基本情報

写真b

長松 奈美江

NAGAMATSU Namie

所属
社会学部 社会学科
研究分野・キーワード
階級・階層, 所得格差, 非正規雇用
研究概要
「働くこと」「働かないこと」によって、生活機会の格差がどのように生じて、なぜその格差が拡大しているのか、ということに関心を持って、研究をしています。たとえば、労働条件が異なること、雇用の不安定性が異なること、収入が異なること、貧困に陥るリスクが異なること。働いているか、どのように働いているかによって、さまざまな条件は異なっています。そして、「働くこと」をめぐって生じる格差は、社会保障制度の在り方によってかたちを変え、人びとが生きていくための条件に結び付きます。なぜこれらの格差が拡大していくのか。そのメカニズムを解明するとともに、格差拡大を加速させ、あるいは押しとどめる制度、政策に注目して、研究を行っています。

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士【人間科学】
    分野名:人文・社会 / 社会学
    授与機関名:大阪大学
    取得方法:課程
    取得年月:2007年09月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:関西学院大学
    部署名:社会学部
    職名:教授
    年月:2022年04月 ~ 継続中

  • 所属:関西学院大学
    部署名:社会学部 社会学科
    職名:准教授
    年月:2010年04月 ~ 2022年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:日本社会学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:数理社会学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:関西社会学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:社会政策学会

    学会所在国:日本国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 社会学

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:階級、世帯形成と貧困
    誌名: 『関西学院大学社会学部紀要』第114号: 171-185
    出版年月:2012年03月
    著者:長松 奈美江

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:現代的マルクス主義階級論における正義の原理 ―E. O. WrightとJ. E. Roemerの搾取概念に注目して―
    誌名: 『関西学院大学社会学部紀要』第112号: 79-90
    出版年月:2011年03月
    著者:長松 奈美江

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    タイトル:The Education Gap in the Postindustrial Era
    誌名:The Japanese Economy
    出版年月:2009年09月
    著者:NAGAMATSU Namie

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:仕事の複雑性スコアの構成―職務内容を反映した職業指標の提案―
    誌名:理論と方法
    出版年月:2009年05月
    著者:長松 奈美江

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:階級・階層研究における「機会の平等」概念についての考察
    誌名:人間科学研究科紀要
    出版年月:2009年03月
    著者:長松 奈美江

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:現代の階層社会1――格差と多様性 
    出版者・発行元: 
    発行年月:2011年09月
    著者:長松 奈美江

    著書種別:学術書
    担当区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:データアーカイブSRDQで学ぶ社会調査の計量分析 
    出版者・発行元: 
    発行年月:2010年04月
    著者:長松 奈美江

    著書種別:学術書
    担当区分:共著

MISC 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:書評:橋本健二著『格差の戦後史』、橋本健二編著『家族と格差の戦後史』 
    誌名:『理論と方法』25(2): 291-295.
    出版年月:2010年09月
    著者:長松 奈美江

    掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等
    共著区分:単著

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2022年04月 ~ 2026年03月
    タイトル:生活困難層支援のガバナンス研究―サービス受給者の視点と包摂社会形成の契機への着目

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    会議名:第38回日本行動計量学会大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2010年09月
    開催地: 
    タイトル:所得格差の拡大をもたらすメカニズムの検討――職業間格差に注目して (企画委員セッション「社会階層・社会移動研究の新展開」)
    会議種別:口頭発表(一般)

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:仕事の社会学

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:卒業論文

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:研究演習II

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:研究演習III

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:社会学研究科前期

    授業科目名:社会学研究演習A

    授業形式:代表者

全件表示 >>

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:学部長室委員
    活動期間:202204(年月) ~ 202303(年月)

  • 活動名称:学部長補佐
    活動期間:201504(年月) ~ 201703(年月)