基本情報

写真b

中野 陽子

NAKANO Youko

職名
教授
研究分野・キーワード
心理言語学, 文処理,第二言語習得
研究概要
キーワード<心理言語学、統語解析、psycholinguistics, sentence processing> わたしたちは、無意識に、日本語を話したり、理解したりしている。最近の研究では、文を理解する過程には、なにか一定の法則があるということが英語やドイツ語などさまざまな言語でわかり始めてきた。私は実験を通して、私たちが日本語をどのように理解しているのか、外国語をどのように理解しているのか、を調査している。また日本に来ている外国人が、日本語をどのように理解しているかについても調査を行っている。最近は、記憶が日本語や外国語の理解過程にどのような影響をあたえるのかについても調べ始めた。このような研究は、私たちが外国語を身につけるための大きなヒントになるのでは、と期待している。 研究活動等については、https://sites.google.com/site/nakanoyokopsyling/ や http://psyling.in.coocan.jp/Yoko_Nakanos_Psycholinguistic_Web_Site/Welcome.htmlのサイトも参照してください。

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:コロンビア大学(Columbia University)
    研究科名:言語教育研究科
    専攻名:英語教授法

    修了課程:修士課程
    修了年月:1991年03月
    修了区分:修了
    所在国:アメリカ合衆国

  • 大学院名:コロンビア大学(Columbia University)
    研究科名:人文学研究科
    専攻名:応用言語学

    修了課程:修士課程
    修了年月:1992年10月
    修了区分:修了
    所在国:アメリカ合衆国

  • 大学院名:エセックス大学(University of Essex)
    研究科名:言語学部
    専攻名:心理言語学・神経言語学

    修了課程:博士課程
    修了年月:2003年
    修了区分:修了
    所在国:グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:文学修士(英語教授法)
    学位の分野名:外国語教育
    学位授与機関名:コロンビア大学(Columbia University)
    取得方法:課程
    取得年月:1991年05月

  • 学位名:教育修士(応用言語学)
    学位の分野名:外国語教育
    学位授与機関名:コロンビア大学(Columbia University)
    取得方法:課程
    取得年月:1992年10月

  • 学位名:博士(心理言語学・神経言語学)
    学位の分野名:言語学
    学位授与機関名:エセックス大学(University of Essex)
    取得方法:課程
    取得年月:2003年10月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 人間福祉学部
    経歴名:教授
    職務期間:2008年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:関西学院大学 言語コミュニケーション文化研究科
    経歴名:教授
    職務期間:2008年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先名:コロンビア大学
    所属部署名:東洋言語文化学部日本言語文化学科
    経歴名:ティーチング・アシスタント
    経歴期間:1991年01月 ~ 1992年03月

  • 所属(勤務)先名:星美学園短期大学
    所属部署名:国文学科
    経歴名:非常勤講師
    経歴期間:1992年04月 ~ 1993年03月

  • 所属(勤務)先名:星美学園短期大学
    所属部署名:国文学科
    経歴名:専任講師
    経歴期間:1993年04月 ~ 1996年03月

  • 所属(勤務)先名:ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン
    所属部署名:心理学部
    経歴名:リサーチアシスタント
    経歴期間:2000年11月 ~ 2001年05月

  • 所属(勤務)先名:京都工芸繊維大学
    経歴名:非常勤講師
    経歴期間:2003年04月 ~ 2004年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:大学英語教育学会(JACET)

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:関西心理言語学研究会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本認知科学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:言語科学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本言語学会

    学会所在国:日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):心理言語学

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Antecedent Reactivation in Japanese Scrambnling Constructions, Doctoral Dissertation, University of Essex
    学位授与年月:2003年
    著者氏名(共著者含):Yoko NAKANO

    共著区分:単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Morpho-Orthographic Segmentation in Japanese Deadjectival Nouns
    掲載誌名:電子情報通信学会技術研究報告  119巻
    掲載誌 発行年月:2019年07月
    著者氏名(共著者含):Yoko NAKANO and Kentaro KISHIMOTO

    掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:日本語の派生語の視覚的処理における書記形態分解と漢字活性化
    掲載誌名:日本言語学会第158回大会予稿集  (頁 335 ~ 341)
    掲載誌 発行年月:2019年06月
    著者氏名(共著者含):中野陽子、岸本健太

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:The Impact of Interaction with Foreign Students on L2 Motivation, Attitudes, and Selves
    掲載誌名:Human Welfare  11巻  1号  (頁 145 ~ 159)
    掲載誌 発行年月:2019年03月
    著者氏名(共著者含):Mariko Kawaaki, Samuel Haugh, Yoko Nakano and Seishirou Ibaraki

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Linguistic Generalization in Producing Volitional Verb Forms in L1 and L2 Japanese
    掲載誌名:電子情報通信学会技術研究報告  118巻  163号  (頁 43 ~ 47)
    掲載誌 発行年月:2018年07月
    著者氏名(共著者含):Yoko NAKANO and Kentaro KISHIMOTO

