基本情報

写真b

安田 聡子

YASUDA Satoko

職名
教授
研究分野・キーワード
イノベーション論、アントレプレナーシップ、高度人材のグローバル移動
研究概要
知識や技術はどのようにして創出されるのか、またどのようにして他の組織・国・地域へ普及していくのかを研究しています。研究の柱は次の2つです:
第一の柱は、先進国で生まれた新技術が途上国へ普及していくメカニズムを調査し、先端技術が途上国の工業化に貢献するために必要な条件や環境を研究することです。
 第二の柱は、高等教育を受けた途上国出身の研究者が、先進国企業に就職してどのような研究開発活動を行っているのか、彼らの能力によって先進国企業(特にハイテク・ベンチャー企業)はどのような便益を得ているのかを調査・研究することです。
 私の研究における長期目標は、先端技術が特定の国々・地域から国境を越えて普及すると同時に、多様なフィードバック(=評価、反響)や高度な人的資源が世界のあちらこちらから供給されることでさらに技術が進化していくという、国境を越えたイノベーション・プロセスに関して知見を深めていくことです。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:上智大学
    学部(学系)名:文学部
    学科・専攻等名:史学科

    学校の種類:大学
    卒業年月:1985年03月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:東京大学
    研究科名:工学系研究科
    専攻名:先端学際工学専攻

    修了課程:博士課程
    修了年月:2003年09月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

  • 大学院名:カリフォルニア州立大学サクラメント校
    研究科名:社会科学・学際研究

    修了課程:修士課程
    修了年月:1997年01月
    修了区分:修了
    所在国:アメリカ合衆国

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 留学先:カリフォルニア州立大学サクラメント校
    経歴名:大学院生(修士課程学生)
    留学期間:1995年09月 ~ 1997年01月

  • 留学先:英国サセックス大学SPRU(Science Policy Research)
    経歴名:客員研究員
    留学期間:2012年04月 ~ 2013年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:文学士
    学位の分野名:日本史
    学位授与機関名:上智大学
    取得方法:課程
    取得年月:1985年03月

  • 学位名:国際学修士
    学位の分野名:国際関係論
    学位授与機関名:カリフォルニア州立大学サクラメント校
    取得方法:課程
    取得年月:1997年01月

  • 学位名:博士(学術)
    学位の分野名:先端学際工学
    学位授与機関名:東京大学
    取得方法:課程
    取得年月:2003年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 商学部
    経歴名:教授
    職務期間:2006年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先名:東京大学
    所属部署名:先端科学技術研究センター
    経歴名:特任助手
    経歴期間:2004年06月 ~ 2006年03月

  • 所属(勤務)先名:東京大学
    所属部署名:先端科学技術研究センター
    経歴名:客員研究員
    経歴期間:2009年10月 ~ 2014年03月

  • 所属(勤務)先名:英国サセックス大学
    経歴名:SPRU客員研究員
    経歴期間:2012年04月 ~ 2013年03月

  • 所属(勤務)先名:政策研究大学院大学
    所属部署名:政策研究センター
    経歴名:客員研究員
    経歴期間:2013年12月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:経営行動研究学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本MOT学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:研究・イノベーション学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:ISS (International Joseph Alois Schumpeter Society)

    学会所在国:その他

  • 所属学会:T2S (Technology Transfer Society)

    学会所在国:その他

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):経営学

  • 専門分野(科研費分類):社会システム工学・安全システム

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:技術革新が海外生産移転に与えた影響―1990年代からの日系縫製企業による東アジア進出の研究―
    掲載誌名:東京大学大学院, 工学系研究科(先端学際工学専攻)博士学位論文
    学位授与年月:2003年09月
    著者氏名(共著者含):安田 聡子

    共著区分:単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:スター・サイエンティスト研究の潮流と現代的意味
    掲載誌名:研究 技術 計画  34巻  2号  (頁 100 ~ 115)
    掲載誌 発行年月:2019年09月
    著者氏名(共著者含):安田聡子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):社会システム工学・安全システム,経営学

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:産学連携:中小企業と積極的に協力する大学および連携プロジェクトの研究
    掲載誌名:日本政策金融公庫論集  44号  (頁 71 ~ 98)
    掲載誌 発行年月:2019年08月
    著者氏名(共著者含):安田聡子、隅藏康一、長根(齋藤)裕美、富澤 宏之

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著
    専門分野(科研費分類):社会システム工学・安全システム,経営学

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:IoT時代のイノベーション・エコシステム-第3次および第4次産業革命における非市場機構の役割-
    掲載誌名:商学論究  65巻  4号  (頁 1 ~ 24)
    掲載誌 発行年月:2018年03月
    著者氏名(共著者含):安田聡子

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):社会システム工学・安全システム,経営学

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:高度人材のグローバル移動と帰国促進政策 : インドのラマヌジャン・フェローシップと中国の百人計画
    掲載誌名:商学論究  64巻  4号  (頁 201 ~ 229)
    掲載誌 発行年月:2017年03月
    著者氏名(共著者含):安田聡子

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):社会システム工学・安全システム,経営学

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Innovation in Microelectronics Equipment and Impact on Export Competitiveness of East Asian Countries: A Study of Japan's Sewing Machines Operating in Garment Factories during the 1990s
    掲載誌名:International Review of Business  17号  (頁 27 ~ 40)
    掲載誌 発行年月:2017年03月
    著者氏名(共著者含):Satoko Yasuda

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):経営学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    著書名:University Evolution, Entrepreneurial Activity and Regional Competitiveness
    出版機関名:Springer
    発行年月:2015年08月
    著者氏名(共著者含):D. Audretsch, E. Lehmann, S. Visama and M. Meoli (eds)

