基本情報

写真b

水戸 考道

MITO Takamichi Tam

所属
法学部 政治学科
研究分野・キーワード
国際関係論, 国際比較公共政策学, 国際比較政治経済学, 日本・カナダ・太平洋地域研究, 総合人間安全保障, 国際交流教育研究, I.R., International, Comparative Public Policy, International, Comparative Political Economy, Japanese, North American and Pacific Area Studies, Human Security, International Education
研究概要
政治経済学から見た学際的グローバル・スタディが研究分野である。特に外交、環境、エネルギー、人権、国際公衆衛生、教育、政治発展、経済発展を含めた総合人間安全保障の比較研究を行ってきた。現在は(1)日本とアジア主要国の産業および経済発展およびエネルギー問題の政治経済学的研究(2)北米・ヨーロッパ・豪州および日本の留学生教育政策と移民政策および各国のソフト・パワーとの関連に関する基礎研究(3)改憲論や自衛隊の必要性の再検討に焦点を当てながら日本の安全保障の確保と新世界秩序形成を中心に研究を進めている。このほか(4)小沢一郎に焦点を当てながら日本の政治変動についての研究を開始した。 Takamichi Tam Mito is a Professor in the Graduate School of Law and Politics and Professor-at-Large in Canadian and International Studies at Kwansei Gakuin University. His areas of interest are International and Comparative Political Economy of the North Pacific Region, Human Security, Globalization and Transnational Studies. He is the author of many publications including: Japan’s Energy Strategy, Russian Economic Security and Opportunities for Natural Gas Development in Russian Far East. (Houston: The James Baker III Institute of Public Policy, Rice University, 2001); State Power and Multinational Oil Corporations: the Political Economy of Market Intervention in Canada and Japan (Fukuoka: Kyushu University Press, 2001); and Sekiyu no Seiji Keizaigaku (The Political Economy of the Oil Market) (Fukuoka: Kyushu University Press, 2006 in Japanese). He also co-edited many books including: Sengo Nihon Seiji to Heiwa Gaigo (Postwar Japanese Politics and Peace Diplomacy) (Kyoto: Horitsubunkasha, 2007 in Japanese); and Japanese Studies in the Asia-Pacific Region (Hong Kong: Himawari Publisher, 2008).
通称等の別名
Tam Mito

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:国際基督教大学
    学部(学系)名:教養学部
    学科・専攻等名:社会科学

    学校の種類:大学
    卒業年月:1978年03月
    卒業区分:卒業
    国名:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 学校名:筑波大学
    学部等名:社会科学研究科

    修了課程:博士課程
    修了年月:1999年05月
    修了区分:修了
    国名:日本国

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 留学先:トロント大学大学院
    経歴名:カナダ政府奨学生
    年月:1980年09月 ~ 1985年09月

  • 留学先:ロンドン大学アジア・アフリカ研究大学院
    経歴名:研究生
    年月:1991年10月 ~ 1992年06月

  • 留学先:キール大学
    経歴名:文化放送ブレーン派遣留学
    年月:1975年09月 ~ 1976年08月

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(法学)
    分野名:人文・社会 / 国際関係論
    授与機関名:筑波大学
    取得方法:論文
    取得年月:1999年05月

  • 学位名:国際学修士
    分野名:国際地域研究
    授与機関名:筑波大学
    取得方法:課程
    取得年月:1980年03月

  • 学位名:国際基督教大学
    分野名:教養学(社会科学)
    授与機関名:国際基督教大学
    取得方法:課程
    取得年月:1978年03月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:香港中文大学
    部署名:日本研究科
    職名:教授
    年月:2001年08月 ~ 2008年08月

  • 所属:九州大学
    部署名:留学生センター
    職名:短期留学部門教授
    年月:1996年02月 ~ 2001年08月

  • 所属:モナシュ大学
    部署名:日本研究科
    職名:高等講師
    年月:1992年07月 ~ 1996年01月

  • 所属:ロンドン大学
    部署名:東洋アフリカ研究学部
    職名:特別講師
    年月:1991年10月 ~ 1992年06月

  • 所属:シティコープ投資銀行
    部署名:ファイナンシャル・エンジニアリング部
    職名:ファイナンシャル・エンジニア マネジャー
    年月:1988年10月 ~ 1991年10月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:日本公共政策学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本カナダ学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:英国日本研究協会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:豪州日本法学研究学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本国際政治学会

