基本情報

写真b

亀田 啓悟

KAMEDA Keigo


職名

教授

研究分野・キーワード

マクロ経済学, 公共経済学

プロフィール

公的債務と長期金利、財政政策の有効性(非ケインズ効果を含む) 、社会資本の経済効果

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:慶應義塾大学
    学部(学系)名:経済学部

    学校の種類:大学
    卒業年月:1993年03月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:慶應義塾大学
    研究科名:経済学研究科

    修了課程:博士課程
    修了年月:1998年03月
    修了区分:中退
    所在国:日本国

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 留学先:アルバータ大学経済学部
    経歴名:客員研究員
    留学期間:2001年09月 ~ 2001年12月

  • 留学先:クイーンズ大学経済学部
    経歴名:客員研究員
    留学期間:2004年09月 ~ 2005年08月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士(経済学)
    学位の分野名:理論経済学
    学位授与機関名:慶應義塾大学
    取得方法:論文
    取得年月:1996年03月

  • 学位名:博士(経済学)
    学位の分野名:財政・公共経済
    学位授与機関名:慶應義塾大学
    取得方法:論文
    取得年月:2014年10月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 総合政策学部 総合政策学科
    経歴名:教授
    職務期間:2006年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本経済学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本財政学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:公共選択学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:IIPF

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):財政・公共経済

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Effectiveness of Fiscal Expansion in Japan
    学位授与年月:2014年10月
    著者氏名(共著者含):Keigo KAMEDA

    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):財政・公共経済,経済政策

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Distributional preference in Japan
    掲載誌名:The Japanese Economic Review
    掲載誌 発行年月:2016年
    著者氏名(共著者含):Keigo KAMEDA, Miho SATO

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:What Causes Changes in the Effects of Fiscal Policy? A Case Study of Japan
    掲載誌名:Japan and the World Economy  31巻  (頁 14 ~ 31)
    掲載誌 発行年月:2014年08月
    著者氏名(共著者含):Keigo KAMEDA

    DOI:10.1016/j.japwor.2014.04.003.
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):財政・公共経済,経済政策

  • 記述言語:英語
    論文題目名: Budget deficits, government debt, and long-term interest rates in Japan
    掲載誌名:Journal of the Japanese and International Economies  32巻  (頁 105 ~ 124)
    掲載誌 発行年月:2014年02月
    著者氏名(共著者含):KAMEDA Keigo

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):財政・公共経済,金融・ファイナンス,経済政策

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:日本人はどのような所得分配を望んでいるのか? : 財政再建に向けた予備的考察
    掲載誌名:Working papers series. Working paper  48号  (頁 1 ~ 25)
    掲載誌 発行年月:2013年10月
    著者氏名(共著者含):亀田, 啓悟 and 佐藤, 美帆

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Estimating non-Keynesian Effects for Japan
    掲載誌名:Asian Economic Policy Review, Vol.7, No. 2. 227-247.
    掲載誌 発行年月:2012年12月
    著者氏名(共著者含):KAMEDA Keigo

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:総合政策のニューフロンティア―公共性への多面的アプローチ (関西学院大学総合政策学部教育研究叢書1)
    出版機関名:関西学院大学出版会
    発行年月:2010年04月
    著者氏名(共著者含):亀田 啓悟

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共編者

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2016年04月 ~ 2020年03月
    研究題目:国債金利の決定要因に関する理論・実証研究

    研究内容:わが国の公的債務-国債金利間の逆説的な状況は、多くの研究者の関心を呼び数々の研究がなされてきた。しかし、従来の国債金利の誘導形を推計する手法では、説明変数である財政データの頻度が低く金利の変化を十分に説明できない。この状況に対し、近年、ファイナンス理論を応用し、高頻度データや新聞などのテキスト情報を活用した研究が始まっている。本研究ではこうした手法上の発展を活用しながら我が国の財政と国債金利の関係を再検討する。また、近年、低金利の発生メカニズムに関する研究も進んでおり、いわゆるホームバイアスの存在、自然災害等の巨大リスクの影響、担保価値に資する等の国債保有の特別なメリット(希少性プレミアム)等の要因が指摘されている。本研究ではこの発生メカニズムも合わせて検討することにしたい。

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2016年04月 ~ 2020年03月
    研究題目:国債金利の決定要因に関する理論・実証研究

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2013年04月 ~ 2016年03月
    研究題目:個票データを用いた非ケインズ効果の再検討

  • 研究種目:若手研究(B)
    研究期間:2010年04月 ~ 2013年03月
    研究題目:財政赤字・公的債務と長期金利の実証分析

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:第70回日本財政学会年次大会(慶應義塾大学)
    会議区分:国際会議
    開催期間:2013年10月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:An Experiment on Distributional Preferences: A Preliminary Analysis toward Japan's Fiscal Consolidation
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:Japan-Korea Session, Korean Association of Public Finance. Paradaise Hotel, Pusan. Korea.
    会議区分:国内会議
    開催期間:2011年10月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:What Changes the Effects of Fiscal Policy?:A case study of Japan
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:Australian Conference of Economists 2010, Darling Harbor, Sydney, Australia.
    会議区分:国内会議
    開催期間:2010年09月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:What Changes the Effects of Fiscal Policy? :A case study of Japan
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本財政学会(明治学院大学), 10月17日、18日
    会議区分:国内会議
    開催期間:2009年10月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:財政赤字と長期金利に関するイベントスタディー
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:Institute of International Public Finance Annual Congress
    会議区分:国際会議
    開催期間:2008年08月
    開催場所:Maastricht
    題目又はセッション名:Budget Deficits, Government Debt and Interest Rates in Japan
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2018年度(西暦)

    提供部署名:総合政策学部

    授業科目名:公共経済学

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2018年度(西暦)

    提供部署名:総合政策学部

    授業科目名:卒業論文

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2018年度(西暦)

    提供部署名:総合政策学部

    授業科目名:基礎演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2018年度(西暦)

    提供部署名:総合政策学部

    授業科目名:研究演習I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2018年度(西暦)

    提供部署名:総合政策学部

    授業科目名:研究演習II

    授業形式:代表者

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:学部長補佐
    活動期間:2017年04月 ~ 2018年03月

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 学会・委員会:日本財政学会
    役職・役割名:理事
    活動期間:2011年04月