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:Mobility and academic entrepreneurship: An empirical analysis of Japanese scientists
    著書形態:分担執筆

  • 記述言語:日本語
    著書名:イノベーション論入門
    出版機関名:中央経済社
    発行年月:2015年03月
    著者氏名(共著者含):土井教之・宮田由紀夫

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:第1章「イノベーションと社会」(玉田俊平太と共著)、第3章「イノベーションの普及」(単著)
    著書形態:分担執筆

  • 記述言語:日本語
    著書名:ソーシャル・ビジネス:地域の課題をビジネスで解決する
    出版機関名:中央経済社
    発行年月:2011年08月
    著者氏名(共著者含):大室悦賀・大阪NPOセンター

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:第5章「ソーシャル・アントレプレナーによる技術経営―地雷除去機開発におけるイノベーション・―」
    著書形態:分担執筆

  • 記述言語:日本語
    著書名:ビジネス・イノベーション・システム
    出版機関名:日本評論社
    発行年月:2009年09月
    著者氏名(共著者含):土井教之

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:第3章「日本企業のイノベーションと外国人高度人材」
    著書形態:分担執筆

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:論壇:企業家精神と”空気”
    出版機関名:商工総合研究所
    掲載誌名:商工金融  66巻  10号  (頁 43 ~ 44)
    掲載誌 発行年月:2016年10月
    著者氏名(共著者含):安田聡子

    掲載種別:総説・解説(商業誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:インタビュー記事:多様性が低い組織で、どう外国人を活かすのか―社会と組織のコンテクストに合わせ、自社型の共生モデルの構築を
    掲載誌名:Works(リクルート社)、APR -MAY 2012、pp. 36-37., pp. 36-37
    掲載誌 発行年月:2012年04月
    著者氏名(共著者含):安田 聡子

    掲載種別:その他記事
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:寄稿:グローバル経済で活躍する中小企業経営者たち
    掲載誌名:商工金融(商工総合研究所)、2012年2月号, pp. 65-66
    掲載誌 発行年月:2012年02月
    著者氏名(共著者含):安田 聡子

    掲載種別:その他記事
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:空洞化を克服する中小企業のイノベーション
    出版機関名:毎日新聞社
    掲載誌名:週刊エコノミスト 2月3日号  (頁 42 ~ 45)
    掲載誌 発行年月:2004年02月
    著者氏名(共著者含):安田聡子

    掲載種別:総説・解説(商業誌)
    共著区分:単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2013年04月 ~ 2016年03月
    研究題目:アカデミック・アントレプレナーの企業家としての個人特性

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2011年04月 ~ 2014年03月
    研究題目:「デジタル時代における持続的ビジネスモデルの研究」(研究課題番号23530526) 研究代表者:玉田俊平太(研究分担者:安田聡子 他)

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2009年04月 ~ 2012年03月
    研究題目:高度人材のグローバル移動がイノベーション・システムに与える影響の研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:Technology Transfer Society (T2S) Annual Conference 2018
    会議区分:国際会議
    開催期間:2018年10月
    開催場所:Universitat Politècnica de València (UPV).
    題目又はセッション名:Informal university‐industry collaboration: How have leading Japanese scientists built linkages with business since the mid‐20th century?
    発表形態:口頭(一般)
    専門分野(科研費分類):社会システム工学・安全システム,経営学

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:2017 Annual Meeting of the Technology Transfer Society (T2S)
    会議区分:国際会議
    開催期間:2017年11月
    開催場所:George Mason University, U.S.A.
    題目又はセッション名:Exploring the impacts of civil society on entrepreneurship: Case of Japan
    発表形態:口頭(一般)
    専門分野(科研費分類):社会システム工学・安全システム,経営学

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:第16回日本・モンゴル国際シンポジウム
    会議区分:国際会議
    開催期間:2017年09月
    開催場所:創価大学
    題目又はセッション名:日本のイノベーション・システムと企業家精神
    発表形態:口頭(一般)
    専門分野(科研費分類):経営学,社会システム工学・安全システム

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:16th Congress of the International Joseph A. Schumpeter Society
    会議区分:国際会議
    開催期間:2016年07月
    開催場所:Montreal, CANADA
    題目又はセッション名:Social climate and innovation: do non-entrepreneurs’ attitudes toward start-ups impact entrepreneurship?
    発表形態:口頭(一般)
    専門分野(科研費分類):社会システム工学・安全システム,経済政策

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:Technology Transfer Society (T2S) International Conference 2015
    会議区分:国際会議
    開催期間:2015年10月
    開催場所:Dublin Institute of Technology
    題目又はセッション名:What develops academic entrepreneurship? Case study on Japanese scientists
    発表形態:口頭(一般)
    専門分野(科研費分類):経営学,社会システム工学・安全システム

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:商学部

    授業科目名:イノベーション経営

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:商学部

    授業科目名:グローバル経営論

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:商学部

    授業科目名:商学演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:商学部

    授業科目名:国際ビジネス入門

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:商学研究科前期

    授業科目名:国際ビジネス研究演習I

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:知財産学連携センター委員
    活動期間:2016年04月 ~ 2020年03月

  • 活動名称:イノベーション研究センター ファカルティ研究員
    活動期間:2010年11月 ~ 継続中

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 学会・委員会:経営行動研究学会
    役職・役割名:理事
    活動期間:2009年09月 ~ 継続中

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:大阪府経営革新計画承認等審査会
    活動期間:2019年04月 ~ 継続中

  • 活動名称:文部科学省科学技術政策研究所・定点調査委員会委員
    活動期間:2013年04月

  • 活動名称:文部科学省科学技術政策研究所・定点調査委員会委員
    活動期間:2011年07月