基本情報

写真b

小野 久江

ONO Hisae


職名

教授

研究分野・キーワード

精神医学

プロフィール

<研究> 精神医学、臨床心理学 <専門医資格> 精神保健指定医、日本臨床精神神経薬理学会専門医・指導医、日本内科学会認定内科医、産業医など。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:神戸大学
    学部(学系)名:医学部

    学校の種類:大学
    卒業年月:1990年03月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 文学部 総合心理科学科
    経歴名:教授
    職務期間:2009年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先名:神戸大学大学院 精神医学分野
    経歴名:研究員
    経歴期間:2003年07月 ~ 2010年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本精神神経学会(専門医・指導医)

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本うつ病学会(評議員)

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本臨床精神神経薬理学会(評議員)(専門医・指導医)

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本生物学的精神医学会(評議員)

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本自殺予防学会

    学会所在国:日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):臨床心理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Association between catechol-O-methyltransferase functional polymorphism and male suicide completers.
    掲載誌名:Neuropsychopharmacology.  29巻  7号  (頁 1374 ~ 1377)
    掲載誌 発行年月:2004年07月
    著者氏名(共著者含):Ono H, Shirakawa O, Nushida H, Ueno Y, Maeda K.

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Tryptophan hydroxylase immunoreactivity is altered by the genetic variation in postmortem brain samples of both suicide victims and controls
    掲載誌名:Mol Psychiatry.  7巻  10号  (頁 1127 ~ 1132)
    掲載誌 発行年月:2002年07月
    著者氏名(共著者含):Ono H, Shirakawa O, Kitamura N, Hashimoto T, Nishiguchi N, Nishimura A, Nushida H, Ueno Y, Maeda K.

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Lack of an association between 5-HT receptor gene polymorphisms and suicide victims.
    掲載誌名:Psychiatry Clin Neurosci.  59巻  3号  (頁 345 ~ 349)
    掲載誌 発行年月:2005年06月
    著者氏名(共著者含):Okamura K, Shirakawa O, Nishiguchi N, Ono H, Nushida H, Ueno Y, Maeda K.

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Novel missense polymorphism in the regulator of G-protein signaling 10 gene: analysis of association with schizophrenia.
    掲載誌名:Psychiatry Clin Neurosci.  58巻  5号  (頁 571 ~ 581)
    掲載誌 発行年月:2004年10月
    著者氏名(共著者含):Okamura K, Shirakawa O, Nishiguchi N, Ono H, Nushida H, Ueno Y, Maeda K.

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Mutation and association analysis of the DAP-1 gene with schizophrenia.
    掲載誌名:Psychiatry Clin Neurosci.  57巻  5号  (頁 545 ~ 547)
    掲載誌 発行年月:2003年10月
    著者氏名(共著者含):Aoyama S, Shirakawa O, Ono H, Hashimoto T, Kajimoto Y, Maeda K.

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:自殺企図 その病理と予防・管理
    出版機関名:樋口輝彦編集Page 230-239 永井書店、東京、2003年
    発行年月:2003年04月
    著者氏名(共著者含):小野 久江

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:最近の精神医療における問題について
    出版機関名:神戸大学医学部精神神経科
    掲載誌名:神戸大学医学部精神神経科 医局会・同門会誌
    掲載誌 発行年月:2017年01月
    著者氏名(共著者含):小野久江

    掲載種別:その他記事
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:寄稿:はじめての対人関係療法
    掲載誌名:あゆみ 第107号 2-6  , あゆみの会機関紙, 2013年8月11日発行
    掲載誌 発行年月:2013年08月
    著者氏名(共著者含):小野 久江

    掲載種別:総説・解説(その他)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:関西学院大学教職員のメンタルヘルス状態と睡眠の関係
    掲載誌名:CAMPUS HEALTH 48(1)496-496
    掲載誌 発行年月:2011年02月
    著者氏名(共著者含):森川英子、小野久江、磯部直彦、高山聡美、近江戸貴子、東千恵、中西美和、谷口典男、保坂直昭、佐藤洋、円山アンナ、久保田稔

