基本情報

写真b

鈴木 修

SUZUKI Osamu


職名

教授

研究分野・キーワード

経営戦略

プロフィール

【キーワード】 イノベーション・マネージメント,組織学習,explorationとexploitation
【研究内容 】 持続的にイノベーションを生み出す組織では,知識の蓄積や転用,組織成員の意識改革,経営資源の戦略的な配分,などに,どのような特徴が見られるのだろうか。探索(exploration)的な志向を持つ活動と,活用(exploitation)的な志向を持つ活動との間のバランスのとり方,両者の相互関係を切り口に実証面に重点を置いて研究活動を行なっている。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:商学博士
    学位の分野名:商学
    学位授与機関名:一橋大学
    取得方法:課程
    取得年月:2008年03月

  • 学位名:MBA
    学位の分野名:経営学
    学位授与機関名:Stanford University, Graduate School of Business
    取得方法:課程
    取得年月:1998年06月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 経営戦略研究科 経営戦略専攻
    経歴名:教授
    職務期間:2008年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:The Academy of Management

    学会所在国:アメリカ合衆国

  • 所属学会:Strategic Management Society

    学会所在国:アメリカ合衆国

  • 所属学会:日本経営学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:研究・技術計画学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:組織学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):経営学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:組織スラックと組織成果との関係に関する実証研究
    掲載誌名:日本経営学会誌  35号  (頁 41 ~ 53)
    掲載誌 発行年月:2015年07月
    著者氏名(共著者含):鈴木修

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Revisiting the Construct Validity of Exploration and Exploitation
    掲載誌名:Social Sciences Review  21巻  (頁 11 ~ 26)
    掲載誌 発行年月:2017年02月
    著者氏名(共著者含):Osamu SUZUKI

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「探索」と「活用」の構成概念を再考する必要性に関する一考察
    掲載誌名:日本経営学会誌  近刊巻
    掲載誌 発行年月:2017年
    著者氏名(共著者含):鈴木修

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Organizational slack, search antecedents, and R&D: A review of prior literature
    掲載誌名:Kwansei Gakuin University Social Sciences Review  20巻  (頁 43 ~ 61)
    掲載誌 発行年月:2016年03月
    著者氏名(共著者含):Osamu SUZUKI

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Unpacking performance benefits of innovation ambidexterity: Evidence from the pharmaceutical industry
    掲載誌名:Management Revue  26巻  4号  (頁 328 ~ 348)
    掲載誌 発行年月:2015年12月
    著者氏名(共著者含):Osamu Suzuki

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:クラウゼヴィッツの戦略思考―『戦争論』に学ぶリーダーシップと決断の本質, (Clausewitz, Carl Von, Tiha Von Ghyczy, Bolko Von Oetinger and Christopher Bassford (2001) Clausewitz on Strategy: Inspriation and Insight from a Master Strategist の和訳・加筆)
    出版機関名:ダイヤモンド社
    発行年月:2002年04月
    著者氏名(共著者含):鈴木 修

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共訳

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:ケース:新日本製鐵:コークス炉化学原料化法による廃プラスチック処理技術の開発と事業化
    掲載誌名:一橋ビジネスレビュー,Vol.61, No.3 (2013冬号), pp.152-165.
    掲載誌 発行年月:2013年12月
    著者氏名(共著者含):鈴木 修

    掲載種別:総説・解説(大学・研究所紀要)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    題目:ケース:デンソーウェーブ QRコードの開発・事業化
    掲載誌名:『一橋ビジネスレビュー』 Vol.58, No.1, pp.122-140.
    掲載誌 発行年月:2010年06月
    著者氏名(共著者含):鈴木 修

    掲載種別:総説・解説(大学・研究所紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:ケース:ビットワレット:電子マネー市場の創造と事業戦略の構築
    掲載誌名:『一橋ビジネスレビュー』Vol.57,No.1,pp.82-102
    掲載誌 発行年月:2009年06月
    著者氏名(共著者含):鈴木 修

    掲載種別:総説・解説(大学・研究所紀要)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    題目:ケース:シチズン時計 電波腕時計の開発・事業化過程
    掲載誌名:『一橋ビジネスレビュー』 Vol.56,No.3,pp.122-141.
    掲載誌 発行年月:2008年12月
    著者氏名(共著者含):鈴木 修

    掲載種別:総説・解説(大学・研究所紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    題目:ケース:The PC-based Desktop Videoconferencing Systems Industry in 1998
    出版機関名:McGraw Hill Higher Education
    掲載誌名: Burgelman, Robert A., Clayton M. Christensen, Steven C. Wheelwright and Modesto A. Maidique (eds.) Strategic Management of Technology and Innovation (4th edn) pp.330-348
    掲載誌 発行年月:2003年10月
    著者氏名(共著者含):SUZUKI Osamu

    掲載種別:総説・解説(学術雑誌)
    共著区分:共著

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 名称:Reviewer:International Journal of Innovation Management
    活動期間(研究年月など):2014年02月 ~ 2014年03月

    研究活動区分:その他

  • 名称:Reviewer:Annual Conferenece of Academy of Management
    活動期間(研究年月など):2014年01月 ~ 2014年02月

    研究活動区分:その他

  • 名称:レフリー:研究 技術 計画(研究・技術計画学会誌)
    活動期間(研究年月など):2013年03月 ~ 2013年04月

    研究活動区分:その他

  • 名称:レフリー:日本知財学会誌
    活動期間(研究年月など):2013年02月 ~ 2013年03月

    研究活動区分:その他

  • 名称:Reviewer:Annual Conference, Academy of Management
    活動期間(研究年月など):2013年01月 ~ 2013年02月

    研究活動区分:その他

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:日本経営学会賞 論文部門
    受賞年月:2015年09月03日
    受賞国:日本国
    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞
    授与機関:日本経営学会
    受賞者・受賞グループ名:鈴木修

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本経営学会第91回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2017年08月 ~ 2017年09月
    開催場所:岡山大学津島キャンパス
    題目又はセッション名:組織スラックとイノベーションとの関係に関する実証研究
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:2017年度 組織学会研究発表大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2017年06月
    開催場所:滋賀大学彦根キャンパス
    題目又はセッション名:「活用」と「探索」の構成概念に関する考察
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本経営学会第90回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2016年09月
    開催場所:専修大学神田キャンパス
    題目又はセッション名:組織スラックは、経営者の属性と研究開発活動の関係にどう影響するのか
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:2016年度組織学会研究発表大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2016年06月
    開催場所:兵庫県立大学神戸商科キャンパス
    題目又はセッション名:Organizational ambidexterityの境界条件に関する実証研究
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本経営学会 第 89 回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2015年09月
    開催場所:熊本学園大学
    題目又はセッション名:組織スラックと研究開発活動の関係に関する実証研究
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:経営戦略研究科

    授業科目名:Designing Organizational Systems

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:経営戦略研究科

    授業科目名:Designing Organizational Systems

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:経営戦略研究科

    授業科目名:Group Research Project

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:経営戦略研究科

    授業科目名:Group Research Project

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:経営戦略研究科

    授業科目名:Individual Research

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:研究科長補佐
    活動期間:2015年04月 ~ 2017年03月