基本情報

写真b

中島 定彦

NAKAJIMA Sadahiko

所属
文学部 総合心理科学科
研究分野・キーワード
学習心理学, 動物心理学, 行動分析学, psychology of learning, animal cognition, experimental behavior analysis, human-animal relationships
研究概要
パヴロフ型条件づけならびにオペラント条件づけの基礎過程について研究している。また、動物のさまざまな認知機能の実験的行動研究を行っている。さらに、人間と動物との関係について学際的に考察している。
SDGs 関連ゴール

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:上智大学
    学部(学系)名:文学部
    学科・専攻等名:心理学科

    学校の種類:大学
    卒業年月:1988年03月
    卒業区分:卒業
    国名:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 学校名:慶應義塾大学
    学部等名:社会学研究科
    学科等名:心理学

    修了課程:博士課程
    修了年月:1993年03月
    修了区分:単位取得満期退学
    国名:日本国

  • 学校名:慶應義塾大学
    学部等名:社会学研究科
    学科等名:心理学

    修了課程:修士課程
    修了年月:1990年03月
    修了区分:修了
    国名:日本国

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 留学先:シドニー大学
    経歴名:客員研究員 (関西学院大学長期留学)
    年月:2007年04月 ~ 2008年03月

  • 留学先:ペンシルべニア大学
    経歴名:訪問研究員(日本学術振興会海外特別研究員)
    年月:1995年04月 ~ 1997年03月

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(心理学)
    分野名:人文・社会 / 実験心理学
    授与機関名:慶應義塾大学
    取得方法:課程
    取得年月:1995年07月

  • 学位名:文学修士
    分野名:人文・社会 / 実験心理学
    授与機関名:慶應義塾大学
    取得方法:課程
    取得年月:1990年03月

  • 学位名:文学士
    分野名:実験心理学
    授与機関名:上智大学
    取得方法:課程
    取得年月:1988年03月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:関西学院大学
    部署名:文学部
    職名:専任講師
    年月:1997年04月 ~ 2001年03月

  • 所属:関西学院大学
    部署名:文学部
    職名:助教授
    年月:2001年04月 ~ 2007年03月

  • 所属:関西学院大学
    部署名:文学部 総合心理科学科
    職名:教授
    年月:2009年04月 ~ 継続中

  • 所属:関西学院大学
    部署名:文学部
    職名:准教授
    年月:2007年04月 ~ 2009年03月

  • 所属:シドニー大学
    部署名:心理学部
    職名:客員研究員
    年月:2007年04月 ~ 2008年03月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:日本心理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本行動分析学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本基礎心理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本動物心理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本行動科学学会

    学会所在国:日本国

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 実験心理学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 資格名:認定心理士(日本心理学会)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:ネズミの不快感を最小限にした味覚嫌悪学習実験技法の確立

    研究期間:2022年04月 ~ 継続中
    研究態様(個人・共同別)区分:個人研究
    研究制度:科学研究費補助金

  • 研究課題名:ラットの悪心と粘土食に関する研究

    研究期間:2018年04月 ~ 継続中
    研究態様(個人・共同別)区分:個人研究
    研究制度:科学研究費補助金

  • 研究課題名:パイカ行動で測るラットの悪心

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月
    研究態様(個人・共同別)区分:個人研究
    研究制度:科学研究費補助金

  • 研究課題名:水泳によって生じる味覚嫌悪学習の普遍性・頑健性に関する研究

    研究期間:2012年04月 ~ 2015年03月
    専門分野:人文・社会 / 実験心理学
    研究態様(個人・共同別)区分:個人研究
    研究制度:科学研究費補助金

  • 研究課題名:飼い主がしつけ教室で学ぶこと―犬の行動原理の理解テストを通じて―

    研究期間:2011年01月 ~ 2011年12月
    研究態様(個人・共同別)区分:個人研究
    研究制度:受託研究

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル: 実験用マウスとラットの食の好みに関する研究ーチーズに代わる魅力的な餌を探るー
    誌名:人文論究(関西学院大学)  72巻  2号  (頁 27 ~ 45)
    出版年月:2022年09月
    著者:中島定彦

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:単著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:実験用ラットの食の好みに関する探索的研究
    誌名:関西学院大学心理科学研究  42巻  (頁 1 ~ 12)
    出版年月:2022年03月
    著者:中島定彦・松房美穂・藤戸彩花・遠藤稔也・山下ひかる・山下玲子・小山加那子・九重智咲・辻桃奈・名和明日香

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:共著
    専門分野:人文・社会 / 実験心理学,ライフサイエンス / 実験動物学,ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
     261巻  (頁 114076 ~ )
    出版年月:2022年03月

    DOI:10.1016/j.physbeh.2023.114076
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    専門分野:ライフサイエンス / 実験動物学,人文・社会 / 実験心理学

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Food avoidance learning based on entirely voluntary wheel running in laboratory mice (Mus musculus)
    誌名:Behavioural Processes  192巻  (頁 104484 ~ )
    出版年月:2021年08月
    著者:Nakajima, S.