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Linguistic Generalization in Producing Past-Tense Verb Forms in L1 and L2 Japanese
    掲載誌名:電子情報通信学会技術研究報告  117巻  149号  (頁 51 ~ 55)
    掲載誌 発行年月:2017年07月
    著者氏名(共著者含):Yoko Nakano

    掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):言語学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:「パソコンがあればできる! ことばの実験研究の方法―容認性調査、読文・産出実験からコーパスまで
    出版機関名:ひつじ書房
    発行年月:2019年07月
    著者氏名(共著者含):中谷健太郎、青木奈津乃、中野陽子、田中幹大、浅原正幸、木戸康人

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:第5章 語異性判断課題を使った実験
    著書形態:分担執筆

  • 記述言語:英語
    著書名:Methods in Bilingual Reading Comprehension Research, The Bilingual Mind and Brain Book Series 1
    出版機関名:Springer
    発行年月:2016年10月
    著者氏名(共著者含):(Eds. ) Roberto R. Heredia, Jeanette Altarriba, Anna B. Cieślicka. Written by Dieter Hillert, Yoko Nakano

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:Second Language Sentence Processing: Psycholinguistic and Neurobiological Research Paradigms
    著書形態:共著

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:英語コミュニケーションにおけるメディア教材の効果 
    掲載誌名:2009年度研究成果報告 共同研究、関西学院大学
    掲載誌 発行年月:2010年09月
    著者氏名(共著者含):中野 陽子

    掲載種別:会議報告等
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:日本語のかき混ぜ構文における項とヘッドの依存関係の成立
    掲載誌名:科学研究補助金研究成果報告書
    掲載誌 発行年月:2009年05月
    著者氏名(共著者含):中野 陽子

    掲載種別:会議報告等
    共著区分:単著

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 名称:研究会発足:関西心理言語学研究会
    活動期間(研究年月など):2010年04月

    研究活動区分:その他

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2015年10月 ~ 2019年03月
    研究題目:文処理における予測に対する文脈情報の影響

  • 研究種目:基盤研究(A)
    研究期間:2013年04月 ~ 2014年03月
    研究題目:事象関連電位を用いた日本語文理解研究の基盤構築

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2012年04月 ~ 2015年03月
    研究題目:文処理における文脈情報の影響

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2011年04月 ~ 2015年03月
    研究題目:英語シャドーイング・音読の認知過程とその効果:NIRSによる脳内処理機構の解明(研究課題番号23320124)研究分担者

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2009年04月 ~ 2012年03月
    研究題目:第二言語における文処理方略の習得段階に関する研究

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 研究題目:「英語コミュニケーションにおけるメディア教材の効果」
    研究期間:2009年04月 ~ 2010年03月
    相手先機関名: 
    共同研究区分:学内共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:MAPLL-TCP-TL2019
    会議区分:国際会議
    開催期間:2019年07月
    開催場所:甲南大学
    題目又はセッション名:Morpho-Orthographic Segmentation in Japanese Deadjectival Nouns
    発表形態:ポスター(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本言語学会第158回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2019年06月
    開催場所:一橋大学
    題目又はセッション名:日本語の派生語の視覚的処理における書記形態分解と漢字活性化
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:MAPLL-TCP-TL2018
    会議区分:国際会議
    開催期間:2018年07月
    開催場所:慶応大学
    題目又はセッション名:Linguistic Generalization in Producing Volitional Verb Forms in L1 and L2 Japanese
    発表形態:ポスター(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:MAPLL-TCP-TL2017
    会議区分:国際会議
    開催期間:2017年07月
    開催場所:国立国語研究所
    題目又はセッション名:Linguistic Generalization in Producing Past-Tense Verb Forms in L1 and L2 Japanese
    発表形態:ポスター(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:The Tenth International Conference on Mental Lexicon
    会議区分:国際会議
    開催期間:2016年10月
    開催場所:University of Ottawa Ottawa, ON, Canada
    題目又はセッション名:The role of the writing system in the processing of complex words: A masked-priming study on Japanese
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:言語コミュニケーション後期

    授業科目名:リサーチセミナー

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:言語コミュニケーション後期

    授業科目名:リサーチセミナー

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:言語コミュニケーション後期

    授業科目名:個別研究指導

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:言語コミュニケーション後期

    授業科目名:個別研究指導

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:言語コミュニケーション前期

    授業科目名:心理言語学

    授業形式:代表者

全件表示 >>

作成した教科書、教材、参考書 【 表示 / 非表示

  • タイトル:Real Writing: From structured paragraph to complete essay, Nan'Un-Do, Tokyo
    活動期間:2019年04月 ~ 継続中

  • タイトル:English for Human Welfare Studies 朝日出版, 東京
    活動期間:2015年04月 ~ 継続中

  • タイトル:Living in Society: From People to Persons、南雲堂, 東京
    活動期間:2012年04月 ~ 継続中

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:学部長補佐
    活動期間:2014年04月 ~ 2016年03月

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 学会・委員会:関西言語学会
    役職・役割名:委員
    活動期間:2015年 ~ 継続中

  • 学会・委員会:関西心理言語学研究会
    役職・役割名:世話人
    活動期間:2011年 ~ 継続中