    掲載種別:調査報告書
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    題目:寄稿:「自殺予防はこころの病気の予防と治療から」
    掲載誌名:ひょうご人権ジャーナル きずな 2010年7号
    掲載誌 発行年月:2010年07月
    著者氏名(共著者含):小野 久江

    掲載種別:総説・解説(その他)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:関西学院大学新入生のメンタルヘルスの自覚症状について
    掲載誌名:CAMPUS HEALTH , 2010.2 47(1), 325-326
    掲載誌 発行年月:2010年02月
    著者氏名(共著者含):森川英子、小野久江、高山聡美、小福秀子、宮崎亜希子、中西美和、東千恵、岸本通彦、谷口典男、円山アンナ、久保田稔

    掲載種別:調査報告書
    共著区分:共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:平成26年度科研費の審査委員表彰
    受賞年月:2015年10月31日
    受賞国:日本国
    受賞区分:その他の賞
    授与機関:日本学術振興会
    受賞者・受賞グループ名:小野久江

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2016年04月 ~ 2019年03月
    研究題目:若年層における対人関係カウンセリングのストレスコーピング能力向上効果

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2013年04月 ~ 2016年03月
    研究題目:若年者の自殺予防とストレスコーピング能力向上法の検討

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2010年04月 ~ 2013年03月
    研究題目:20、30歳代の自殺とストレスコーピングの関係についての研究

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 寄附金名称:日本イーライリリー株式会社研究助成金
    寄附年月:2015年11月

  • 寄附金名称:日本イーライリリー株式会社研究助成金
    寄附年月:2013年05月

  • 寄附金名称:日本イーライリリー株式会社研究助成金
    寄附年月:2010年05月

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:第11回日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2017年09月
    開催場所:北海道薬科大学(北海道 札幌市)
    題目又はセッション名:双極Ⅱ型障害の服薬指導に個人心理教育の手法を用いた一例-患者と薬剤師が交互にテキストを音読する試み-
    発表形態:ポスター(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本学校メンタルヘルス学会 第21回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2017年09月
    開催場所:札幌市教育文化会館
    題目又はセッション名:ADHD児担当の有無による教員のQOLの違い
    発表形態:ポスター(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:第14回日本うつ病学会総会 第17回日本認知両方・認知行動療法学会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2017年07月
    開催場所:京王プラザホテル(東京)
    題目又はセッション名:対人関係カウンセリングが回避的なストレス対処方法を減少させ気分改善に繋がった学生相談の一事例
    発表形態:ポスター(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:第14回日本うつ病学会総会・第17回日本認知療法・認知行動療法学会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2017年07月
    開催場所:京王プラザホテル (東京)
    題目又はセッション名:ストレス因子を考慮した大学生の抑うつ状態に対する対人関係カウンセリングの効果
    発表形態:ポスター(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:7th Conference of the International Society of Interpersonal Psychotherapy (ISIPT),
    会議区分:国際会議
    開催期間:2017年06月
    開催場所:University of Toronto Conference Centre, Cana
    題目又はセッション名:Effect of Interpersonal Counseling on Subthreshold Depression in Undergraduates-A Preliminary Study Considering Distress Type-
    発表形態:ポスター(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:人文演習II

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:文学研究科後期

    授業科目名:博士論文作成演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:文学研究科後期

    授業科目名:博士論文作成演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:心理科学演習I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:心理科学演習II

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:尼崎市教育総合センター 教育相談スーパーバイザー
    活動期間:2015年05月 ~ 2016年01月

  • 活動名称:講演:「大学生のこころの健康」兵庫県立大学環境人間学部 於兵庫県立大学新在家キャンパス 
    活動期間:2014年11月

  • 活動名称:講演:パネルディスカッション 「若者の自殺を防ぐために」、兵庫県・JCPTD(うつ病予防・治療日本委員会)・日本うつ病学会主催 平成25年度「自殺予防講演会」 ラッセホール 平成26年3月23日
    活動期間:2014年03月

  • 活動名称:講演:「対人関係療法について」神戸中央市民病院精神科勉強会 2014年2月21日 神戸中央市民病院
    活動期間:2014年02月

  • 活動名称:学外講義:「精神科の治療について」神戸学院大学総合リハビリテーション学部 2014年1月15日 
    活動期間:2014年01月

全件表示 >>