基本情報

写真b

山田 真裕

YAMADA Masahiro


職名

教授

研究分野・キーワード

政治学

プロフィール

政治参加,投票行動,政治行動,選挙行動

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:筑波大学
    学部(学系)名:第三学群
    学科・専攻等名:国際関係学類

    学校の種類:大学
    卒業年月:1988年
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

  • 学校名:筑波大学
    学部(学系)名:第三学群

    学校の種類:大学
    卒業年月:1988年
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

  • 学校名:筑波大学
    学部(学系)名:Graduate School, Division of Social Sciences

    学校の種類:大学
    卒業年月:1993年
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

  • 学校名:筑波大学
    学部(学系)名:社会科学研究科
    学科・専攻等名:政治学

    学校の種類:大学
    卒業年月:1993年
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 法学部 政治学科
    経歴名:教授
    職務期間:1996年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本政治学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本選挙学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:公共選択学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:アメリカ政治学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):政治学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:After Populism?: The Long and Winding Road to the Westminster Model
    掲載誌名:Japanese Political Science Review  3巻  (頁 1 ~ 13)
    掲載誌 発行年月:2016年
    著者氏名(共著者含):山田 真裕

    DOI:10.15545/3.1
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:有権者調査の現状と課題
    掲載誌名:法と政治  66巻  1号  (頁 91 ~ 107)
    掲載誌 発行年月:2015年
    著者氏名(共著者含):山田真裕

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「同日選挙の効果―茨城県知事選挙と衆議院総選挙」
    掲載誌名:『レヴァイアサン』  52巻  (頁 97 ~ 115)
    掲載誌 発行年月:2013年04月
    著者氏名(共著者含):山田 真裕

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:Didn’t it mean a thing if it ain't got that swing? Swing Voters and Accountability Mechanism in the Japanese Lower House Election 2009.
    掲載誌名:Dimensions of Development: East Asia in the Process of Change.  (頁 183 ~ 198)
    掲載誌 発行年月:2013年
    著者氏名(共著者含):Masahiro Yamada.

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「2009年衆院選におけるスゥィング・ヴォーターの政治的認知と政治的情報環境」
    掲載誌名:『政策科学』  『政策科学』19巻  3(通巻50号)号  (頁 163-178 ~ )
    掲載誌 発行年月:2012年03月
    著者氏名(共著者含):山田 真裕

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:政治参加と民主政治
    出版機関名:東京大学出版会
    発行年月:2016年
    著者氏名(共著者含):山田真裕

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

  • 記述言語:日本語
    著書名:日本人の考え方 世界の人の考え方―世界価値観調査から見えるもの
    出版機関名:勁草書房
    発行年月:2016年
    著者氏名(共著者含):山田真裕

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:社会・政治行動
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:日本人の考え方 世界の人の考え方―世界価値観調査から見えるもの
    出版機関名:勁草書房
    発行年月:2016年
    著者氏名(共著者含):山田真裕

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:政治に関する意識
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:知事選挙における敗北と県連体制の刷新―2009年茨城県知事選挙と自民党県連―, 日本政治学会編 年報政治学2011-Ⅱ 『政権交代期の「選挙区政治」』52-69.
    出版機関名:木鐸社
    発行年月:2011年12月
    著者氏名(共著者含):山田 真裕

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

  • 記述言語:日本語
    著書名:投票行動研究のフロンティア
    出版機関名:おうふう
    発行年月:2009年05月
    著者氏名(共著者含):山田 真裕

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

全件表示 >>

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:書評:荒井紀一郎著『参加のメカニズム:民主主義に適応する市民の動態』木鐸社,2014年
    掲載誌名:公共選択  64号  (頁 153 ~ 156)
    掲載誌 発行年月:2015年07月
    著者氏名(共著者含):山田 真裕

    掲載種別:書評,文献紹介等
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    題目:書評:白鳥浩編著『政権交代の政治学 地方から変わる日本政治』ミネルヴァ書房,2010年
    掲載誌名:選挙研究  27巻  1号  (頁 139 ~ 140)
    掲載誌 発行年月:2011年06月
    著者氏名(共著者含):山田 真裕

    掲載種別:書評,文献紹介等
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:二極化する日本政治学のブレイク・スルーを目指して
    掲載誌名:レヴァイアサン  48巻  (頁 183 ~ 186)
    掲載誌 発行年月:2011年04月
    著者氏名(共著者含):山田 真裕

    掲載種別:書評,文献紹介等
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:国会議員のリクルートメントと政治行動
    掲載誌名:レヴァイアサン  31巻  (頁 214 ~ 221)
    掲載誌 発行年月:2002年10月
    著者氏名(共著者含):山田 真裕

    掲載種別:書評,文献紹介等
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:政党組織の動態力学
    掲載誌名:レヴァイアサン 臨時増刊  (頁 184 ~ 190)
    掲載誌 発行年月:1996年
    著者氏名(共著者含):山田 真裕

    掲載種別:書評,文献紹介等
    共著区分:単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月
    研究題目:有権者の政治的無知・政治能力と政治文化の比較研究 (研究課題番号:26285036)

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:Asian Election Study Conference
    会議区分:国際会議
    開催期間:2016年10月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:Do Voters Prefer Gender Stereotypic Candidates? Evidence from a Conjoint Survey Experiment in Japan
    発表形態:口頭(招待・特別)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:APSA Annual Meeting
    会議区分:国際会議
    開催期間:2016年09月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:Non-informative Responses and Cultural Differences
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:Asian Election Studies Conference
    会議区分:国際会議
    開催期間:2014年10月
    開催場所:Sogang University, Seoul, South Korea
    題目又はセッション名:”Sanction and Party System: A Trial to Apply Valence Model to Escape from the DPJ in the 2012 Japanese Lower House Election."
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:Comparative Study of Electoral Systems
    会議区分:国際会議
    開催期間:2014年10月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:Status of Election Studies in Japan
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:2013年度日本選挙学会研究会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2014年05月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:有権者調査の現状と課題
    発表形態:口頭(招待・特別)

全件表示 >>

座談会等 【 表示 / 非表示

  • 名称:座談会: 「『選挙学会紀要』10号を振り返って」 , 選挙学会紀要/第10号/日本選挙学会
    開催期間:2008年05月
    参加者名:

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:コース導入演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:メディアと政治

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:法学研究科前期

    授業科目名:リサーチ演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:法学研究科前期

    授業科目名:リサーチ演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:政治学研究演習I

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:研究科副委員長
    活動期間:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 活動名称:C.O.D.委員会委員長
    活動期間:2015年04月 ~ 2016年03月

  • 活動名称:副学部長
    活動期間:2014年04月 ~ 2015年03月

  • 活動名称:学部教務副主任(1999-2000)
    活動期間:2013年04月 ~ 2014年03月

  • 活動名称:学長補佐(2008-2010)
    活動期間:2013年04月 ~ 2014年03月

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 学会・委員会:日本選挙学会
    役職・役割名:企画委員長(2012年度)
    活動期間:2011年05月 ~ 2012年05月

  • 学会・委員会:日本選挙学会
    役職・役割名:理事
    活動期間:2010年05月 ~ 2014年05月

  • 学会・委員会:日本選挙学会
    役職・役割名:理事
    活動期間:2010年05月 ~ 2012年04月

  • 学会・委員会:日本選挙学会
    役職・役割名:大会開催校
    活動期間:2010年05月 ~ 2011年05月

  • 学会・委員会:日本政治学会
    役職・役割名:2008年度日本政治学会大会実行委員長
    活動期間:2008年10月

全件表示 >>