基本情報

写真b

田辺  陽

TANABE You

所属
理学部 化学科
研究分野・キーワード
有機合成化学, プロセス化学
研究概要
#B田辺研究室#BR(http://sci-tech.ksc.kwansei.ac.jp/~tanabe/)「力量ある有機合成」(野依先生)に沿うプロセス化学を目指した有用有機反応の開発を中心に行う.実験室レベルから最終的には工業レベルまで視野に入れ, (i) 独自のTi―クライゼン縮合・アルドール付加とファインケミカルズ(ムスク・ジャスミン香料,カルバペネム抗生物質など)合成への応用; (ii) 実用的エステル化・アミド化・スルホニル化・シリル化反応の開発; (iii) シクロプロパンの特徴を活かした有用有機反応の開発:Chirality Exchangeによる軸性化合物の不斉合成とリグナン系天然物合成への応用を具体的テーマとしている. これらの知見,10年の企業経験(住友化学),日本プロセス化学会の活動を活かし,基礎研究を中心に企業との共同研究も織り込み,社会へのコミットを目指す.

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:東京大学
    学部(学系)名:農学部
    学科・専攻等名:農芸化学科(松井正直・森謙治先生)

    学校の種類:大学
    卒業年月:1978年03月
    卒業区分:卒業
    国名:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 学校名:京都大学
    学部等名:理学部
    学科等名:化学科修士課程(加治有恒・小野昇先生)

    修了課程:修士課程
    修了年月:1980年03月
    修了区分:修了
    国名:日本国

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 留学先:フローニンヘン大学
    経歴名:客員教員
    年月:1996年04月 ~ 1997年03月

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:理学博士
    分野名:ナノテク・材料 / 有機合成化学
    授与機関名:東京工業大学
    取得方法:論文
    取得年月:1989年12月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:関西学院大学
    部署名:理工学部 化学科
    職名:助教授
    年月:1991年04月 ~ 1997年03月

  • 所属:関西学院大学
    部署名:理工学部 化学科
    職名:教授
    年月:1997年04月 ~ 継続中

  • 所属:住友化学工業(株)
    部署名:有機合成研究所・農業化学品研究所
    職名:研究員
    年月:1980年04月 ~ 1991年03月

  • 所属:東京大学
    部署名:理学部化学科(向山光昭先生)
    職名:研究員
    年月:1983年04月 ~ 1985年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:日本化学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:有機合成化学協会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本プロセス化学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:アメリカ化学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:王立化学会

    学会所在国:日本国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:ナノテク・材料 / 有機合成化学

  • 研究分野:ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学

  • 研究分野:ライフサイエンス / 生物有機化学

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:「使える! 有機合成反応; 実践の手引き」(1) ß-ケトエステルのエノールトシル化,(2) Ti-Claisen 縮合,p. 98, 418
    出版者・発行元:化学同人
    発行年月:2010年03月
    著者:田辺 陽

    著書種別:学術書
    担当区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:第4章 『キラル医薬中間体開発の最前線』「Ti-クライゼン縮合の開発と 1ß-メチルカルバペネムの実用的合成への応用」(普及版)
    出版者・発行元:CMC出版
    発行年月:2010年03月
    著者:永瀬良平・御前智則・田辺 陽

    著書種別:学術書
    担当区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:「トシラートを使う“堅牢な”クロスカップリング反応:プロセス化学を指向する新しい方法論」月刊『化学』(2009 年の化学:最新のトピックス),65, No. 2, 70
    出版者・発行元:化学同人
    発行年月:2010年02月
    著者:仲辻秀文,永瀬良平,田辺 陽

    著書種別:学術書
    担当区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:丸岡啓二(編)化学フロンティア21,『進化を続ける有機触媒』第21章「エステル化・アミド化・スルホニル化」p. 183-188.
    出版者・発行元:化学同人
    発行年月:2009年07月
    著者:田辺 陽

    著書種別:学術書
    担当区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:「人と環境にやさしい材料化学」(尾崎幸洋 編)「医薬品のプロセス化学~環境調和型有機合成を目指して~」p. 65-91(株)アドスリー(編集)
    出版者・発行元:丸善(出版)
    発行年月:2008年05月
    著者:田辺 陽

    著書種別:学術書
    担当区分:単著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:寄稿:「近化とシクロプロパンと松井先生と三角先生」
    誌名:近畿化学工業界,創立90周年記念増刊号,p.106
    出版年月:2010年03月
    著者:田辺 陽

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:その他・プライベートコラム:「がんでも20歳,波乱万丈のらら」
    誌名:週刊朝日2010年3月26日号(5000号記念号)p. 79
    出版年月:2010年03月
    著者:田辺 陽

    掲載種別:その他
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:「プロセス化学を指向した革新的アシル化・スルホニル化縮合反応」
    誌名:化学工業, No.1 
    出版年月:2009年01月
    著者:仲辻秀文,永瀬良平,田辺 陽

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:「プロセス化学を指向した革新的縮合反応の開発:アシル化・スルホニル化・シリル化」
    誌名:有機合成化学協会誌
    出版年月:2008年12月
    著者:永瀬良平,仲辻秀文,御前智則,田辺 陽