    DOI:10.1016/j.beproc.2021.104484
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著
    専門分野:人文・社会 / 実験心理学,ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Kaolin clay intake motivated by lactose ingestion in rats
    誌名:Learning and Motivation,  74巻  (頁 101724. ~ )
    出版年月:2021年05月
    著者:Nakajima, S.

    DOI:10.1016/j.lmot.2021.101724
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著
    専門分野:人文・社会 / 実験心理学

      外部サイトへのリンクを表示

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:動物心理学―心の射影と発見―
    出版者・発行元:昭和堂
    発行年月:2019年10月
    著者:中島定彦

    著書種別:学術書
    担当区分:単著
    専門分野:人文・社会 / 実験心理学,ライフサイエンス / 実験動物学,ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学

  • 記述言語:日本語
    タイトル:学習心理学における古典的条件づけの理論―パヴロフから連合学習研究の最先端まで―
    出版者・発行元:培風館
    発行年月:2003年06月
    著者:中島定彦

    著書種別:学術書
    担当区分:編集

  • 記述言語:英語
    出版者・発行元:American Psychological Association
    発行年月:1998年04月
    著者:N. Schmajuk & P. C. Holland (Eds.)

    著書種別:学術書
    担当範囲:Pavlovian feature-ambiguous discriminationを単独執筆
    担当区分:分担執筆

  • 記述言語:日本語
    タイトル:臨床心理学スタンダードテキスト
    出版者・発行元:金剛出版
    発行年月:2023年02月
    著者:岩壁 茂ほか(編)

    著書種別:教科書・概説・概論
    担当範囲:第8部「学習・言語心理学」第1節「行動変容プロセス」
    担当区分:分担執筆

  • 記述言語:日本語
    タイトル:ことわざから出会う心理学
    出版者・発行元:ミネルヴァ書房
    発行年月:2022年07月
    著者:今田寛(編著)

    著書種別:一般書
    担当範囲::講間コラム03「カップルは似ているか?ー「割れ鍋に綴じ蓋」」、講間コラム04「動機づけは強ければよいか?-過ぎたるは猶及ばざるが如し」
    担当区分:分担執筆

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:飼い主と犬は本当に似ているのか
    出版者・発行元:幻冬舎
    誌名:GOETHE  13巻  2号  (頁 75 ~ )
    出版年月:2018年02月
    著者:中島定彦

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:連合学習の5億年
    出版者・発行元:(公益社団法人)日本心理学会
    誌名:心理学ワールド  78巻  (頁 3 ~ 8)
    出版年月:2017年07月
    著者:中島定彦

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)
    共著区分:単著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:エッセイ:「ネズミの心理学」とヒトの暮らし
    誌名:『ヒトと動物の関係学会誌』, 26, pp. 6-7(巻頭言)
    出版年月:2010年07月
    著者:中島 定彦

    掲載種別:その他
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:エッセイ:飼い主と犬は似ている?
    誌名:『SKYWARD(スカイワード)』, p.71(関西学院大学スカイセミナーVo.74), JAL機内誌
    出版年月:2009年08月
    著者:中島 定彦

    掲載種別:その他
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:サバティカル
    誌名:心理学ワールド  39巻
    出版年月:2007年10月
    著者:中島定彦

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)
    共著区分:単著

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

  • 作品名:日本動物心理学会シンポジウム「水の中の知性―水圏動物心理学の試み―」
    発表年月:2020年11月

    作品分類:その他

  • 作品名:シンポジウム:「カント去れヒュームは来たれコロキウム―現代連合心理学の挑戦―」(ワークショップ企画・司会), 日本心理学会第75回年次大会,日本大学
    発表年月:2011年09月

    作品分類:その他

  • 作品名:シンポジウム:「動物学習研究の方法論を考える―空間学習の方法と応用―」(ワークショップ企画), 日本心理学会第75回年次大会,日本大学
    発表年月:2011年09月

