基本情報

写真b

佐藤 暢哉

SATO Nobuya


職名

教授

研究分野・キーワード

空間認知,記憶

ホームページ

https://sites.google.com/site/nsatolab/

プロフィール

認知神経科学,神経生理学,行動神経科学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:広島大学
    学部(学系)名:総合科学部

    学校の種類:大学
    卒業年月:1995年03月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:広島大学
    研究科名:生物圏科学研究科

    修了課程:博士課程
    修了年月:2000年03月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:総合科学
    学位の分野名:実験心理学
    学位授与機関名:広島大学
    取得方法:課程
    取得年月:1995年03月

  • 学位名:学術
    学位の分野名:実験心理学
    学位授与機関名:広島大学
    取得方法:課程
    取得年月:1997年03月

  • 学位名:学術
    学位の分野名:実験心理学
    学位授与機関名:広島大学
    取得方法:課程
    取得年月:2000年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 文学部 総合心理科学科
    経歴名:教授
    職務期間:2009年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先名:京都大学霊長類研究所
    経歴名:研究員
    経歴期間:1997年04月 ~ 2000年03月

  • 所属(勤務)先名:日本大学
    経歴名:日本学術振興会特別研究員
    経歴期間:2000年04月 ~ 2003年03月

  • 所属(勤務)先名:日本大学
    経歴名:研究員
    経歴期間:2003年04月 ~ 2003年10月

  • 所属(勤務)先名:科学技術振興機構
    経歴名:博士研究員
    経歴期間:2003年11月 ~ 2004年05月

  • 所属(勤務)先名:ロチェスター大学
    経歴名:日本学術振興会特別研究員
    経歴期間:2004年06月 ~ 2006年06月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本心理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本神経科学学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:Society for Neuroscience

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本動物心理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本基礎心理学会

    学会所在国:日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):基盤・社会脳科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Valuation of go stimuli or devaluation of no-go stimuli? Evidence of an increased preference for attended go stimuli following a go/no-go task.
    掲載誌名:Frontiers in Psycholgy  8巻  (頁 474 ~ )
    掲載誌 発行年月:2017年03月
    著者氏名(共著者含):Inoue, K., & Sato, N.

    DOI:10.3389/fpsyg.2017.00474
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著
    専門分野(科研費分類):実験心理学

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Navigational Path Integration by Cortical Neurons: Origins in Higher-Order Direction Selectivity.
    掲載誌名:Journal of Neurophysiology  113巻  (頁 1896 ~ 1906)
    掲載誌 発行年月:2015年
    著者氏名(共著者含):Page, W. K., Sato, N., Froehler, M., Vaughn, W. J., & Duffy, C. J.

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Roles of the Lateral Habenula and Anterior Cingulate Cortex in Negative Outcome Monitoring and Behavioral Adjustment in Nonhuman Primates.
    掲載誌名:Neuron  88巻  (頁 792 ~ 804)
    掲載誌 発行年月:2015年
    著者氏名(共著者含):Kawai, T., Yamada, H., Sato, N., Takada, M., & Matsumoto, M.

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Rats demonstrate helping behavior toward a soaked conspecific.
    掲載誌名: Animal Cognition  18巻  (頁 1039 ~ 1047)
    掲載誌 発行年月:2015年
    著者氏名(共著者含):Sato, N., Tan, L., Tate, K., & Okada, M.

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Task contingencies and perceptual strategies shape behavioral effects on neuronal response profiles.
    掲載誌名:Journal of Neurophysiology  109巻  (頁 546 ~ 556)
    掲載誌 発行年月:2013年01月
    著者氏名(共著者含):Sato, N., Page, W. K., Duffy, C. J.

    DOI:10.1152/jn.00377.2012
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:行動生物学事典
    出版機関名:東京化学同人
    発行年月:2013年
    著者氏名(共著者含):上田恵介・岡ノ谷一夫・菊水健史・坂上貴之・辻和希・友永雅己・中島定彦・長谷川寿一・松島俊也 (編)

    著書種別:事典・辞書
    著書形態:分担執筆

  • 記述言語:日本語
    著書名:心理学研究法3 学習・動機・情動
    出版機関名:誠信書房
    発行年月:2011年11月
    著者氏名(共著者含):佐藤 暢哉

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:淑徳大学通信教育部教材 心理学基礎実験
    出版機関名:ディーエスサービス
    発行年月:2009年10月
    著者氏名(共著者含):佐藤 暢哉

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:心理学事典
    出版機関名:丸善
    発行年月:2005年
    著者氏名(共著者含):Colman, AM(著)藤永保・仲真紀子(監訳)

    著書種別:事典・辞書
    著書形態:その他

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:ナビゲーションの神経機構
    掲載誌名:Clinical Neuroscience  32巻  (頁 200 ~ 204)
    掲載誌 発行年月:2014年
    著者氏名(共著者含):佐藤暢哉

    掲載種別:総説・解説(大学・研究所紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:ナビゲーションに関連したサル頭頂葉内側部ニューロン.
    掲載誌名:バイオインダストリー  26巻  (頁 94 ~ 97)
    掲載誌 発行年月:2009年
    著者氏名(共著者含):佐藤暢哉,泰羅雅登

    掲載種別:総説・解説(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    題目:アイコンタクト中に応答する運動前野ニューロン
    掲載誌名:電子情報通信学会技術研究報告  107巻  (頁 91 ~ 94)
    掲載誌 発行年月:2007年
    著者氏名(共著者含):神代真里,佐藤暢哉,勝山成美,泰羅雅登,中村克樹

    掲載種別:研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    題目:脳にあるナビゲーションシステム
    掲載誌名:自動車技術  61巻  (頁 122 ~ 123)
    掲載誌 発行年月:2007年
    著者氏名(共著者含):佐藤暢哉,泰羅雅登

    掲載種別:総説・解説(学術雑誌)
    共著区分:共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:新学術領域研究
    研究期間:2016年04月 ~ 2018年03月
    研究題目:援助行動の神経メカニズムへの複合的アプローチ

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月
    研究題目:道順記憶における脳梁膨大後皮質の役割

  • 研究種目:新学術領域研究(研究領域提案型)
    研究期間:2014年04月 ~ 2016年03月
    研究題目:他個体に対する援助行動の神経メカニズムの解明(研究課題番号:26118514)

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2012年04月 ~ 2015年03月
    研究題目:脳梁膨大後皮質におけるエピソード記憶情報の統合プロセス (研究課題番号:24500481)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:人文演習II

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:文学研究科後期

    授業科目名:博士論文作成演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:文学研究科後期

    授業科目名:博士論文作成演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:心理科学各論C

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:心理科学実習A

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:研究科委員長補佐
    活動期間:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 活動名称:学部長補佐
    活動期間:2014年04月 ~ 2015年03月