基本情報

写真b

中島 定彦

NAKAJIMA Sadahiko


職名

教授

研究分野・キーワード

学習心理学, 動物認知科学, 行動分析学, ヒトと動物の関係学

ホームページ

http://sadahikonakajima.cocolog-nifty.com/

プロフィール

パヴロフ型条件づけならびにオペラント条件づけの基礎過程の分析、特に動物における階層的事象関係の学習について研究している。また、動物のさまざまな認知機能の実験的行動研究を行っている。さらに、人間と動物との関係について学際的に考察している。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:上智大学
    学部(学系)名:文学部
    学科・専攻等名:心理学科

    学校の種類:大学
    卒業年月:1988年03月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:慶應義塾大学
    研究科名:社会学研究科
    専攻名:心理学

    修了課程:修士課程
    修了年月:1990年03月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

  • 大学院名:慶應義塾大学
    研究科名:社会学研究科
    専攻名:心理学

    修了課程:博士課程
    修了年月:1993年03月
    修了区分:単位取得満期退学
    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:文学士
    学位の分野名:実験心理学
    学位授与機関名:上智大学
    取得方法:課程
    取得年月:1988年03月

  • 学位名:文学修士
    学位の分野名:実験心理学
    学位授与機関名:慶應義塾大学
    取得方法:課程
    取得年月:1990年03月

  • 学位名:博士(心理学)
    学位の分野名:実験心理学
    学位授与機関名:慶應義塾大学
    取得方法:課程
    取得年月:1995年07月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 文学部 総合心理科学科
    経歴名:教授
    職務期間:1997年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先名:日本学術振興会
    所属部署名:関西学院大学文学部心理学科
    経歴名:日本学術振興会特別研究員
    経歴期間:1993年04月 ~ 1995年03月

  • 所属(勤務)先名:日本学術振興会
    所属部署名:ペンシルベニア大学心理学部
    経歴名:日本学術振興会海外特別研究員
    経歴期間:1995年04月 ~ 1997年03月

  • 所属(勤務)先名:シドニー大学
    所属部署名:心理学部
    経歴名:客員研究員
    経歴期間:2007年04月 ~ 2008年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本心理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本行動分析学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本基礎心理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本動物心理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本行動科学学会

    学会所在国:日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):実験心理学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 資格名:認定心理士(日本心理学会)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:水泳によって生じる味覚嫌悪学習の普遍性・頑健性に関する研究

    研究期間:2012年04月 ~ 2015年03月
    専門分野(科研費分類):実験心理学
    研究態様(個人・共同別)区分:個人研究
    研究制度:科学研究費補助金

  • 研究課題名:飼い主がしつけ教室で学ぶこと―犬の行動原理の理解テストを通じて―

    研究期間:2011年01月 ~ 2011年12月
    研究態様(個人・共同別)区分:個人研究
    研究制度:受託研究

  • 研究課題名:運動性味覚嫌悪学習に関する研究

    研究期間:2009年04月 ~ 2012年03月
    専門分野(科研費分類):実験心理学
    研究態様(個人・共同別)区分:個人研究
    研究制度:科学研究費補助金

  • 研究課題名:回転カゴでの自発的走行により引き起こされる味覚嫌悪学習に関する研究

    研究期間:2002年04月 ~ 2004年03月
    専門分野(科研費分類):実験心理学
    研究態様(個人・共同別)区分:個人研究
    研究制度:科学研究費補助金

  • 研究課題名:条件づけにおける要素的・形態的・階層的学習

    研究期間:2000年04月 ~ 2002年03月
    専門分野(科研費分類):実験心理学
    研究態様(個人・共同別)区分:個人研究
    研究制度:科学研究費補助金

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:パヴロフ型条件づけにおける階層的刺激制御
    掲載誌名:博士論文(慶應義塾大学)
    学位授与年月:1995年07月
    著者氏名(共著者含):中島 定彦

    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:障害物の撤去―ハトにおける問題解決行動―
    掲載誌名:修士論文(慶應義塾大学)
    学位授与年月:1990年03月
    著者氏名(共著者含):中島 定彦

    共著区分:単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Running induces nausea in rats: Kaolin intake generated by voluntary and forced wheel running
    掲載誌名:Appetite  105巻  (頁 85 ~ 94)
    掲載誌 発行年月:2016年10月
    著者氏名(共著者含):Nakajima, S.