    作品分類:その他

  • 作品名:シンポジウム:行動分析家が人を対象とした研究ならびに臨床的活動を実践するときに必要な倫理的配慮, 日本行動分析学会第28回大会(神戸親和女子大学), (学会企画シンポジウム司会)
    発表年月:2010年10月

    作品分類:その他

  • 作品名:シンポジウム:「動物学習研究の方法論を考える―動物学習研究事始―」(ワークショップ)企画・司会, 日本心理学会第74回年次大会,大阪大学
    発表年月:2010年09月

    作品分類:その他

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2022年04月 ~ 継続中
    タイトル:ネズミの不快感を最小限にした味覚嫌悪学習実験技法の確立

      外部サイトへのリンクを表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2018年04月 ~ 2023年03月
    タイトル:ラットの悪心と粘土食に関する研究

      外部サイトへのリンクを表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月
    タイトル:パイカ行動で測るラットの悪心

      外部サイトへのリンクを表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2012年04月 ~ 2015年03月
    タイトル:水泳によって生じる味覚嫌悪学習の普遍性・頑健性に関する研究

      外部サイトへのリンクを表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2009年04月 ~ 2012年03月
    タイトル:運動性味覚嫌悪学習に関する研究

      外部サイトへのリンクを表示

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本基礎心理学会第38回大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2019年11月 ~ 2019年12月
    開催地:神戸大学
    タイトル:ラットは腹具合が悪いと土を喰うか―乳糖不耐症の場合―
    会議種別:ポスター発表

  • 記述言語:英語
    会議名:台湾心理学会第58回大会
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2019年11月
    開催地:高雄医学大学, 台湾
    タイトル:Establishing aversive conditioning in rats and mice with minimized discomfort
    会議種別:ポスター発表

  • 記述言語:英語
    会議名:日本動物心理学会第79回大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2019年10月
    開催地:専修大学
    タイトル:Does a sea star (Astropecten scoparius) prefer finer sand? A test with coral reef sand#I#IR
    会議種別:ポスター発表
    専門分野:人文・社会 / 実験心理学,ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学

  • 記述言語:英語
    会議名:日本動物心理学会第79回大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2019年10月
    開催地:専修大学
    タイトル:Associative blocking effect on running-based taste aversion learning in rats
    会議種別:ポスター発表
    専門分野:人文・社会 / 実験心理学,ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本心理学会第83回大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2019年09月
    開催地:立命館大学
    タイトル:ラットの走行性味覚嫌悪学習における阻止効果検出の試み
    会議種別:ポスター発表

全件表示 >>

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:人文学総合50

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:文学研究科前期

    授業科目名:修士論文

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:文学研究科前期

    授業科目名:修士論文

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:文学研究科前期

    授業科目名:修士論文

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:文学研究科後期

    授業科目名:博士論文作成演習

    授業形式:代表者

全件表示 >>

作成した教科書、教材、参考書 【 表示 / 非表示

  • タイトル:英⇔和心理学用語集(培風館)
    活動期間:2014年04月

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:学部長室委員
    活動期間:202104(年月) ~ 202303(年月)

  • 活動名称:学部長室委員
    活動期間:201604(年月) ~ 201703(年月)

  • 活動名称:研究推進社会連携副機構長
    活動期間:201104(年月) ~ 201503(年月)

  • 活動名称:学部長室委員
    活動期間:200904(年月) ~ 201103(年月)

  • 活動名称:研究推進社会連携機構研究推進委員
    活動期間:200804(年月) ~ 201103(年月)

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 団体名:日本動物心理学会
    委員名:理事長(会長)
    年月:2020年11月 ~ 継続中

  • 団体名:日本行動分析学会
    委員名:機関誌編集顧問
    年月:2019年07月 ~ 継続中

  • 団体名:関西心理学会
    委員名:会長
    年月:2019年04月 ~ 継続中

  • 団体名:日本心理学会
    委員名:地域別代議員
    年月:2017年06月 ~ 継続中

  • 団体名:日本心理学会
    委員名:理事
    年月:2017年06月 ~ 2021年06月

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • タイトル:講演:学習心理学
    年月:2019年08月

  • タイトル:講演:動物の連合学習―古典的条件づけを中心に―
    年月:2016年05月

  • タイトル:講演:「犬は飼い主に似ているか」阪急ハロードッグ特別セミナー
    年月:2012年07月

  • タイトル:講演:「飼い主と犬は似ているか」日本愛玩動物協会大阪府支部講演会
    年月:2012年05月

  • タイトル:講演:動物行動訓練における行動分析学
    年月:2012年01月

全件表示 >>