基本情報

写真b

鈴木 慎一郎

SUZUKI Shinichiro

所属
社会学部 社会学科
研究分野・キーワード
文化人類学, カルチュラル・スタディーズ, ポピュラー音楽研究, anthropology, cultural studies, popular music studies
研究概要
ポピュラー音楽について、おおよそ以下の3つの問いを立てて取り組んでいます。第一に、音楽の制作や聴取にかかわるメディア技術と社会との間に、どのような相互作用がみられるのかという問いです。第二に、音楽上の諸形式の流用や、音楽商品の越境的な流通が、近代化やグローバル化の中でどのようになされてきたのかという問いです。第三に、ある音楽がある集団的アイデンティティー(人種、民族、国民、地域、世代、ジェンダーなどのアイデンティティーや、特定のジャンルまたは音楽家のファンであるというアイデンティティーなど)の表象となったり、既成のアイデンティティーを再構築したりするプロセスにかかわる問いです。これまではとくに黒人音楽を題材としてこれらの問いにアプローチしてきました。今後はさらに幅広い音楽を視野に入れたいと考えています。

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(文学)
    分野名:人文・社会 / 文化人類学、民俗学
    授与機関名:立教大学
    取得方法:課程
    取得年月:1996年03月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:関西学院大学
    職名:教授
    年月:2009年04月 ~ 継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:日本文化人類学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:「宗教と社会」学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本ラテンアメリカ学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本ポピュラー音楽学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:カルチュラル・スタディーズ学会

    学会所在国:日本国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 文化人類学、民俗学

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:カリブ海地域における内陸文化 グローバル化のなかの差異
    誌名:内陸文化研究  1号
    出版年月:2001年03月
    著者:鈴木 慎一郎

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:ジャマイカの多言語的状況をめぐる言説
    誌名:ラテンアメリカ・カリブ研究  6号
    出版年月:1999年05月
    著者:鈴木 慎一郎

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:文化の分化と権力 M.G.スミスの複合社会論とその批判についての覚え書き
    誌名:人文科学論集〈人間情報学科編〉  33号
    出版年月:1999年02月
    著者:鈴木 慎一郎

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:“ひとは食べる物次第” ジャマイカのラスタファリアンの食文化
    誌名:生活學論叢  3号
    出版年月:1998年09月
    著者:鈴木 慎一郎

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:ガーヴェイ以後のジャマイカにおけるガーヴェイズムとUNIA
    誌名:人文科学論集〈人間情報学科編〉  32号
    出版年月:1998年02月
    著者:鈴木 慎一郎

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:文化人類学と現代民俗学
    出版者・発行元:風響社
    発行年月:2019年04月
    著者:桑山敬己, 島村恭則, 鈴木慎一郎

    著書種別:学術書
    担当範囲:カルチュラル・スタディーズ
    担当区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:【翻訳】「Could You Be Loved?」、赤尾光春・早尾貴紀(共編)『ディアスポラの力を結集する ギルロイ・ボヤーリン兄弟・スピヴァク』
    出版者・発行元:松籟社
    発行年月:2012年06月
    著者:ポール・ギルロイ

    著書種別:学術書
    担当区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:「「わたしたちみんな、いくらかはダイアレクトを話すのですから」 ルイーズ・ベネットのお喋りのなかに像を結ぶ〈民衆〉」、真島一郎(編)『二〇世紀〈アフリカ〉の個体形成 南北アメリカ・カリブ・アフリカからの問い』
    出版者・発行元:平凡社
    発行年月:2011年01月
    著者:鈴木 慎一郎

    著書種別:学術書
    担当区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:「ダブ 南国ジャマイカの人工的音響」、石橋純(編)『中南米の音楽 歌・踊り・祝宴を生きる人々』
    出版者・発行元:東京堂出版
    発行年月:2010年03月
    著者:鈴木 慎一郎

    著書種別:学術書
    担当区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:「ディアスポラについて、つねに複数として、横断的に思考する」、臼杵陽(監修)、赤尾光春・早尾貴紀(共編)『ディアスポラから世界を読む 離散を架橋するために』
    出版者・発行元:明石書店
    発行年月:2009年07月
    著者:鈴木 慎一郎

    著書種別:学術書
    担当区分:単著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:ブックレビュー:田中雅一編『越境するモノ』
    出版者・発行元:「宗教と社会」学会
    誌名:宗教と社会  21号  (頁 195)
    出版年月:2015年
    著者:鈴木 慎一郎

    掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:評論:“ホワッツ・ハプニング・ブラザー”,あるいは過去からの/他所からの声と音
    出版者・発行元:立命館大学国際言語文化研究所
    誌名: 『立命館言語文化研究』  24巻  2号
    出版年月:2013年02月
    著者:鈴木 慎一郎

