基本情報

写真b

岡村 隆

OKAMURA Takashi


職名

教授

研究分野・キーワード

重力理論、宇宙論、量子論(量子系の古典化問題)

メールアドレス

メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:東北大学
    学部(学系)名:理学部
    学科・専攻等名:物理学第二学科

    学校の種類:大学
    卒業年月:1989年03月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:京都大学
    研究科名:理学研究科
    専攻名:物理学第二専攻

    修了課程:修士課程
    修了年月:1991年03月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

  • 大学院名:京都大学
    研究科名:理学研究科
    専攻名:物理学第二専攻

    修了課程:博士課程
    修了年月:1994年03月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:京都大学博士(理学)
    学位の分野名:素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理
    学位授与機関名:京都大学
    取得方法:課程
    取得年月:1994年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 理工学部 物理学科
    経歴名:教授
    職務期間:2002年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本物理学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Kibble-Zurek scaling in holography
    掲載誌名:Physical Review D  95巻  (頁 106009 ~ )
    掲載誌 発行年月:2017年05月
    著者氏名(共著者含):Makoto Natsuume and Takashi Okamura

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Holographic superfluid flows with a localized repulsive potential
    掲載誌名:Physical Review D  94巻  (頁 046007 ~ )
    掲載誌 発行年月:2016年08月
    著者氏名(共著者含):Akihiro Ishibashi, Kengo Maeda, and Takashi Okamura

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:The enhanced holographic superconductor: is it possible?
    掲載誌名:Journal of High Energy Physics  139 巻
    掲載誌 発行年月:2013年08月
    著者氏名(共著者含):Makoto Natsuume and Takashi Okamura

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:The Incompressible Rindler fluid versus the Schwarzschild-AdS fluid.
    掲載誌名:Progress of Theoretical and Experimental Physics  023B01号
    掲載誌 発行年月:2013年02月
    著者氏名(共著者含):Yoshinori Matsuo, Makoto Natsuume, Masahiro Ohta, and Takashi Okamura

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Inhomogeneous charged black hole solutions in asymptotically anti-deSitter spacetime.
    掲載誌名:Physical Review D  85巻  (頁 066003 ~ )
    掲載誌 発行年月:2012年03月
    著者氏名(共著者含):Kengo Maeda, Takashi Okamura, and Jun-ichirou Koga

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2011年04月 ~ 継続中
    研究題目:超弦理論の現実的な強結合系への応用

    研究内容:超弦理論のAdS/CFT双対性は,強結合の場の理論はブラックホールと等価だと主張し,ブラックホールによる強結合系の解析の可能性を開いた.本研究の目的は,理論的な計算がこれまで困難であった QCDや強相関の物性系に,AdS/CFT双対性を応用することである.
    近年,強力な光照射によって相転移現象を自在に制御する試みが行われているが,このような状態にある強相関系の解明には,非線形・非平衡状態の理解が必要である.AdS/CFTにおいても,様々な系の基本的な非平衡現象が議論されてきたが,これまでは,主に線形かつ断熱的な変化であり,非線形・非断熱的な非平衡現象は調べ始められたばかりである.そこで,本研究では,AdS/CFTを用いたより一般的な非平衡現象の調査を主な目的とする.

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2008年04月 ~ 2011年03月
    研究題目:超弦理論によるクォーク・グルーオン・プラズマの物理

    研究内容:本研究では、超弦理論のAdS/CFT双対性をクォーク・グルーオン・プラズマや強相関の物性系といった現実の物理系へと応用した。これらの系では強結合の物理の理解が必須であるために、理論的な計算はこれまで困難であった。AdS/CFT双対性によると、強結合の場の理論はブラックホールと等価だとされ、ブラックホールによるこれらの物理の解析の可能性が開かれた。本研究では、特に(1)因果的流体力学の解析、(2)二次相転移点での臨界現象の解析、(3)強結合超伝導系への応用について成果をあげた。

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2006年04月 ~ 2009年03月
    研究題目:長距離相互作用系の非平衡統計熱力学の構築

    研究内容:非加法的Tsallisエントロピーを用いて重力多体系に代表される長距離相互作用系の非平衡進化について研究した.これらの系は準定常状態を経由して熱平衡状態に漸近してゆく.数値シミュレーションにより,この準定常状態はTsallisエントロピーの極値を与えるポリトロープ状態の系列とし理解できること明らかになった.さらに,非平衡進化はポリトロープ指数の時間発展として記述され,その発展方程式を導出することに成功した.

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:集中講義
    会議区分:国内会議
    開催期間:2012年10月 ~ 2012年11月
    開催場所:大阪市立大学 大学院理学研究科
    題目又はセッション名:集中講義『曲がった時空上の量子場』入門
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:集中講義
    会議区分:国内会議
    開催期間:2010年03月
    開催場所:京都大学基礎物理学研究所
    題目又はセッション名:集中講義「重力屋のためのゲージ/重力対応入門」
    発表形態:口頭(一般)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:サブゼミ

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:卒業実験及び演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:基礎物理学演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:外国書講読

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:理工学研究科前期

    授業科目名:文献演習

    授業形式:代表者

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 授業科目名:基礎物理学
    機関名:関西学院大学

  • 授業科目名:物理学演習
    機関名:関西学院大学

  • 授業科目名:解析力学
    機関名:関西学院大学

  • 授業科目名:量子力学
    機関名:関西学院大学

  • 授業科目名:関数論
    機関名:関西学院大学

その他特記事項 【 表示 / 非表示

  • タイトル:大阪市立大学大学院 集中講義講師
    活動期間:2012年10月 ~ 2012年11月

  • タイトル:京都大学基礎物理学研究所 集中講義講師
    活動期間:2010年03月

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:学部長室委員
    活動期間:2014年04月 ~ 2015年03月