    DOI:10.1016/j.appet.2016.05.009
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Swimming-based pica in rats
    掲載誌名:Behavioural Processes  130巻  (頁 1 ~ 3)
    掲載誌 発行年月:2016年09月
    著者氏名(共著者含):Nakajima, S.

    DOI:10.1016/j.beproc.2016.06.015
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:選択の自由と課題の慣れは曖昧性への選好を調整する
    掲載誌名:基礎心理学研究  34巻  (頁 246 ~ 252)
    掲載誌 発行年月:2016年03月
    著者氏名(共著者含):堀麻佑子・沼田恵太郎・中島定彦・嶋﨑恒雄

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Position learning of degus (Octodon degus) in a semi-natural "counting" task.
    掲載誌名:Kwansei Gakuin Humanities Review  20巻  (頁 1 ~ 14)
    掲載誌 発行年月:2015年12月
    著者氏名(共著者含):Nakajima, S., Kuramoto, Y., & Nagaishi, T.

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Return of fear due to context change, delay of testing, and their interaction
    掲載誌名:Mexican Journal of Behavior Analysis  41巻  (頁 155 ~ 165)
    掲載誌 発行年月:2015年09月
    著者氏名(共著者含):Tamai, N., & Nakajima, S.

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:最新 心理学事典
    出版機関名:平凡社
    発行年月:2013年12月
    著者氏名(共著者含):藤永保(監修)

    著書種別:事典・辞書
    担当部分:「馴化‐鋭敏化」「レスポンデント条件づけ(後半)」「連合学習理論」「本能」の項目を単独執筆
    著書形態:共編著

  • 記述言語:日本語
    著書名:行動生物学辞典
    出版機関名:東京化学同人
    発行年月:2013年11月
    著者氏名(共著者含):上田恵介・岡ノ谷一夫・菊水健史・坂上貴之・辻 和希・友永雅己・中島定彦・長谷川寿一・松島俊也(編)

    著書種別:事典・辞書
    著書形態:共編著

  • 記述言語:日本語
    著書名:林良博・奥野卓司・細井戸大成(監修),『現代社会と家庭動物』,の第2章第2節「ペットの行動と心理」を単独執筆
    出版機関名:ペピィ(発売:インターズー)
    発行年月:2009年08月
    著者氏名(共著者含):中島 定彦

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:S. Reilly & T. R. Schachtman (Eds.), Conditioned taste aversion: Behavioral and neural processesの中の1つの章 Conditioned taste aversions based on running or swimmingをBoakes, R. A., & Nakajima, S.で共著
    出版機関名:New York: Oxford University Press
    発行年月:2009年01月
    著者氏名(共著者含):Nakajima, S.

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:子安増生・二宮克美(編),『キーワードコレクション心理学フロンティア』,「行動分析学」「アニマルラーニング」の項目を単独執筆
    出版機関名:新曜社
    発行年月:2008年06月
    著者氏名(共著者含):中島 定彦

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:エッセイ:「ネズミの心理学」とヒトの暮らし
    掲載誌名:『ヒトと動物の関係学会誌』, 26, pp. 6-7(巻頭言)
    掲載誌 発行年月:2010年07月
    著者氏名(共著者含):中島 定彦

    掲載種別:その他記事
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:エッセイ:飼い主と犬は似ている?
    掲載誌名:『SKYWARD(スカイワード)』, p.71(関西学院大学スカイセミナーVo.74), JAL機内誌
    掲載誌 発行年月:2009年08月
    著者氏名(共著者含):中島 定彦

    掲載種別:その他記事
    共著区分:単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月
    研究題目:パイカ行動で測るラットの悪心

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2012年04月 ~ 2015年03月
    研究題目:水泳によって生じる味覚嫌悪学習の普遍性・頑健性に関する研究

