基本情報

写真b

佐藤 洋

SATOU Hiroshi

所属
人間福祉学部 社会福祉学科
研究分野・キーワード
内科学, 循環器内科学
研究概要
心筋梗塞などの動脈硬化を基盤とする疾患は、癌と並んで生命予後や生活の質に著しい影響を及ぼす国民的疾患である。急性期医療の進歩に伴い発症時救命率は劇的に向上しつつあるがが、発症予防、予後改善や生活レベル維持など生涯にわたる長期的施策に関する知見は未だ不十分である。心筋梗塞、脳卒中の急性期治療の大規模調査から遺伝子多型やバイオマーカーなど個人の特質に立脚した個別化医療確立と健康、生活の質改善を目指す。
SDGs 関連ゴール

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:大阪大学
    学部(学系)名:医学部
    学科・専攻等名:医学科

    学校の種類:大学
    卒業年月:1983年03月
    卒業区分:卒業
    国名:日本国

  • 学校名:東京大学
    学部(学系)名:工学部
    学科・専攻等名:計数工学科

    学校の種類:大学
    卒業年月:1979年03月
    卒業区分:卒業
    国名:日本国

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 留学先:米国ユタ大学
    経歴名:助手
    年月:1997年07月 ~ 1997年09月

  • 留学先:米国サウスカロライナ医科大学
    経歴名:研究員
    年月:1993年12月 ~ 1996年01月

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:医学博士
    分野名:ライフサイエンス / 循環器内科学
    授与機関名:大阪大学
    取得方法:論文
    取得年月:1992年08月

  • 学位名:医学士
    分野名:ライフサイエンス / 内科学一般
    授与機関名:大阪大学
    取得方法:課程
    取得年月:1983年03月

  • 学位名:工学士
    分野名:ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 計測工学
    授与機関名:東京大学
    取得方法:課程
    取得年月:1979年03月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:関西学院大学
    職名:教授
    年月:2010年04月 ~ 継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:日本心臓病学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本超音波医学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本産業衛生学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:American College of cardiology

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本循環器学会

    学会所在国:日本国

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:ライフサイエンス / 栄養学、健康科学

  • 研究分野:ライフサイエンス / 循環器内科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 資格名:医師

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:心筋梗塞に関する研究

    研究期間:1998年04月 ~ 継続中
    研究態様(個人・共同別)区分:国内共同研究
    研究制度:科学研究費補助金

  • 研究課題名:心房細動の塞栓症予防に関する研究

    研究期間:1997年09月 ~ 2006年03月
    研究態様(個人・共同別)区分:国内共同研究
    研究制度:その他の研究制度

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Prevalence of the Japanese high bleeding risk criteria and its prognostic significance for fatal bleeding in patients with acute myocardial infarction
    誌名:Heart and Vessels
    出版年月:2021年03月
    著者:Ryu Shutta, MD; Daisaku Nakatani, MD, PhD; Yasuhiko Sakata, MD, PhD; Shungo Hikoso, MD, PhD; Hiroya Mizuno, MD, PhD; Shinichiro Suna, MD, PhD; Tetsuhisa Kitamura, MD, PhD; Katsuki Okada, MD, PhD; Tomoharu Dohi, MD, PhD; Takayuki Kojima, MD; Bolrathanak Oeun, MD; Akihiro Sunaga, MD; Hirota Kida; Hiroshi Sato, MD, PhD; Masatsugu Hori, MD, PhD; Issei Komuro, MD, PhD; Masami Nishino, MD, PhD; Yasushi Sakata, MD, PhD on behalf of the Osaka Acute Coronary Insufficiency Study (OACIS) Investigators

    DOI:0.1007/s00380-021-01836-9.
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:The Effect of a Cancer History on Patients with Acute Myocardial Infarction After Percutaneous Coronary Intervention
    誌名:International Heart Journal
    出版年月:2021年03月
    著者:Taro Takeuchi,1 , Shungo Hikoso,2 MD, Satoshi Hattori,3 PhD, Tetsuhisa Kitamura,1 MD, Daisaku Nakatani,2 MD, Hiroya Mizuno,2 MD, Katsuki Okada,2 MD, Tomoharu Dohi,2 MD, Takayuki Kojima,2 MD, Hirota Kida,2 MAS, Akihiro Sunaga,2 MD, Bolrathanak Oeun,2 MD, Taiki Sato,2 MD, Yasuhiko Sakata,4 MD, Hiroshi Sato,5 MD, Masatsugu Hori,6 MD, Issei Komuro,7 MD, Tomotaka Sobue,1 MD and Yasushi Sakata,2 MD on behalf of the Osaka Acute Coronary Insufficiency Study (OACIS) Group

