基本情報

写真b

KEVIN HEFFERNAN

KEVIN HEFFERNAN

職名
教授
研究室住所
I号館302号室
研究分野・キーワード
言語学、形態論、コーパス、方言
研究概要
関西弁における現在進行中の言語変化
メールアドレス
メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士号
    学位の分野名:言語学
    学位授与機関名:トロント大学(カナダ)
    取得方法:課程
    取得年月:2007年05月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 総合政策学部 総合政策学科
    経歴名:教授
    職務期間:2009年09月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本方言研究会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:関西言語学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:社会言語学科会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):言語学

  • 専門分野(科研費分類):日本語学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Correlating cognitive effort and noun role in spoken Japanese
    掲載誌名:Journal of Japanese Linguistics  37巻  2号  (頁 181 ~ 201)
    掲載誌 発行年月:2021年05月
    著者氏名(共著者含):Heffernan Kevin

    DOI:10.1515/jjl-2021-2040
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):言語学,日本語学

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Gender-based differences in expository language use: A corpus study of Japanese
    掲載誌名:Asia Pacific Journal of Corpus Research  1巻  2号  (頁 1 ~ 14)
    掲載誌 発行年月:2020年12月
    著者氏名(共著者含):Heffernan Kevin, Nishino Keiko

    DOI:10.22925/APJCR.2020.1.2.1
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    担当部分:writing, data analysis
    共著区分:共著
    専門分野(科研費分類):言語学,日本語学,ジェンダー

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:関西弁におけるウ音便の名残り―不規則性単語と頻度の役割―
    掲載誌名:日本方言研究会第108回研究発表会発表原稿集  (頁 39 ~ 46)
    掲載誌 発行年月:2019年05月
    著者氏名(共著者含):ヘファナン・ケビン、佐藤陽

    掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:The varying complexity of the syntactic role of nouns: Evidence from Japanese corpora
    掲載誌名:Proceedings of the 4th Asia Pacific Corpus Linguistics Conference (APCLC 2018)  (頁 122 ~ 128)
    掲載誌 発行年月:2018年09月
    著者氏名(共著者含):Heffernan, Kevin, and Sato, Yo

    掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:How distinctive is your corpus? A metric for the degree of deviation from the norm
    掲載誌名:Proceedings of the 4th Asia Pacific Corpus Linguistics Conference (APCLC 2018)  (頁 381 ~ 384)
    掲載誌 発行年月:2018年09月
    著者氏名(共著者含):Sato, Yo, and Heffernan, Kevin

    掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
    共著区分:共著

全件表示 >>

  • Heffernan, K., & Nishino, K. (2020). Gender-based differences in expository language use: A corpus study of Japanese. Asia Pacific Journal of Corpus Research, 1(2), 1-14.
    https://.doi.org/10.22925/APJCR.2020.1.2.1

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    著書名:The grammar of Kansai vernacular Japanese
    出版機関名:関西学院大学出版会
    発行年月:2019年02月
    著者氏名(共著者含):Kevin Heffernan

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著
    専門分野(科研費分類):日本語教育

  • 記述言語:英語
    著書名:Introduction to Communication for Japanese Students
    出版機関名:くろしお出版
    発行年月:2013年04月
    著者氏名(共著者含):Kevin Heffernan

    著書種別:教科書
    著書形態:単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2017年04月 ~ 2020年03月
    研究題目:The Corpus of Kansai Vernacular Japanese

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:総合政策学部

    授業科目名:Culture and Thought

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:総合政策研究科前期

    授業科目名:International Professional Communication A

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:総合政策学部

    授業科目名:Introduction to Communication

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:総合政策学部

    授業科目名:Introduction to The World of English

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:総合政策学部

    授業科目名:コミュニケーション総論

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:学部長室委員
    活動期間:2014年04月 ~ 2017年03月