    学会所在国:日本国

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 国際関係論

  • 研究分野:人文・社会 / 地域研究
    キーワード:大平洋地域研究 (アジア・オセアニア・北米地域)

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:日本の軍事力・平和力・市民力と東アジアにおける平和構築:靖国参拝と憲法9条改正も踏まえて
    誌名:東アジアの平和と和解  (頁 109 ~ 128)
    出版年月:2017年03月
    著者:水戸考道

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:単著
    専門分野:人文・社会 / 国際関係論,人文・社会 / 政治学

  • 記述言語:英語
    タイトル:“Energy Security and Institutions in Asia”
    誌名:Asian Designs: Risen Powers and the Struggle for International Governance Edited by Saadia M. Pekkanen
    出版年月:2016年
    著者:Takamichi Mito, Purnendra Jain

    掲載種別:論文集(書籍)内論文
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    タイトル: “The Government and Industrial Development in Modern Japan: the Case of the Oil Industry”
    誌名:The Journal of Law and Politics  49巻  1号
    出版年月:2014年05月
    著者:Takamichi Mito

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    担当部分:109-146
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    タイトル:“The Changing Face of International HRM and Business: Case Studies of Japanese and Taiwanese Companies Operating in China”
    誌名:Business and Finance: Performance and Management Edited by Richard B. Morland & Gagglione, A.J.
    出版年月:2011年
    著者:Takamichi Mito, Ying Zhu, Imogen Chen

    掲載種別:論文集(書籍)内論文
    担当部分:103-130
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    タイトル: ”Japanese Studies in Hong Kong”
    誌名:Japanese Studies in the World edited by P.A.George
    出版年月:2010年
    著者:Takamichi Mito

    掲載種別:論文集(書籍)内論文
    共著区分:単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:「グローバル化時代カナダのソフトパワー:高等教育の現状と可能性」
    出版者・発行元:竹中豊・飯野正子(編著)『現代カナダを知るための57章』明石書店151-155頁
    発行年月:2010年11月
    著者:水戸 考道

    著書種別:学術書
    担当区分:単著

  • 記述言語:英語
    タイトル:"Japanese Studies in Hong Kong"
    出版者・発行元:P.A. George (Ed.) Japanese Studies: Changing Global Profile (New Delhi: Northern B ook Centre), pp.248-256.
    発行年月:2010年04月
    著者:MITO Takamichi

    著書種別:学術書
    担当区分:単著

  • 記述言語:英語
    タイトル:“The Implications of Integration between International Business Strategies and International HRM: Case Studies of Japanese and Taiwanese Companies Operating in China”
    出版者・発行元:Harold V. Baines & James R. Ursah共編 Globalization: Understanding, Management, and Effects. Nova Science Publishers,1-31頁
    発行年月:2009年05月
    著者:MITO Takamichi

    著書種別:学術書
    担当区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:「日本研究の政治経済学」
    出版者・発行元:白旗洋三郎・劉建輝編『日本文化研究の過去、現在、未来-新たな地平線を開くためにー』国際日本研究センター、77-85頁
    発行年月:2009年03月
    著者:水戸 考道

    著書種別:学術書
    担当区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:『アジア太平洋地域における日本研究』
    出版者・発行元:香港日本語研究協会・ひまわり出版 (何志明・宮副裕子共編著)
    発行年月:2008年09月
    著者:水戸 考道

    著書種別:学術書
    担当区分:共著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:"Energy Institutions in Asia"
    誌名:International Workshop on Institutionalizing Asia, The Henry Jackson School of International Studies, University of Washington, Seattle, U.S.A. (Co-Authored with Purnendra Jain)
    出版年月:2010年09月
    著者:水戸 考道

    掲載種別:会議報告等
    共著区分:共著

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • タイトル:‘Open Access Student Mobility’ and ‘Integrated Interactive Short-Term Student Mobility’ as Responses to Deeper Internationalisation in Higher Education
    実施年月:2014年