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2009年04月 ~ 2012年03月
    研究題目:運動性味覚嫌悪学習に関する研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:ヒトと動物の関係学会第20回学術大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2014年03月
    開催場所:東京大学
    題目又はセッション名:動物介在活動におけるイヌの注視行動と飼い主のPMリーダーシップスタイル
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本基礎心理学会第32回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2013年12月
    開催場所:金沢市文化ホール
    題目又はセッション名:特別企画講演「つばきとひきつり」から情報処理へ―現代連合学習理論の50年―」
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:Seventh International Conference of the Association for Behavior Analysis: International
    会議区分:国際会議
    開催期間:2013年10月
    開催場所:Merida, Mexico
    題目又はセッション名:Renewal of acquired and then extinguished avoidance behavior in rats: Two single-subject experiments
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本動物心理学会第73回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2013年09月
    開催場所:筑波大学
    題目又はセッション名:ラットの走行性味覚嫌悪学習における近接CS事前呈示効果
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:Conference on Intentional Inhibition: From Motor Suppression to Self-Control
    会議区分:国際会議
    開催期間:2013年09月
    開催場所:University College London, UK.
    題目又はセッション名:Developing an associative analysis of behavioural control.
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

座談会等 【 表示 / 非表示

  • 名称:シンポジウム:「動物学習研究の方法論を考える―空間学習の方法と応用―」(ワークショップ企画), 日本心理学会第75回年次大会,日本大学
    開催期間:2011年09月
    参加者名:

  • 名称:シンポジウム:「カント去れヒュームは来たれコロキウム―現代連合心理学の挑戦―」(ワークショップ企画・司会), 日本心理学会第75回年次大会,日本大学
    開催期間:2011年09月
    参加者名: 

  • 名称:シンポジウム:行動分析家が人を対象とした研究ならびに臨床的活動を実践するときに必要な倫理的配慮, 日本行動分析学会第28回大会(神戸親和女子大学), (学会企画シンポジウム司会)
    開催期間:2010年10月
    参加者名: 

  • 名称:シンポジウム:「動物学習研究の方法論を考える―動物学習研究事始―」(ワークショップ)企画・司会, 日本心理学会第74回年次大会,大阪大学
    開催期間:2010年09月
    参加者名:

  • 名称:シンポジウム: ワークショップ「空間情報の獲得と表現」企画・司会, 日本心理学会学会第73回大会, 立命館大学
    開催期間:2009年08月
    参加者名:

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2016年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:人文演習I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2016年度(西暦)

    提供部署名:文学研究科後期

    授業科目名:博士論文作成演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2016年度(西暦)

    提供部署名:文学研究科後期

    授業科目名:博士論文作成演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2016年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:学習心理学

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2016年度(西暦)

    提供部署名:商学部

    授業科目名:学習心理学

    授業形式:代表者

全件表示 >>

作成した教科書、教材、参考書 【 表示 / 非表示

  • タイトル:英⇔和心理学用語集(培風館)
    活動期間:2014年04月

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:学部長室委員
    活動期間:2016年04月 ~ 2017年03月

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 学会・委員会:日本動物心理学会
    役職・役割名:理事
    活動期間:2011年09月 ~ 2014年08月

  • 学会・委員会:日本心理学会
    役職・役割名:第31回国際心理学会議組織委員会委員
    活動期間:2011年06月

  • 学会・委員会:日本基礎心理学会
    役職・役割名:理事
    活動期間:2011年04月 ~ 2014年03月

  • 学会・委員会:関西心理学会
    役職・役割名:常任委員
    活動期間:2010年04月 ~ 2015年03月

  • 学会・委員会:日本動物心理学会
    役職・役割名:常任編集委員
    活動期間:2009年01月 ~ 2014年12月

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:講演:「犬は飼い主に似ているか」阪急ハロードッグ特別セミナー
    活動期間:2012年07月

  • 活動名称:講演:「飼い主と犬は似ているか」日本愛玩動物協会大阪府支部講演会
    活動期間:2012年05月

  • 活動名称:実務家向け講演:(株)イン・クローバー ドックトレーニングワークショップ講師「行動原理の理解度をKBPADでテストする」
    活動期間:2011年08月

  • 活動名称:実務家向け講演:(株)イン・クローバー ドックトレーニングワークショップ講師 「行動変容の社会的妥当性と行動観察・記録・分析法を学ぶ」
    活動期間:2011年08月

  • 活動名称:実務家向け講演:(株)イン・クローバー ドックトレーニングワークショップ講師 「行動変容技法の背後にあるプロセスを知る」
    活動期間:2011年08月

全件表示 >>