基本情報

写真b

尾鼻 靖子

OBANA Yasuko


職名

教授

研究分野・キーワード

言語学

プロフィール

語用論(ポライトネス), 照応関係

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:エジンバラ大学
    研究科名:言語学科
    専攻名:一般言語学

    修了課程:博士課程
    修了年月:1988年05月
    修了区分:修了
    所在国:グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

  • 大学院名:セントアンドリュース大学
    研究科名:言語学科
    専攻名:一般言語学

    修了課程:修士課程
    修了年月:1984年07月
    修了区分:修了
    所在国:グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士(言語学)
    学位の分野名:言語学
    学位授与機関名:セントアンドリュース大学
    取得方法:論文
    取得年月:1984年07月

  • 学位名:博士号
    学位の分野名:言語学
    学位授与機関名:エジンバラ大学(英国)
    取得方法:論文
    取得年月:1988年05月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 理工学部
    経歴名:教授
    職務期間:2007年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:関西学院大学 言語コミュニケーション文化研究科
    経歴名:教授
    職務期間:2008年04月 ~ 2016年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:International Pragmatics Association

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:社会言語科学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):言語学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:語用論, 社会言語学

    研究期間:2007年04月 ~ 継続中
    研究課題キーワード:ポライトネス、照応関係、視点と言語
    専門分野(科研費分類):言語学
    研究態様(個人・共同別)区分:個人研究
    研究制度:その他の研究制度

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:The Boundary between Syntax and Morphology with Especial Reference to Japanese
    学位授与年月:1988年05月
    著者氏名(共著者含):Yasuko Obana Skillen

    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Syntactic Properties of WA and GA in Japanese
    学位授与年月:1984年07月
    著者氏名(共著者含):Yasuko Obana

    共著区分:単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:授受表現「クレル」を使った皮肉・非難表現について:「クレル」の恩恵性を再考する
    掲載誌名:関西学院大学言語教育研究センター紀要 言語と文化  20号  (頁 1 ~ 15)
    掲載誌 発行年月:2017年03月
    著者氏名(共著者含):尾鼻 靖子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Japanese Honorifics re-re-visited
    掲載誌名:Journal of Politeness Research
    掲載誌 発行年月:2017年
    著者氏名(共著者含):YASUKO OBANA

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Speech Level Shifts in Japanese: A Different Perspective - The Application of Symbolic Interactionists' Theory
    掲載誌名:Pragmatics
    掲載誌 発行年月:2016年06月
    著者氏名(共著者含):Yasuko Obana

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:日本語の敬語再・再考:役割アイデンティティの観点から
    掲載誌名:関西学院大学言語教育研究センター紀要 言語と文化  19号  (頁 31 ~ 46)
    掲載誌 発行年月:2016年03月
    著者氏名(共著者含):尾鼻 靖子

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):言語学

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:感謝表現としての「ありがとう」と「すみません」の境界線 -シンボリック相互作用理論を適用してー
    掲載誌名:関西学院大学言語教育研究センター紀要 言語と文化  18巻  (頁 15 ~ 28)
    掲載誌 発行年月:2015年03月
    著者氏名(共著者含):尾鼻 靖子

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    著書名:Politeness
    出版機関名:Routledge
    発行年月:2017年12月
    著者氏名(共著者含):Patrick Heinrich (ed.)

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:Politeness
    著書形態:編著

  • 記述言語:英語
    著書名:Politeness in Japan, 2011, In: Daniel Kadar & Sara Mills (eds.) 'Politeness in East Asia', Cambridge, pp147-175 (Book chapter)
    出版機関名:Cambridge University Press
    発行年月:2011年09月
    著者氏名(共著者含):OBANA Yasuko

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:英語
    著書名:Understanding Japanese: A Handbook for Learners and Teachers(347ページ)
    出版機関名:くろしお出版
    発行年月:2000年04月
    著者氏名(共著者含):OBANA Yasuko

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 名称:招待講演:カナダMcMaster大学にて90分の講演を依頼された。題名:Comparative studies of politeness between Japanese and English stragetic planning
    活動期間(研究年月など):2008年10月

    研究活動区分:その他

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2015年04月 ~ 2017年03月
    研究題目:談話における話者の言葉の選択と役割理論

    研究内容:本申請の研究目的は、アイデンティティ理論のひとつである「シンボリック相互作用役割理論」を適用して、談話における話者の言葉の選択の背景を探ることである。従来の社会言語学や談話分析の分野では、国籍、民族、性差、職業、社会的地位などの社会的アイデンティティを談話から見い出すというのが通常である。しかし、話者の言葉の選択の背景には、それ以上の要素も多々存在する。例えば、会話の流れに由って話者が取るその場の立場や心理的役割が、ある一定の言語形式を選択するという現象も多くある。つまり、人は、その場その場でどんな役割を演じるかで言葉もそれに沿って選択するのである。当研究では、様々な場面での会話をデータに取り、そのデータを基に言葉の選択と「役割」(role)の相関作用を明らかにしたい。

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2011年04月 ~ 2014年03月
    研究題目:役割理論におけるポライトネス

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:International Pragmatics Conference
    会議区分:国際会議
    開催期間:2015年07月
    開催場所:Antwerp, Belgium
    題目又はセッション名:Japanese honorifics as the implementation of role-identities
    発表形態:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:International Janapese Studies Conference
    会議区分:国際会議
    開催期間:2014年09月
    開催場所:Christian University, Bucharest, Romania
    題目又はセッション名:Routine Formulae in Japanese: Social Conditions and Constraints on their Use
    発表形態:口頭(基調)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:8th Interantional Politeness Symposium
    会議区分:国際会議
    開催期間:2014年07月
    開催場所:The University of Huddersfield, UK
    題目又はセッション名:Request, Refusal and Apology in Japanese Phone Conversation: Patterns of Apologetic Expressions
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:13th International Pragmatics Conference
    会議区分:国際会議
    開催期間:2013年09月
    開催場所:New Delhi India Habitat Centre, India
    題目又はセッション名:Speech Level Shifts in Japanese and the Speaker's Dissociative Roles
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:Teaching and Learning (im)Politeness
    会議区分:国際会議
    開催期間:2013年07月
    開催場所:SOAS, The University of London, UK
    題目又はセッション名:Politeness as the Implementation of Roles: The Application of Symbolic Interactionism
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 実務区分:実務の経験を有する者についての特記事項
    活動名称:専門雑誌のBook Reviewの編集者
    活動期間:2015年04月 ~ 継続中

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:理工学研究科前期

    授業科目名:国際自然科学特論I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:理工学研究科前期

    授業科目名:国際自然科学特論II

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:科学技術英語A

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:科学技術英語A

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:科学技術英語B

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:学部長室委員
    活動期間:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 活動名称:学部長室委員
    活動期間:2015年04月 ~ 2016年03月

  • 活動名称:理工学部英語教員 (2007年より)
    活動期間:2013年04月 ~ 継続中

  • 活動名称:言語コミュニケーション研究科博士後期課程教員(2011年より)
    活動期間:2013年04月 ~ 2016年03月

  • 活動名称:言語コミュニケーション研究科博士前期課程教員(2008年より)
    活動期間:2013年04月 ~ 2014年03月

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:大手前高校の科学英語プレゼンの支援
    活動期間:2009年10月 ~ 継続中

    活動内容:高校生の国際大会に向けてのプレゼンを見学、コメントをする

  • 活動名称:在日外国人による日本語スピーチ大会の審査委員長
    活動期間:2008年02月 ~ 継続中