    研究活動区分:その他

  • タイトル: Review of Kent Calder, The New Continentalism, Yale University Press, 2012, Journal of Asia Pacific International Relations, Vol.14, No.3.
    実施年月:2014年

    研究活動区分:書評

  • タイトル:“Study Abroad,” Yomiuri Online
    実施年月:2009年03月

    研究活動区分:その他

  • タイトル: ”Atogaki (Afterwards),” in Sengo Nihon Seiji to Heiwa Gaiko: Ajia no ichiin toshite kyosei surutameni in Mito & Eiichi Shindo (eds.), Sengo Nihon Seiji to Heiwa Gaiko
    実施年月:2007年

    研究活動区分:その他

  • タイトル:“Forum: The International Chambers of Commerce – President Rahael Alohani of the Israel Chamber of Commerce” Hong Kong Weekly
    実施年月:2004年09月

    研究活動区分:その他

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    会議名:Joint Conference of Canadian Association of Japanese Studies and Japan Association of Canadian Studies
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2015年
    開催地: the Embassy of Canada, Tokyo
    タイトル: “Continuities and Change in Identity and Foreign Relations of Modern Japan”
    会議種別:口頭発表(招待・特別)

  • 記述言語:英語
    会議名:Joint Conference of International Education Association of Australia & Asia Pacific Association of International Education, Chinese University of Hong Kong
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2014年06月
    開催地:The Chinese University of Hong Kong
    タイトル:“ ’Open Access Student Mobility’ and ‘Integrated Interactive Short-Term Student Mobility’ as Responses to Stage 2 Internationalisation in Higher Education”
    会議種別:口頭発表(基調)

  • 記述言語:英語
    会議名: Japan Foundation-The Kamenori Foundation Earth Youth Summit in Japan
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2013年10月
    開催地:Japan
    タイトル:“The Role of Educational Exchange in a De-Globalizing Asia”
    会議種別:口頭発表(基調)

  • 記述言語:英語
    会議名:Annual Conference of Japanese Association of Canadian Studies, Kansai University
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2012年09月
    開催地:Kansai University
    タイトル:“Japan-Canada Educational Collaborative Program”
    会議種別:口頭発表(招待・特別)

  • 記述言語:英語
    会議名:Kansai Chapter Seminar, Canadian Association for Japanese Studies
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2010年11月
    開催地: 
    タイトル:"The Importance of Canadian Studies in Japanese Higher Education: the Case of Kwansei Gakuin University""
    会議種別:口頭発表(一般)

全件表示 >>

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:Business-Government Relations in East Asia

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:Japan in a Globalizing World

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:国際教育・協力センター/CIEC

    授業科目名:カナダ研究入門A

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:国際教育・協力センター/CIEC

    授業科目名:カナダ研究入門B

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:政治学研究演習II

    授業形式:代表者

全件表示 >>

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:国際教育・協力センター委員
    活動期間:201804(年月) ~ 202303(年月)

  • 活動名称:国際連携機構国際教育・協力センター副長
    活動期間:201404(年月) ~ 201603(年月)

  • 活動名称:大学院法学研究科教授
    活動期間:201304(年月) ~ 201403(年月)

  • 活動名称:法学部教授
    活動期間:201304(年月) ~ 201403(年月)

  • 活動名称:カナダ研究・交流専門部会長
    活動期間:201304(年月) ~ 201403(年月)

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • タイトル:かめのり財団「地球青少年サミット・アジア2011」アドバイザー
    年月:2010年08月 ~ 2011年12月

  • タイトル:かめのり財団「かめのり地球青少年サミットジャパン」 プログラムアドバイザー
    年月:2010年04月 ~ 2010年12月

  • タイトル:Harvard大学早稲田サマープログラムアドバイザーおよび教授
    年月:2009年01月 ~ 2010年03月

  • タイトル:ベニス国際大学Academic Council アドバイザー
    年月:2008年10月 ~ 2010年03月

  • タイトル:Yale大学早稲田サマープログラムアドバイザー
    年月:2008年09月 ~ 2010年03月