基本情報

写真b

鈴木 慎一郎

SUZUKI Shinichiro


職名

教授

研究分野・キーワード

文化人類学, カルチュラル・スタディーズ, ポピュラー音楽研究

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(文学)
    学位の分野名:文化人類学・民俗学
    学位授与機関名:立教大学
    取得方法:課程
    取得年月:1996年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 社会学部 社会学科
    経歴名:教授
    職務期間:2009年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本文化人類学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:「宗教と社会」学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本ラテンアメリカ学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本ポピュラー音楽学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:カルチュラル・スタディーズ学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):文化人類学・民俗学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:カリブ海地域における内陸文化 グローバル化のなかの差異
    掲載誌名:内陸文化研究  1号
    掲載誌 発行年月:2001年03月
    著者氏名(共著者含):鈴木 慎一郎

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:ジャマイカの多言語的状況をめぐる言説
    掲載誌名:ラテンアメリカ・カリブ研究  6号
    掲載誌 発行年月:1999年05月
    著者氏名(共著者含):鈴木 慎一郎

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:文化の分化と権力 M.G.スミスの複合社会論とその批判についての覚え書き
    掲載誌名:人文科学論集〈人間情報学科編〉  33号
    掲載誌 発行年月:1999年02月
    著者氏名(共著者含):鈴木 慎一郎

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:“ひとは食べる物次第” ジャマイカのラスタファリアンの食文化
    掲載誌名:生活學論叢  3号
    掲載誌 発行年月:1998年09月
    著者氏名(共著者含):鈴木 慎一郎

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:ガーヴェイ以後のジャマイカにおけるガーヴェイズムとUNIA
    掲載誌名:人文科学論集〈人間情報学科編〉  32号
    掲載誌 発行年月:1998年02月
    著者氏名(共著者含):鈴木 慎一郎

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:【翻訳】「Could You Be Loved?」、赤尾光春・早尾貴紀(共編)『ディアスポラの力を結集する ギルロイ・ボヤーリン兄弟・スピヴァク』
    出版機関名:松籟社
    発行年月:2012年06月
    著者氏名(共著者含):ポール・ギルロイ

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

  • 記述言語:日本語
    著書名:「「わたしたちみんな、いくらかはダイアレクトを話すのですから」 ルイーズ・ベネットのお喋りのなかに像を結ぶ〈民衆〉」、真島一郎(編)『二〇世紀〈アフリカ〉の個体形成 南北アメリカ・カリブ・アフリカからの問い』
    出版機関名:平凡社
    発行年月:2011年01月
    著者氏名(共著者含):鈴木 慎一郎

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

  • 記述言語:日本語
    著書名:「ダブ 南国ジャマイカの人工的音響」、石橋純(編)『中南米の音楽 歌・踊り・祝宴を生きる人々』
    出版機関名:東京堂出版
    発行年月:2010年03月
    著者氏名(共著者含):鈴木 慎一郎

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

  • 記述言語:日本語
    著書名:「ディアスポラについて、つねに複数として、横断的に思考する」、臼杵陽(監修)、赤尾光春・早尾貴紀(共編)『ディアスポラから世界を読む 離散を架橋するために』
    出版機関名:明石書店
    発行年月:2009年07月
    著者氏名(共著者含):鈴木 慎一郎

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

  • 記述言語:日本語
    著書名:「混交への回帰/脱出 音楽を通して黒人ディアスポラのルーツを再想像する」、中村和恵(編)『世界中のアフリカへ行こう 〈旅する文化〉のハンドブック』
    出版機関名:岩波書店
    発行年月:2009年05月
    著者氏名(共著者含):鈴木 慎一郎

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

全件表示 >>

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:評論:“ホワッツ・ハプニング・ブラザー”,あるいは過去からの/他所からの声と音
    出版機関名:立命館大学国際言語文化研究所
    掲載誌名: 『立命館言語文化研究』  24巻  2号
    掲載誌 発行年月:2013年02月
    著者氏名(共著者含):鈴木 慎一郎

    掲載種別:その他記事
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:音楽と血と土地と ラスタの来し方、行く末
    出版機関名:河出書房新社
    掲載誌名:『文藝別冊 ボブ・マーリー』
    掲載誌 発行年月:2012年03月
    著者氏名(共著者含):鈴木 慎一郎

    掲載種別:総説・解説(商業誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:講座における発表の記録:カリブ海のユートピア/ディストピア
    出版機関名:立命館大学国際言語文化研究所
    掲載誌名:『立命館言語文化研究』  23巻  2号
    掲載誌 発行年月:2011年10月
    著者氏名(共著者含):鈴木 慎一郎

    掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:研究ノート:空間論的視点からハイブリディティ理論を再検討する カリブ海地域からの事例
    掲載誌名: 『関西学院大学 先端社会研究所紀要』  2号
    掲載誌 発行年月:2010年03月
    著者氏名(共著者含):鈴木 慎一郎

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    題目:Vernacular Minimal: ジャマイカン・ミュージックの俗流ミニマル・システム
    出版機関名:インファス
    掲載誌名:『STUDIO VOICE』2009年5月号
    掲載誌 発行年月:2009年05月
    著者氏名(共著者含):鈴木 慎一郎

    掲載種別:総説・解説(商業誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 名称:映画『マン・ウーマン ジャマイカ ダンスホール・クイーンの真実』字幕監修
    活動期間(研究年月など):2009年01月

    研究活動区分:その他

  • 名称:映画『ジャマイカ 楽園の真実』サウンドトラックCD歌詞対訳
    活動期間(研究年月など):2005年07月

    研究活動区分:その他

  • 名称:映画『ジャマイカ 楽園の真実』字幕監修
    活動期間(研究年月など):2005年07月

    研究活動区分:その他

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:「現代文化とキリスト教」2014年度第1回研究会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2014年05月
    開催場所:関西学院大学西宮上ケ原キャンパス
    題目又はセッション名:アフリカ系ディアスポラの表現文化における黙示録的なもの
    発表形態:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本ポピュラー音楽学会第25回年次大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2013年12月
    開催場所:関西学院大学西宮上ケ原キャンパス
    題目又はセッション名:【シンポジウムのコーディネートと趣旨説明】エキゾティシズムとその向こうにあるもの ポピュラー音楽の(非)嫡出子たち
    発表形態:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:秋季連続講座「グローバル・ヒストリーズ 国民国家から新たな共同性へ」第1シリーズ「トランスアトランティック/トランスパシフィック」第4回「カリブは周縁か」
    会議区分:国内会議
    開催期間:2010年11月
    開催場所:立命館大学衣笠キャンパス
    題目又はセッション名:カリブ海のユートピア/ディストピア
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:2008 ACS Crossroads: Seventh International Cultural Studies Conference
    会議区分:国内会議
    開催期間:2008年07月
    開催場所:University of the West Indies
    題目又はセッション名:‘Samurai Looking to the West’: Japan and Its Others as (Un)sung in Japanese Reggae
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:ピジンとクレオールの世界 オセアニアとカリブの言語・文化
    会議区分:国内会議
    開催期間:2008年02月
    開催場所:神戸大学
    題目又はセッション名:ジャマイカのクレオール英語と文化的(非)真正性
    発表形態:口頭(招待・特別)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:ポピュラー音楽論

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:卒業論文

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:研究演習I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:研究演習I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:研究演習II

    授業形式:代表者

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 授業科目名:ポピュラー文化論ゼミ
    機関名:信州大学

  • 授業科目名:マイノリティ文化論ゼミ
    機関名:信州大学

  • 授業科目名:レゲエ文化論
    機関名:信州大学

  • 授業科目名:ワールドミュージック文化論
    機関名:信州大学

  • 授業科目名:地誌・地域環境論
    機関名:信州大学

全件表示 >>

作成した教科書、教材、参考書 【 表示 / 非表示

  • タイトル:『よくわかるメディア・スタディーズ』
    活動期間:2009年03月

  • タイトル:『改訂新版 ラテンアメリカ研究への招待』
    活動期間:2005年11月

  • タイトル:『信州大学人文学部新入生ゼミナール統一テキスト』
    活動期間:2002年03月

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:国際教育・協力センター委員
    活動期間:2015年04月 ~ 2017年03月

  • 活動名称:大学院社会学研究科副委員長
    活動期間:2013年04月 ~ 2014年03月

  • 活動名称:大学院社会学研究科教務学生委員
    活動期間:2012年04月 ~ 2013年03月

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 学会・委員会:日本ポピュラー音楽学会
    役職・役割名:第25回年次大会実行委員長
    活動期間:2013年06月 ~ 2014年01月

  • 学会・委員会:日本ポピュラー音楽学会
    役職・役割名:理事(研究活動担当)
    活動期間:2013年01月 ~ 2014年12月

  • 学会・委員会:カルチュラル・スタディーズ学会
    役職・役割名:監査
    活動期間:2012年06月 ~ 継続中

  • 学会・委員会:日本ポピュラー音楽学会
    役職・役割名:研究活動委員
    活動期間:2011年01月 ~ 2012年12月