基本情報

写真b

浦  啓之

URA Hiroyuki

所属
文学部 文学言語学科
研究分野・キーワード
理論言語学・英語学, 数理言語学
研究概要
人間は、誰しも生得的(遺伝的)に有している言語の構造に関する普遍的能力を、どのように働かせることで言語を生成し理解しているのでしょうか?この疑問に対して、多様な言語の構造を分析し共通点を見出すことで、言語能力の構成を解明し、その能力の行使のメカニズムを探る、というリサーチプログラム(ミニマリスト・プログラム)に基づく研究を行っています。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:関西学院大学
    学部(学系)名:文学部
    学科・専攻等名:英文学科

    学校の種類:大学
    卒業年月:1989年03月
    卒業区分:卒業
    国名:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 学校名:マサチューセッツ工科大学 (MIT)
    学部等名:言語学科

    修了課程:博士課程
    修了年月:1996年02月
    修了区分:修了
    国名:アメリカ合衆国

  • 学校名:大阪大学
    学部等名:文学研究科
    学科等名:英文学専攻

    修了課程:修士課程
    修了年月:1991年03月
    修了区分:修了
    国名:日本国

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 留学先:マサチューセッツ工科大学 (MIT)
    経歴名:客員研究員
    年月:2004年09月 ~ 2004年12月

  • 留学先:マサチューセッツ工科大学 (MIT)
    経歴名:大学院留学
    年月:1992年09月 ~ 1996年02月

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(Ph.D.)
    分野名:人文・社会 / 言語学
    授与機関名:その他
    取得方法:課程
    取得年月:1996年02月

  • 学位名:文学修士
    分野名:人文・社会 / 英語学
    授与機関名:大阪大学
    取得方法:課程
    取得年月:1991年03月

  • 学位名:文学士
    分野名:人文・社会 / 英語学
    授与機関名:関西学院大学
    取得方法:課程
    取得年月:1989年03月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:関西学院大学
    職名:教授
    年月:2000年04月 ~ 継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:日本言語学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本英語学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本英文学会

    学会所在国:日本国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 言語学

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:A Note on A-bar Dependency and the Theory of CP-Recursion
    誌名:『英米文学』  60巻  (頁 133 ~ 152)
    出版年月:2016年03月
    著者:Hiroyuki Ura

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    タイトル:Some Notes on the Syntax and Semantics of Functional Wh-Constituents
    誌名:『英米文学』  59巻  1号  (頁 319 ~ 345)
    出版年月:2015年03月
    著者:Hiroyuki Ura (co-authored with Kiyomi Kusumoto)

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    タイトル:Distributive Binding and Two Types of Binding Theory in Syntax
    誌名:JELS  30巻  (頁 71 ~ 77)
    出版年月:2013年03月
    著者:URA Hiroyuki (co-authored with Nao Ishino)

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:「分配束縛の統語メカニズム分析とパラメター理論」
    誌名:『英米文学』,第57巻,pp.258–272,関西学院英米文学会
    出版年月:2013年03月
    著者:浦  啓之 (石野尚氏との共同研究)

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    タイトル:Towards a Theory of Split Binding: A Preliminary Sketch
    誌名:Nanzan Linguistics,Volume 8,17-45
    出版年月:2012年03月
    著者:URA Hiroyuki (co-authored with Nao Ishino)

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:『移動現象巡る諸問題』
    出版者・発行元:開拓社
    発行年月:2021年06月
    著者:高野祐二,岡 俊房,浦 啓之,多田浩章

    著書種別:学術書
    担当区分:共著

  • 記述言語:英語
    タイトル:"Dative Subjects and Impersonals in Null-subject Languages" Japanese Syntax in Comparative Perspective Mamoru Saito (ed.)
    出版者・発行元:Oxford University Press
    発行年月:2014年03月
    著者:URA Hiroyuki

    著書種別:学術書
    担当区分:共著

  • 記述言語:英語
    タイトル:"Remarks on Syntactic Facets of Functional Wh-Interpretation" Deep Insights, Broad Perspectives, Yoichi Miyamoto et al. (eds.), pp.402-423.
    出版者・発行元:開拓社
    発行年月:2013年11月
    著者:URA Hiroyuki

    著書種別:学術書
    担当区分:共著

  • 記述言語:英語
    タイトル:"Feature Transfer in L2 Acquisition: With Special Reference to Reflexive Binding" The Proceedings of the Eleventh Tokyo Conference on Psycholinguistics Yukio Otsu (ed.), pp.141-160
    出版者・発行元:ひつじ書房
    発行年月:2010年11月
    著者:URA Hiroyuki (co-authored with Nao Ishino)

    著書種別:学術書
    担当区分:共著

  • 記述言語:英語
    タイトル:“Verbal Nouns in Japanese and Agree in Syntactic Word Formation,” 『語彙の意味と文法』岸本・由本(編), pp.233–252
    出版者・発行元:くろしお出版
    発行年月:2009年02月
    著者:URA Hiroyuki

    著書種別:学術書
    担当区分:共著

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 賞名:市河賞, 第34回 , 財団法人語学教育研究所, 2000年1月出版の著書 Checking Theory and Grammatical Functions in Universal Grammar に対して
    受賞年月:2000年10月
    受賞国:日本国
    受賞区分:国内外の国際的学術賞
    授与機関: 
    受賞者(グループ):浦  啓之

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本英語学会(@福岡大学)
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2013年11月
    開催地:第31回日本英語学会全国大会シンポジウム講師
    タイトル:格≠一致?: Disagreement between Case and Agreement
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:英語
    会議名:関学英米文学会(@関西学院大学)
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2013年09月
    開催地: 
    タイトル:Remarks on Ungrammaticality in Music
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:英語
    会議名:第30回日本英語学会(慶應義塾大学)
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2012年11月
    開催地: 
    タイトル:"Distributive Binding and Two Types of Binding Theory in Syntax"
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:英語
    会議名:関学英米文学会(関西学院大学)
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2012年09月
    開催地: 
    タイトル:Generative Syntax for Music Tonality
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:第11回日本第二言語習得学会年次大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2011年06月
    開催地:(文教大学)
    タイトル:第二言語習得における統語素性転移──日本語及び中国語再帰代名詞を中心にして
    会議種別:口頭発表(一般)

全件表示 >>

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:文学研究科後期

    授業科目名:博士論文作成演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:文学研究科後期

    授業科目名:博士論文作成演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:文学研究科後期

    授業科目名:特別研究

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:文学研究科後期

    授業科目名:特別研究

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:理論英語学特殊講義

    授業形式:代表者

全件表示 >>

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:研究科委員長補佐
    活動期間:201404(年月) ~ 201503(年月)

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 団体名:日本言語学会
    委員名:編集委員会委員(学会誌『言語研究』)
    年月:2006年04月 ~ 2009年03月

  • 団体名:日本言語学会
    委員名:大会運営委員会委員
    年月:2006年04月 ~ 2009年03月