基本情報

写真b

関 由行

SEKI Yoshiyuki

職名
准教授
生年
1978年
研究室住所
兵庫県三田市学園2−1
研究分野・キーワード
エピジェネティクス、生殖細胞生物学、幹細胞生物学
研究概要
体細胞(生殖細胞以外の体を構成する細胞)は個体の死と共に消滅しますが、生殖細胞は次世代へ遺伝情報を伝えることで生命の連続性を保証しています。本研究室では、生殖細胞の持つ生命の連続性を保証する仕組みを明らかにすることを主な目的としています。1つの細胞である受精卵はプログラムされた分裂、分化、移動を繰り返し、約60兆個、200種類の細胞を生み出し、完全な個体を形成します。受精卵に備わるこのような機能を分化全能性と呼びますが、すべての細胞の持つ遺伝情報は同一であるので、細胞の多様性は DNAの1次配列を超えた高次の制御、‘エピジェネティクス’により決定されます。本研究室では、精子・卵子の元となる始原生殖細胞によるエピゲノム制御機構の解明を通して、生殖細胞の持つ分化全能性獲得機構を分子レベルで理解することを目指しています。
メールアドレス
メールアドレス
研究室電話
079-565-7295
研究室FAX
079-565-7295
SDGs 関連ゴール

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(医学)
    学位の分野名:発生生物学
    学位授与機関名:大阪大学
    取得方法:課程
    取得年月:2006年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 理工学部 生命科学科
    経歴名:准教授
    職務期間:2009年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本分子生物学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本エピジェネティクス研究会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本遺伝学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本進化学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):発生生物学

  • 専門分野(科研費分類):ゲノム生物学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 資格名:薬剤師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:The PRDM14-CtBP1/2-PRC2 complex regulates transcriptional repression during the transition from primed to naïve pluripotency
    掲載誌名:Journal of Cell Science  133巻  15号  (頁 ~ 13)
    掲載誌 発行年月:2020年
    著者氏名(共著者含):Maiko Yamamoto, Yoshiaki Suwa, Kohta Sugiyama, Naoki Okashita, Masanori Kawaguchi, Naoki Tani, Kazumi Matsubara, Akira Nakamura, and Yoshiyuki Seki

    DOI:10.1242/jcs.240176
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Co-option of the PRDM14-CBFA2T complex from motor neurons to pluripotent cells during vertebrate evolution
    掲載誌名:Development
    掲載誌 発行年月:2019年01月
    著者氏名(共著者含):Masanori Kawaguchi, Kota Sugiyama, Kazumi Matsubara, Che-Yi Lin, Shigehiro Kuraku, Shota Hashimoto, Yoshiaki Suwa, Luok Wen Yong, Koji Takino, Shota Higashida, Daisuke Kawamura, Jr-Kai Yu, Yoshiyuki Seki

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Maintenance of cell fates and regulation of the histone variant H3.3 by TLK kinase in Caenorhabditis elegans
    掲載誌名:Biology Open
    掲載誌 発行年月:2019年01月
    著者氏名(共著者含):Yukimasa Shibata, Yoshiyuki Seki, Kiyoji Nishiwaki

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:PRDM14 Is a Unique Epigenetic Regulator Stabilizing Transcriptional Networks for Pluripotency
    掲載誌名:Frontiers in Cell and Developmental Biology
    掲載誌 発行年月:2018年02月
    著者氏名(共著者含):Yoshiyuki Seki

    DOI:10.3389/fcell.2018.00012
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):細胞生物学,進化生物学,ゲノム生物学

  • 記述言語:英語
    論文題目名:PRDM14 drives OCT3/4 recruitment via active demethylation in the transition from primed to naïve pluripotency
    掲載誌名:Stem Cell Reports  7巻  6号  (頁 1072 ~ 1086)
    掲載誌 発行年月:2016年10月
    著者氏名(共著者含):Okashita, N., Suwa Y., Nishimura O., Sakashita N., Kadota M., Nagamatsu G., Kawaguchi M., Kashida H., Nakajima A., Tachibana M., *Seki Y.

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    著書名:Epigenetic Reprogramming Associated with Primordial Germ Cell Development, Epigenetics and Human Reproduction (Epigenetics and Human Health)
    出版機関名:Springer; 1st Edition
    発行年月:2010年11月
    著者氏名(共著者含):Seki, Y

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

  • 記述言語:日本語
    著書名:哺乳類の生殖細胞形成を制御する分子機構, 実験医学, 2月号
    出版機関名:羊土社
    発行年月:2009年02月
    著者氏名(共著者含):栗本一基, 山路剛史, 関 由行, 斎藤通紀

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:英語
    著書名:Epigenetic reprogramming in primordial germ cell development. Genetical and epigenetical control of mammalian germ cell development and their function. Genetic and epigenetic control of mammalian germ cell development and function.
    出版機関名:Research Signpost, 13-36
    発行年月:2008年11月
    著者氏名(共著者含):Seki, Y.* and Saitou, M*. (* Corresponding Author)

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

知的財産権 【 表示 / 非表示

  • 知的財産権区分:特許
    発明の名称:DNA脱メチル化誘導法及びその用途
    発明(考案)者名:関由行

    出願番号:特願2012-252371,2012年11月16日
    公開番号:特許第6161261号,2017年06月23日
    出願人名称:学校法人関西学院
    出願国:日本国

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:2018年度日本遺伝学会奨励賞
    受賞年月:2018年07月23日
    受賞国:日本国
    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞
    授与機関:日本遺伝学会
    受賞者・受賞グループ名:始原生殖細胞によるエピゲノムリプログラミング機構に関する研究

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:新学術領域研究(研究領域提案型)
    研究期間:2020年04月 ~ 2022年03月
    研究題目:DUXに依存しない胚性ゲノム活性化による全能性獲得機構の解明

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2018年04月 ~ 2022年03月
    研究題目:多能性細胞から生殖細胞への変換を制御する遺伝子ネットワークの進化的起源と変容

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2018年04月 ~ 2022年03月
    研究題目:多能性細胞から生殖細胞への変換を制御する遺伝子ネットワークの進化的起源と変容

  • 研究種目:新学術領域研究
    研究期間:2016年04月 ~ 2018年03月
    研究題目:生殖細胞形成機構の動物種を超えた共通原理と種特異性

  • 研究種目:新学術領域研究
    研究期間:2016年04月 ~ 2018年03月
    研究題目:始原生殖細胞によるエピゲノムリプログラミングとその人為的制御

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:第40回環境変異原学会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2011年11月
    開催場所:東京
    題目又はセッション名:始原生殖細胞によるエピゲノム変異の修復とその破綻
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:文部科学省・大学教育改革支援プログラム「社会の要求に応える動物生命工学の実践教育」
    会議区分:国内会議
    開催期間:2009年11月
    開催場所:和歌山
    題目又はセッション名:生命の連続性を保証する生殖細胞特異的なエピゲノム調節とその破綻
    発表形態:口頭(一般)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:エピゲノム医化学

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:卒業実験及び演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:外国書講読

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:理工学研究科前期

    授業科目名:文献演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:理工学研究科前期

    授業科目名:特別実験及び演習

    授業形式:代表者

全件表示 >>