基本情報

写真b

髙井 由起子

TAKAI Yukiko

職名
准教授
研究分野・キーワード
社会福祉, ソーシャルワーク
研究概要
従来からの研究課題として、子ども虐待の問題を中心に考察を深めている。子どもへの虐待に関する問題については、育児ノイローゼや子育て環境の悪化等による虐待行為の予防(広い意味での子育て支援)、被害を受けている子どもをいかに早急に発見し対応するかという課題、子どもに虐待行為を働いてしまう加害者への対応、虐待被害を受けた子どもへのケアのあり方、虐待行為の再発の防止(施設内虐待問題をも含む)等、多くの角度からの考察が必要であると考える。また、2004年の児童虐待防止法の改正により、児童虐待とドメスティックバイオレンスが非常に密接に関連していることに鑑み、特に心理的虐待の定義が改正された。この意味でもドメスティックバイオレンス(デートDVも含む)の問題についても近年、研究課題として追求している。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士(臨床教育学)
    学位の分野名:教育学
    学位授与機関名:武庫川女子大学
    取得方法:課程
    取得年月:1996年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 教育学部 教育学科
    経歴名:准教授
    職務期間:2009年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本社会福祉学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本保育学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本嗜癖行動学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本臨床発達心理士会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本キリスト教社会福祉学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):社会福祉学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:日本における人権教育、社会人教育としてのDV加害者プログラム実践の現状と課題―DV加害者プログラム実践者へのプレ調査からの考察
    掲載誌名:関西学院大学教育学論究  9巻  2号  (頁 139 ~ 148)
    掲載誌 発行年月:2017年12月
    著者氏名(共著者含):髙井由起子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:DV加害者プログラム実践の困難性に関する一考察-DV加害者プログラム参加中断者から聞き取ったプログラムへの不満を中心とした意見からの考察
    掲載誌名:関西学院大学教育学論究  9巻  1号  (頁 35 ~ 43)
    掲載誌 発行年月:2017年09月
    著者氏名(共著者含):髙井由起子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:施設内虐待防止力の涵養に関する一考察
    掲載誌名:社団法人大阪社会福祉士会  大阪社会福祉士第18号号
    掲載誌 発行年月:2012年03月
    著者氏名(共著者含):高井 由起子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:生活保護ケースワーカーの対人援助業務に対する意識について
    掲載誌名:教育学論究第3号  関西学院大学教育学部教育学会号
    掲載誌 発行年月:2011年12月
    著者氏名(共著者含):高井 由起子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:要介護高齢者における転倒恐怖感に関する因子の検討
    掲載誌名:総合リハビリテーション第39巻第9号  医学書院号
    掲載誌 発行年月:2011年09月
    著者氏名(共著者含):高井 由起子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:虐待予防と対応の実際 
    出版機関名:立花直樹・安田誠人編著
    発行年月:2013年04月
    著者氏名(共著者含):高井 由起子

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:高内正子監修,・井由起子編著 現代地域福祉論―地域と生活支援―
    出版機関名:保育出版
    発行年月:2013年03月
    著者氏名(共著者含):高井 由起子

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:虚弱高齢者の転倒恐怖感軽減を目的とした「ケアサポート」プログラムの作成
    出版機関名:教育研究活性化資金基礎的な研究
    掲載誌名:関西学院大学研究推進社会連携機構  2010年度研究成果報告号
    掲載誌 発行年月:2011年09月
    著者氏名(共著者含):高井 由起子

    掲載種別:会議報告等
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    題目:虐待ハイリスク家族への支援に関する論考
    出版機関名:18~24ページ
    掲載誌名:日本社会福祉士会  社会福祉士第18号
    掲載誌 発行年月:2011年02月
    著者氏名(共著者含):高井 由起子

    掲載種別:会議報告等
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:児童養護施設における子ども虐待対応に関する事例分析
    掲載誌名:日本キリスト教社会福祉学研究第41号  (頁 41-49 ~ )
    掲載誌 発行年月:2008年12月
    著者氏名(共著者含):高井 由起子

    掲載種別:会議報告等
    共著区分:単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月
    研究題目:女性への暴力加害者プログラムの実践に関わる実証的研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本社会福祉学会第61回秋季大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2013年09月
    開催場所:北星学園大学
    題目又はセッション名:生活保護ケースワーカーの現代的課題に関する研究
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本社会福祉学会第60回秋季大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2012年10月
    開催場所:於 関西学院大学上ヶ原キャンパス
    題目又はセッション名:社会福祉士生活保護ケースワーカーの対人援助業務に対する意欲と負担感に関する調査研究
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:社団法人大阪社会福祉士会 実践報告会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2012年05月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:施設内虐待防止力の涵養に関する一考察, 実習体験に関するアンケート調査分析を通して
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本保育学会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2012年05月
    開催場所:日本保育学会第65回大会
    題目又はセッション名:対応の難しい子どもへのかかわりに関する研究
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本社会福祉学会第58回秋季大会 於:日本福祉大学
    会議区分:国内会議
    開催期間:2010年10月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:生活保護ケースワーカーの対人業務に対する意欲と負担感に関する研究―追跡調査結果を中心として
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:共通教育センター

    授業科目名:人権教育科目009

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:人権教育論

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:児童家庭福祉

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:卒業研究

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:子どもと人権

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:学部長室委員
    活動期間:2017年04月 ~ 2019年03月