基本情報

写真b

高島 千代

TAKASHIMA Chiyo


職名

教授

研究分野・キーワード

日本政治史

プロフィール

主に明治10年代から20年代にかけての日本、すなわち近代成立期日本の民衆運動を研究テーマとしている。具体的には、自由民権運動の激化事件、特に明治17(1884)年の秩父事件について、日常生活における紛争が地域の行政や議会との関わり中で実力行使・蜂起に至る過程、また蜂起から日常の生活へと収束していく政治過程を明らかにすることをめざして研究を進めている。また最近は、こうした秩父事件や群馬事件といった激化事件から、激化期の自由党の運動を見直すという視点に立ち、自由民権運動の全体像を再検討する試みもはじめている。  今後はこれらの観点、また他地域との比較をふまえた激化事件像の再構成、さらには明治末年の地方改良運動、あるいは1930年代の国家総動員など官製の運動にも注目しつつ、近現代日本における地域社会と社会運動の関係を明らかにしていきたい。

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 法学部 政治学科
    経歴名:教授
    職務期間:1999年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:歴史学研究会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:明治維新史学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:地方史研究協議会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):政治学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「照山事件の裁判過程―その全経緯と審理内容
    掲載誌名:『秩父事件研究・顕彰』18号
    掲載誌 発行年月:2013年03月
    著者氏名(共著者含):高島 千代

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:近世薄村は何を生産していたか
    掲載誌名:『秩父事件研究・顕彰』、秩父事件研究顕彰協議会  17号
    掲載誌 発行年月:2011年03月
    著者氏名(共著者含):高島 千代

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:『自由新聞』と清仏戦争-「国辱」意識と対清認識のゆくえ(二)完
    掲載誌名:『法と政治』61巻1・2号(関西学院大学法政学会)
    掲載誌 発行年月:2010年07月
    著者氏名(共著者含):高島 千代

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:『自由新聞』と清仏戦争-「国辱」意識と対清認識のゆくえ(一)
    掲載誌名:『法と政治』60巻4号(関西学院大学法政学会)
    掲載誌 発行年月:2010年01月
    著者氏名(共著者含):高島 千代

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「自由新聞」と壬午事変-激化期自由党の「語り」
    掲載誌名:秩父事件研究顕彰協議会『秩父事件研究・顕彰』16号
    掲載誌 発行年月:2009年03月
    著者氏名(共著者含):高島 千代

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:明治時代史大辞典3
    出版機関名:吉川弘文館
    発行年月:2013年02月
    著者氏名(共著者含):高島 千代

    著書種別:事典・辞書
    著書形態:共編著

  • 記述言語:日本語
    著書名:明治時代史大辞典 2
    出版機関名:吉川弘文館
    発行年月:2012年07月
    著者氏名(共著者含):高島 千代

    著書種別:事典・辞書
    著書形態:共編著

  • 記述言語:日本語
    著書名:明治時代史大辞典 1 
    出版機関名:吉川弘文館
    発行年月:2011年11月
    著者氏名(共著者含):高島 千代

    著書種別:事典・辞書
    著書形態:共編著

  • 記述言語:日本語
    著書名:『自由民権の再発見』
    出版機関名: 
    発行年月:2006年05月
    著者氏名(共著者含):安在邦夫・田・公司

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:第六章「激化期『自由党』試論―群馬・秩父事件における『譌自由党』と『自由党』」
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:『秩父事件-圧制ヲ変ジテ自由ノ世界ヲ』
    出版機関名:pp.175-201
    発行年月:2004年08月
    著者氏名(共著者含):秩父事件研究顕彰協議会

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:第三章「秩父事件その後」
    著書形態:共著

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:文献紹介:家近良樹・飯塚一幸 編『杉田定一関係文書史料集』第一巻
    出版機関名:大阪歴史学会
    掲載誌名:ヒストリア  226号
    掲載誌 発行年月:2011年06月
    著者氏名(共著者含):高島 千代

    掲載種別:書評,文献紹介等
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:稲田雅洋『自由民権運動の系譜』
    出版機関名:町田市立自由民権資料館
    掲載誌名:『自由民権』  24号
    掲載誌 発行年月:2011年03月
    著者氏名(共著者含):高島 千代

    掲載種別:書評,文献紹介等
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:シンポジウム報告:地域自由党員と民権運動
    出版機関名:町田市立自由民権資料館
    掲載誌名:『自由民権』22号
    掲載誌 発行年月:2009年03月
    著者氏名(共著者含):高島 千代

    掲載種別:会議報告等
    共著区分:単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:喜多方事件130周年記念シンポジウム
    会議区分:国内会議
    開催期間:2012年11月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:「秩父事件研究・顕彰の現在」
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:シンポジウム「秩父事件と菊池貫平-TBSドラマ『菊池伝説殺人事件』をめぐって」
    会議区分:国内会議
    開催期間:2012年03月
    開催場所:秩父市福祉女性会館
    題目又はセッション名:「秩父事件と菊池貫平」
    発表形態:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:シンポジウム「民権運動再考Ⅱ地域から描く自由民権」
    会議区分:国内会議
    開催期間:2008年10月
    開催場所:町田市立自由民権資料館
    題目又はセッション名:「地域自由党員と民権運動」
    発表形態:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:法学研究科前期

    授業科目名:リサーチ演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:法学研究科前期

    授業科目名:リサーチ演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:共通教育センター

    授業科目名:人権教育科目002

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:共通教育センター

    授業科目名:人権教育科目003

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:基本演習

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:学部長室委員
    活動期間:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 活動名称:図書館副館長
    活動期間:2016年04月 ~ 2018年03月

  • 活動名称:人権教育科目(全学開講)・科目担当代表者
    活動期間:2014年04月 ~ 2018年03月

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:講演:尼崎市武庫公民館の武庫市民大学で、「日清・日露戦争と国民―「庶民」にとっての「坂の上の雲」」として講演を行った。
    活動期間:2012年07月

  • 活動名称:講演:尼崎市立花公民館で、「幕末・維新期を支えた人々Ⅰ~Ⅲ」として三回にわたり、江戸時代の「御仁政」意識、世直し段階の政治意識、神田孝平と維新の精神などについて話をした。
    活動期間:2010年09月 ~ 2010年10月

  • 活動名称:秩父事件研究顕彰協議会事務局
    活動期間:1999年01月 ~ 2013年03月