    掲載種別:その他
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:音楽と血と土地と ラスタの来し方、行く末
    出版者・発行元:河出書房新社
    誌名:『文藝別冊 ボブ・マーリー』
    出版年月:2012年03月
    著者:鈴木 慎一郎

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:講座における発表の記録:カリブ海のユートピア/ディストピア
    出版者・発行元:立命館大学国際言語文化研究所
    誌名:『立命館言語文化研究』  23巻  2号
    出版年月:2011年10月
    著者:鈴木 慎一郎

    掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:研究ノート:空間論的視点からハイブリディティ理論を再検討する カリブ海地域からの事例
    誌名: 『関西学院大学 先端社会研究所紀要』  2号
    出版年月:2010年03月
    著者:鈴木 慎一郎

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
    共著区分:共著

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • タイトル:映画『マン・ウーマン ジャマイカ ダンスホール・クイーンの真実』字幕監修
    実施年月:2009年01月

    研究活動区分:その他

  • タイトル:映画『ジャマイカ 楽園の真実』サウンドトラックCD歌詞対訳
    実施年月:2005年07月

    研究活動区分:その他

  • タイトル:映画『ジャマイカ 楽園の真実』字幕監修
    実施年月:2005年07月

    研究活動区分:その他

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    会議名:「現代文化とキリスト教」2014年度第1回研究会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2014年05月
    開催地:関西学院大学西宮上ケ原キャンパス
    タイトル:アフリカ系ディアスポラの表現文化における黙示録的なもの
    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本ポピュラー音楽学会第25回年次大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2013年12月
    開催地:関西学院大学西宮上ケ原キャンパス
    タイトル:【シンポジウムのコーディネートと趣旨説明】エキゾティシズムとその向こうにあるもの ポピュラー音楽の(非)嫡出子たち
    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 記述言語:日本語
    会議名:秋季連続講座「グローバル・ヒストリーズ 国民国家から新たな共同性へ」第1シリーズ「トランスアトランティック/トランスパシフィック」第4回「カリブは周縁か」
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2010年11月
    開催地:立命館大学衣笠キャンパス
    タイトル:カリブ海のユートピア/ディストピア
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:英語
    会議名:2008 ACS Crossroads: Seventh International Cultural Studies Conference
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2008年07月
    開催地:University of the West Indies
    タイトル:‘Samurai Looking to the West’: Japan and Its Others as (Un)sung in Japanese Reggae
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:ピジンとクレオールの世界 オセアニアとカリブの言語・文化
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2008年02月
    開催地:神戸大学
    タイトル:ジャマイカのクレオール英語と文化的(非)真正性
    会議種別:口頭発表(招待・特別)

全件表示 >>

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:卒業論文

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:社会学研究科後期

    授業科目名:文化人類学・民俗学研究演習A

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:社会学研究科前期

    授業科目名:文化人類学・民俗学研究演習A

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:社会学研究科後期

    授業科目名:文化人類学・民俗学研究演習B

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:社会学研究科前期

    授業科目名:文化人類学・民俗学研究演習B

    授業形式:代表者

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学内・学外) 【 表示 / 非表示

  • 科目:文化生態学講読
    機関名:信州大学

  • 科目:環境文化論
    機関名:信州大学

  • 科目:比較文化論
    機関名:信州大学

  • 科目:比較文化論
    機関名:立教大学

  • 科目:文化生態学実習
    機関名:信州大学

全件表示 >>

作成した教科書、教材、参考書 【 表示 / 非表示

  • タイトル:『よくわかるメディア・スタディーズ』
    活動期間:2009年03月

  • タイトル:『改訂新版 ラテンアメリカ研究への招待』
    活動期間:2005年11月

  • タイトル:『信州大学人文学部新入生ゼミナール統一テキスト』
    活動期間:2002年03月

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:副学部長
    活動期間:202204(年月) ~ 202303(年月)

  • 活動名称:国際教育・協力センター委員
    活動期間:201504(年月) ~ 201703(年月)

  • 活動名称:大学院社会学研究科副委員長
    活動期間:201304(年月) ~ 201403(年月)

  • 活動名称:大学院社会学研究科教務学生委員
    活動期間:201204(年月) ~ 201303(年月)

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 団体名:日本ポピュラー音楽学会
    委員名:第25回年次大会実行委員長
    年月:2013年06月 ~ 2014年01月

  • 団体名:日本ポピュラー音楽学会
    委員名:理事(研究活動担当)
    年月:2013年01月 ~ 2014年12月

  • 団体名:カルチュラル・スタディーズ学会
    委員名:監査
    年月:2012年06月 ~ 継続中

  • 団体名:日本ポピュラー音楽学会
    委員名:研究活動委員
    年月:2011年01月 ~ 2012年12月