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:新聞報道次代のチカラ 『環境に優しい医薬品づくりに欠かせない「プロセス化学」』
    誌名:朝日新聞,2008. 10. 26
    出版年月:2008年10月
    著者:田辺 陽, 他

    掲載種別:その他
    共著区分:共著

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • タイトル:企業依頼講演:田辺 陽,「速かろう,安かろう,良かろう」のプロセス化学を指向した縮合反応,小野薬品(株)プロセス研究所(福井),2010, 4. 13
    実施年月:2010年04月

    研究活動区分:その他

  • タイトル:企業依頼講演:田辺 陽,「速かろう,安かろう,良かろう」のプロセス化学を指向した縮合反応,味の素(株)アミノサイエンス研究所(神奈川),2010, 3. 11
    実施年月:2010年03月

    研究活動区分:その他

  • タイトル:企業依頼講演:田辺 陽,「速かろう,安かろう,良かろう」のプロセス化学を指向した縮合反応,田辺三菱製薬(株)CMC研究センター(兵庫),2010, 1. 19
    実施年月:2010年01月

    研究活動区分:その他

  • タイトル:企業依頼講演:田辺 陽,「速かろう,安かろう,良かろう」のプロセス化学を指向した縮合反応,住友化学(株)農業化学品研究所(兵庫), 2009. 12. 25
    実施年月:2009年12月

    研究活動区分:その他

  • タイトル:ラジオ出演:田辺 陽,先発薬とジェネリック薬,ラジオ日経,アイディアカプセル,2009. 9. 4, 11, 18, 25
    実施年月:2009年09月

    研究活動区分:その他

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:
    研究期間:2008年08月 ~ 2009年03月
    タイトル:プロセス化学を指向する革新的C-アシル化反応の開発と医農薬合成への応用(地域イノベーション創出総合支援事業 シーズ発掘試験)

    提供機関:独立行政法人科学技術振興機構

  • 研究種目:
    研究期間:2006年09月 ~ 2007年02月
    タイトル:水溶媒中でのpH制御による医薬品の環境調和型プロセス製造法(地域イノベーション創出総合支援事業 シーズ発掘試験)

    提供機関:独立行政法人科学技術振興機構

  • 研究種目:
    研究期間:2005年10月 ~ 2006年03月
    タイトル:「水溶媒中での脱水反応」を利用する環境調和型医農薬合成(研究成果活用プラザ大阪 実用化のための可能性試験)

    提供機関:独立行政法人科学技術振興機構

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本プロセス化学会2012 サマーシンポジウム
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2012年07月
    開催地:京都テルサ
    タイトル:四置換 α,β-不飽和エステルの高 (E)-,(Z)-立体補完的合成
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本プロセス化学会2012 サマーシンポジウム 
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2012年07月
    開催地:京都テルサ
    タイトル:入手容易な金属触媒を用いるエステル・アミン間の触媒的アミド化反応
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本化学会第92回春季年会 
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2012年03月
    開催地: 慶応大学
    タイトル:α-置換-β-ケトエステルの高 (E)-, (Z)-立体選択的エノールトシル化,および続くクロスカップリングを利用する四置換 α,β-不飽和エステルの高立体補完的合成
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本化学会第92回春季年会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2012年03月
    開催地:慶応大学
    タイトル:(E)-, (Z)-エノールトシラートを基質とするR2CuLi求核剤の立体保持1,4-付加脱離反応による (E)-, (Z)-三置換オレフィンの立体補完的合成
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本化学会第92回春季年会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2012年03月
    開催地:慶応大学
    タイトル:α-スルホニルオキシ酢酸エステルとギ酸エステル間の脱水型Ti-Claisen 縮合及びクロスカップリング反応への応用
    会議種別:口頭発表(一般)

全件表示 >>

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:卒業実験及び演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:外国書講読

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:理工学研究科前期

    授業科目名:文献演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:理学部

    授業科目名:有機化学II

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:有機化学III

    授業形式:代表者

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学内・学外) 【 表示 / 非表示

  • 科目:商学部依頼授業:『イノベーション論』「新薬とジェネリックのはざまで」,2009. 5. 14
    機関名:関西学院大学 商学部

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:学部長室委員
    活動期間:201504(年月) ~ 201703(年月)

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 団体名:日本プロセス化学会
    委員名:Organizing Committee:The First International Symposium on process chemistry [ISPC 08] 2008, 7. 28-30 (Kyoto International Conference Center)
    年月:2008年07月

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • タイトル:高校授業:「薬の話:新薬とジェネリック医薬品のはざまで」,篠山鳳鳴高校,2009. 12. 16
    年月:2009年12月

  • タイトル:チャペル講話:田辺 陽,医薬開発に向かう私の Mastery for Service ~ プロセス化学で一日でも早く良い薬を,森口復活教会(守口)2009. 7. 11
    年月:2009年07月

  • タイトル:高校授業:「新薬とジェネリック医薬品」,啓明土曜講座,2009. 5. 2
    年月:2009年05月

  • タイトル:高校授業:「医薬品のプロセス化学: 環境調和型有機合成を目指して」,啓明土曜講座,2009. 4. 25
    年月:2009年04月