基本情報

写真b

田中 裕幸

TANAKA Hiroyuki

所属
商学部 教授
兼務
言語コミュニケーション文化研究科
研究分野・キーワード
理論言語学, 生成文法, 統語論
プロフィール
人間の認知能力を取り扱う科学の一分野としての言語学、特に統語論(文の構成法)を中心に研究を行っています。様々な言語の文法は一見、恣意的に異なっているような印象を与えますが、よく見ると、偶然とは思えない「異なり方の偏り」があります。生成文法と呼ばれる言語の研究法では、各言語の文法を「人間言語」の文法の限られたバリエーションの一つと捉えることで、なぜ異なり方に偏りがあるのかという問題だけではなく、我々人間が言語を習得し、使用する能力がそもそもどういうものなのかという問題にもアプローチしようとしています。私はこのフレームワークに沿って、多くの言語に見られる格・一致の現象を手がかりに節構造について何が言えるかという問題に取り組んでいます。

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(文学)
    分野名:人文・社会 / 言語学
    授与機関名:大阪大学
    取得方法:論文
    取得年月:2006年05月

  • 学位名:修士(文学)
    分野名:人文・社会 / 言語学
    授与機関名:大阪大学
    取得方法:課程
    取得年月:1996年03月

  • 学位名:学士(言語・地域文化)
    分野名:人文・社会 / 言語学
    授与機関名:大阪外国語大学
    取得方法:課程
    取得年月:1994年03月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:関西学院大学
    部署名:商学部
    職名:教授
    年月:2012年04月 ~ 継続中

  • 所属:関西学院大学
    部署名:商学部
    職名:准教授
    年月:2007年04月 ~ 2012年03月

  • 所属:関西学院大学
    部署名:言語コミュニケーション文化研究科
    職名:大学院教員、2010年4月より博士課程前期課程指導教員、2016年4月より博士課程後期課程指導教員
    年月:2006年04月 ~ 継続中

  • 所属:関西学院大学
    部署名:商学部
    職名:助教授
    年月:2004年04月 ~ 2007年03月

  • 所属:関西学院大学
    部署名:商学部
    職名:専任講師
    年月:2001年04月 ~ 2004年03月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:日本英語学会
    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:関西言語学会
    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本言語学会
    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:アメリカ言語学会
    学会所在国:アメリカ合衆国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 言語学

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:OCACCS仮説に基づく英語虚辞構文の分析
    誌名:商学論究  70巻  4号  (頁 19 ~ 36)
    出版年月:2023年03月
    著者:田中 裕幸

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:単著
    専門分野:人文・社会 / 言語学,人文・社会 / 英語学

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:ABS = NOM 型および ABS = DEF 型能格言語の導出
    誌名:商学論究  70巻  1・2号  (頁 673 ~ 688)
    出版年月:2022年12月
    著者:田中 裕幸

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:単著
    専門分野:人文・社会 / 言語学

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Ergativity as a Natural Manifestation of the v > EA Base
    誌名:Proceedings of the Linguistic Society of America  7巻  1号
    出版年月:2022年04月
    著者:Hiroyuki Tanaka

    DOI:10.3765/plsa.v7i1.5254
    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)
    共著区分:単著
    専門分野:人文・社会 / 言語学

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:OCACCS 仮説と能格性
    誌名:商学論究  67巻  4号  (頁 53 ~ 70)
    出版年月:2020年03月
    著者:田中 裕幸

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:単著
    専門分野:人文・社会 / 言語学

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:与格名詞句としてのPRO
    誌名:言語と文化  13号  (頁 29 ~ 43)
    出版年月:2018年03月
    著者:田中 裕幸

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:単著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    会議名:30th Japanese/Korean Linguistics Conference
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2023年03月
    発表年月日:2023年03月13日
    開催地:Vancouver, BC, Canada
    タイトル:A Bottom-Up View of Nominative-Genitive Conversion in Japanese
    会議種別:ポスター発表

  • 記述言語:英語
    会議名:The 96th Annual Meeting of the Linguistic Society of America
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2022年01月
    開催地:Held virtually and at the Washington Hilton, Washington, DC, USA
    タイトル:Ergativity as a Natural Manifestation of the v > EA Base
    会議種別:ポスター発表
    専門分野:人文・社会 / 言語学

  • 記述言語:英語
    会議名:The 92nd Annual Meeting of the Linguistic Society of America
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2018年01月
    開催地:Salt Lake City, Utah, USA
    タイトル:The Derivation of Passives and the Height of v Relative to the External Argument
    会議種別:ポスター発表

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本英文学会関西支部 第 8 回大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2013年12月
    開催地:龍谷大学
    タイトル:統語関係構築の不全とその形態的反映
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:英語
    会議名:関西言語学会第35回大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2010年06月
    開催地: 
    タイトル:The Syntax of Dative Donor Verbs in Japanese
    会議種別:口頭発表(一般)

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2023年度(西暦)

    提供部署名:商学部

    授業科目名:教養演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2023年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:理論英語学資料研究

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2023年度(西暦)

    提供部署名:商学部

    授業科目名:英作文(特)B

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2023年度(西暦)

    提供部署名:商学部

    授業科目名:英語II(リーディング)

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2023年度(西暦)

    提供部署名:商学部

    授業科目名:英語II(リーディング)

    授業形式:代表者

全件表示 >>

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:言語コミュニケーション文化研究科委員長
    活動期間:2022年04月 ~ 2024年03月

  • 活動名称:教務機構言語教育研究センター長
    活動期間:2022年04月 ~ 2024年03月

  • 活動名称:学生活動支援機構長補佐(学生副部長)
    活動期間:2020年04月 ~ 2022年03月

  • 活動名称:商学部副学部長
    活動期間:2018年04月 ~ 2020年03月

  • 活動名称:商学部学部長室委員
    活動期間:2016年04月 ~ 2017年03月

全件表示 >>