基本情報

写真b

田中 裕幸

TANAKA Hiroyuki

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(文学)
    分野名:人文・社会 / 言語学
    授与機関名:大阪大学
    取得方法:論文
    取得年月:2006年05月

  • 学位名:修士(文学)
    分野名:人文・社会 / 言語学
    授与機関名:大阪大学
    取得方法:課程
    取得年月:1996年03月

  • 学位名:学士(言語・地域文化)
    分野名:人文・社会 / 言語学
    授与機関名:大阪外国語大学
    取得方法:課程
    取得年月:1994年03月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:関西学院大学
    部署名:商学部
    職名:専任講師
    年月:2001年04月 ~ 2004年03月

  • 所属:関西学院大学
    部署名:商学部
    職名:助教授
    年月:2004年04月 ~ 2007年03月

  • 所属:関西学院大学
    部署名:商学部
    職名:准教授
    年月:2007年04月 ~ 2012年03月

  • 所属:関西学院大学
    部署名:商学部
    職名:教授
    年月:2012年04月 ~ 継続中

  • 所属:関西学院大学
    部署名:言語コミュニケーション文化研究科
    職名:大学院教員、2010年4月より博士課程前期課程指導教員、2016年4月より博士課程後期課程指導教員
    年月:2006年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:アメリカ言語学会

    学会所在国:アメリカ合衆国

  • 所属学協会名:日本言語学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本英語学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:関西言語学会

    学会所在国:日本国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 言語学

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:ABS = NOM 型および ABS = DEF 型能格言語の導出
    誌名:商学論究  70巻  1・2号  (頁 673 ~ 688)
    出版年月:2022年12月
    著者:田中 裕幸

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    専門分野:人文・社会 / 言語学

  • 記述言語:英語
    タイトル:Ergativity as a Natural Manifestation of the v > EA Base
    誌名:Proceedings of the Linguistic Society of America  7巻  1号
    出版年月:2022年04月
    著者:Hiroyuki Tanaka

    DOI:10.3765/plsa.v7i1.5254
    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)
    共著区分:単著
    専門分野:人文・社会 / 言語学

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:OCACCS 仮説と能格性
    誌名:商学論究  67巻  4号  (頁 53 ~ 70)
    出版年月:2020年03月
    著者:田中 裕幸

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:単著
    専門分野:人文・社会 / 言語学

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:与格名詞句としてのPRO
    誌名:言語と文化  13号  (頁 29 ~ 43)
    出版年月:2018年03月
    著者:田中 裕幸

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:素性循環性と照合子・被照合子間の非対称性
    誌名:商学論究  64巻  6号  (頁 75 ~ 88)
    出版年月:2017年03月
    著者:田中 裕幸

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:単著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    会議名:The 96th Annual Meeting of the Linguistic Society of America
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2022年01月
    開催地:Held virtually and at the Washington Hilton, Washington, DC, USA
    タイトル:Ergativity as a Natural Manifestation of the v > EA Base
    会議種別:ポスター発表
    専門分野:人文・社会 / 言語学

  • 記述言語:英語
    会議名:The 92nd Annual Meeting of the Linguistic Society of America
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2018年01月
    開催地:Salt Lake City, Utah, USA
    タイトル:The Derivation of Passives and the Height of v Relative to the External Argument
    会議種別:ポスター発表

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本英文学会関西支部 第 8 回大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2013年12月
    開催地:龍谷大学
    タイトル:統語関係構築の不全とその形態的反映
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:英語
    会議名:関西言語学会第35回大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2010年06月
    開催地: 
    タイトル:The Syntax of Dative Donor Verbs in Japanese
    会議種別:口頭発表(一般)

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:理論英語学資料研究

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:商学部

    授業科目名:英作文(特)A

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:商学部

    授業科目名:英作文(特)B

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:商学部

    授業科目名:英語II(リーディング)

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:商学部

    授業科目名:英語II(リーディング)

    授業形式:代表者

全件表示 >>

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:言語コミュニケーション文化研究科委員長・言語教育研究センター長
    活動期間:202204(年月) ~ 継続中

  • 活動名称:教務機構言語教育研究センター長
    活動期間:202204(年月) ~ 202303(年月)

  • 活動名称:言語コミュニケーション文化研究科委員長
    活動期間:202204(年月) ~ 202303(年月)

  • 活動名称:学生活動支援機構長補佐(学生副部長)
    活動期間:202004(年月) ~ 202203(年月)

  • 活動名称:商学部副学部長
    活動期間:201804(年月) ~ 202003(年月)

全件表示 >>