基本情報

写真b

栗田 匡相

KURITA Kyousuke

所属
経済学部
研究分野・キーワード
開発経済学, 環境経済学
研究概要
開発経済学、国際経済学、環境経済学などの分野で家計や企業などのミクロデータを用いたミクロ計量分析を行っている。 研究トピックとしては、途上国の貧困や格差(民族、ジェンダー)の問題、途上国における国内人口移動(主にタイ)と国外人口移動(主にフィリピン)、中国における企業の立地選択や生産性の向上について、森林資源と経済成長の関係やアジア地域の持続可能な発展と環境共同体の可能性、など多岐にわたる
SDGs 関連ゴール

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(経済学)
    分野名:人文・社会 / 経済政策
    授与機関名:一橋大学
    取得方法:課程
    取得年月:2006年05月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:関西学院大学
    部署名:経済学部
    職名:教授
    年月:2021年04月 ~ 継続中

  • 所属:関西学院大学
    部署名:経済学部
    職名:准教授
    年月:2010年04月 ~ 2021年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:国際開発学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本人口学会

    学会所在国:日本国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 経済政策

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:新聞記事に見る温暖化報道の差違と環境意識 -日中韓の比較分析-
    誌名:『IR3S/WISPJ 2008 年度・マクロ班報告書 気候政策の政治的意思決定とジャーナリズム』所収
    出版年月:2009年05月
    著者:栗田 匡相

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:地方別に見たタイの国内人口移動 -労働力調査データに基づくミクロ実証分析-
    誌名:『アジア太平洋討究』第11号、pp.249-262. 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科
    出版年月:2008年11月
    著者:栗田 匡相

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:開発経済学への誘い -アジアと関わることについて-
    出版者・発行元:寺田貴編『アジア学のすすめ 第1巻 アジア政治・経済論』弘文堂に所収
    発行年月:2010年06月
    著者:栗田 匡相

    著書種別:学術書
    担当区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:都市農村間格差問題へのミクロ計量経済学アプローチ タイ、フィリピン、インド、中国の事例
    出版者・発行元:北村行伸編著『応用ミクロ計量経済学』(日本評論社)所収 
    発行年月:2010年02月
    著者:栗田 匡相

    著書種別:学術書
    担当区分:共著

MISC 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:Asia-Vision サーベイの概要と日本調査の結果
    誌名:『Asia-Vision サーベイ日本調査報告書』早稲田大学グローバルCOEプロジェクト(GIARI)
    出版年月:2010年04月
    著者:栗田 匡相

    掲載種別:会議報告等
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:「「持続可能な社会」の構築に向けたアプローチ」並びに「持続可能な社会の構築に向けての展望」を執筆
    誌名:『持続可能な社会の構築 総合調査報告書』国立国会図書館
    出版年月:2010年03月
    著者:栗田 匡相

    掲載種別:会議報告等
    共著区分:共著

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2022年04月 ~ 2026年03月
    タイトル:途上国・中進国における労働者の能力開発とピア効果:多国間比較と社会実験による検証

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月
    タイトル:社会実験とネットワーク分析を用いたマダガスカルにおける稲作技術の受容と伝播

      外部サイトへのリンクを表示

  • 研究種目:
    研究期間:2015年03月 ~ 2018年12月
    タイトル:インドネシア国裾野産業・中小企業生産性向上

    提供機関:独立行政法人国際協力機構

  • 研究種目:若手研究(B)
    研究期間:2011年04月 ~ 2015年03月
    タイトル:ASEAN地域における貧困削減と農村開発

      外部サイトへのリンクを表示

  • 研究種目:研究活動スタート支援
    研究期間:2009年04月 ~ 2011年03月
    タイトル:ジェンダー格差と経済発展:台湾、タイ、インドの多国間比較分析(研究課題番号21810031)

      外部サイトへのリンクを表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    会議名:Finnish Economic Association – XXXII Annual Meeting,Tampere, Finland
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2010年02月
    開催地: 
    タイトル:Is gender inequality harmful for the growth? :The case study in Thailand from 1988 to 2004 (revised version)
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:英語
    会議名:Singapore Economic Review Conference 2009, Singapore
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2009年08月
    開催地: 
    タイトル:Is gender inequality harmful for the growth? :The case study in Thailand from 1988 to 2004
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:英語
    会議名:Finnish Society for Economic Research XXX Annual Meeting, Turk Finland
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2009年02月
    開催地: 
    タイトル:Why do migrants return to their origins? The analysis of relative deprivation effect on migration decision in Thailand
    会議種別:口頭発表(一般)

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:経済学部

    授業科目名:プレ演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:経済学部

    授業科目名:卒業論文

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:経済学部

    授業科目名:国内フィールドワーク実習(マーケティングリサーチで学ぶ関西中小企業の現状)

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:経済学部

    授業科目名:国内フィールドワーク実習(共生社会の構築)

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:経済学部

    授業科目名:国内フィールドワーク実習(過疎地域の地域創生)

    授業形式:代表者

全件表示 >>

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:学部長補佐
    活動期間:201904(年月) ~ 202103(年月)

  • 活動名称:学部長補佐
    活動期間:201404(年月) ~ 201503(年月)

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • タイトル:国立国会図書館 総合調査プロジェクト「持続可能な社会の構築」 非常勤研究員
    年月:2009年04月 ~ 2010年03月

  • タイトル:世界銀行コンサルタント
    年月:2008年04月 ~ 2008年10月