学科
    経歴名:教授
    職務期間:1992年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本心理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:関西心理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本行動科学学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本行動分析学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):実験心理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Strategy changes in human contingency judgment as a function of contingency table
    掲載誌名:Journal of General Psychology、Heldref Publications  118巻  Vol.(4)号
    掲載誌 発行年月:1991年10月
    著者氏名(共著者含):SHIMAZAKI Tsuneo

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Quantitative analysis of learning process in solving 8-puzzle
    掲載誌名:『Psychologia』 、Psychologia Society(京都大学)  第34巻  第1号
    掲載誌 発行年月:1991年03月
    著者氏名(共著者含):SHIMAZAKI Tsuneo

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:“認知”をめぐるいくつかの問題─認知,行動,そして理論─
    掲載誌名:『異常行動研究会誌』  第30巻  (頁 51-60 ~ )
    掲載誌 発行年月:1990年03月
    著者氏名(共著者含):嶋崎 恒雄

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:人文演習I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:文学研究科後期

    授業科目名:博士論文作成演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:文学研究科後期

    授業科目名:博士論文作成演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:心理科学演習I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:心理科学演習II

    授業形式:代表者

全件表示 >>