    DOI:10.1536/ihj.20-452
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Population-specific and trans-ancestry genome-wide analyses identify distinct and shared genetic risk loci for coronary artery disease.
    誌名:Nature Genetics  52巻  (頁 1169 ~ 1177)
    出版年月:2020年10月
    著者:Satoshi Koyama  1 , Kaoru Ito  1 ✉, Chikashi Terao  2 , Masato Akiyama2,3, Momoko Horikoshi4, Yukihide Momozawa5 , Hiroshi Matsunaga1,6, Hirotaka Ieki1,6, Kouichi Ozaki1,7, Yoshihiro Onouchi  1,8, Atsushi Takahashi2,9, Seitaro Nomura6,10, Hiroyuki Morita6, Hiroshi Akazawa6, Changhoon Kim  11, Jeong-sun Seo11,12, Koichiro Higasa13,14, Motoki Iwasaki15, Taiki Yamaji15, Norie Sawada  15, Shoichiro Tsugane  16, Teruhide Koyama17, Hiroaki Ikezaki  18, Naoyuki Takashima19,20, Keitaro Tanaka  21, Kokichi Arisawa22, Kiyonori Kuriki23, Mariko Naito24,25, Kenji Wakai25, Shinichiro Suna26, Yasuhiko Sakata27, Hiroshi Sato28, Masatsugu Hori29, Yasushi Sakata26, Koichi Matsuda  30, Yoshinori Murakami  31, Hiroyuki Aburatani  10, Michiaki Kubo  32, Fumihiko Matsuda14, Yoichiro Kamatani  2,14,33 ✉ and Issei Komuro  6 ✉

    DOI: 10.1038/s41588-020-0705-3
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Impact of Hyperglycemia on Long-Term Outcome in Patients With ST-Segment Elevation Myocardial Infarction.
    誌名:American Journal of Cardiology  125巻  6号  (頁 851 ~ 859)
    出版年月:2020年05月
    著者: Takayuki Kojima 1, Shungo Hikoso 2, Daisaku Nakatani 1, Shinichiro Suna 1, Tomoharu Dohi 1, Hiroya Mizuno 1, Katsuki Okada 1, Tetsuhisa Kitamura 3, Hirota Kida 1, Bolrathanak Oeun 1, Akihiro Sunaga 1, Hiroyuki Kurakami 4, Tomomi Yamada 4, Yasuhiko Sakata 5, Hiroshi Sato 6, Masatsugu Hori 7, Issei Komuro 8, Yasushi Sakata 1, Osaka Acute Coronary Insufficiency Study (OACIS) Group

    DOI:10.1016/j.amjcard.2019.12.034
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Hydrophilic vs. Lipophilic Statins in Diabetic Patients - Comparison of Long-Term Outcomes After Acute Myocardial Infarction
    誌名:Circulation Report  2巻  5号  (頁 280 ~ 287)
    出版年月:2020年03月
    著者:Ryu Shutta, Daisaku Nakatani, Yasuhiko Sakata, Shungo Hikoso, Hiroya Mizuno, Shinichiro Suna, Tetsuhisa Kitamura, Katsuki Okada, Tomoharu Dohi, Takayuki Kojima, Bolrathanak Oeun, Akihiro Sunaga, Hirota Kida, Hiroshi Sato, Masatsugu Hori, Issei Komuro, Masami Nishino, Yasushi Sakata, on behalf of the Osaka Acute Coronary Insufficiency Study (OACIS) Investigators

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:ファーマナビゲーター抗凝固療法編
    出版者・発行元:メディカルビュー社
    発行年月:2015年04月
    著者:佐藤 洋

    著書種別:学術書
    担当範囲:Chapter3 抗血小板薬・抗凝固薬のエビデンス「抗血小板薬」 
    担当区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:内科疾患患者のメンタルケアアプローチ 循環器疾患編
    出版者・発行元:新興医学出版社
    発行年月:2013年01月
    著者:佐藤 洋、中谷大作

    著書種別:学術書
    担当範囲:急性心筋梗塞とうつ
    担当区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:EBM循環器疾患の治療
    出版者・発行元:中外医学社
    発行年月:2012年03月
    著者:佐藤洋、坂田泰彦

    著書種別:学術書
    担当範囲:ACSは遺伝するのか
    担当区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:新しい診断と治療のABC15 心房細動
    出版者・発行元:最新医学社
    発行年月:2009年
    著者:佐藤 洋

    著書種別:学術書
    担当範囲:血栓形成
    担当区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:循環器疾患最新の治療
    出版者・発行元:南江堂
    発行年月:2007年
    著者:佐藤 洋

    著書種別:学術書
    担当範囲:遺伝子多型による心疾患のテーラーメード医療
    担当区分:単著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:心筋梗塞と遺伝的素因
    誌名:臨床病理  61巻  2号  (頁 176 ~ 183)
    出版年月:2013年
    著者:原正彦 坂田泰彦 佐藤洋

    掲載種別:その他
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:日本から発信する血管病のEBM INTERHEART
    誌名:Journal of Vascular Medicine  8巻  1号  (頁 56 ~ 60)
    出版年月:2012年
    著者:佐藤 洋

    掲載種別:その他
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:急性心筋梗塞の予後規定因子
    誌名:日本臨床増刊号「冠動脈疾患」下  (頁 105 ~ 110)
    出版年月:2011年11月
    著者:中谷大作、坂田泰彦、佐藤洋

    掲載種別:その他
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:アスピリンは心房細動患者の脳塞栓症発症予防に効果はあるのでしょうか?
    出版者・発行元:ライフサイエンス社
    誌名:GeriatricMedicine「特集高齢者医療における新規抗凝固療法の幕開けー脳卒中発症予防の新展開ー」  49巻  11号  (頁 1323 ~ 1326)
    出版年月:2011年11月
    著者:佐藤洋

    掲載種別:その他
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:急性冠症候群の遺伝因子
    出版者・発行元:メディカルレビュー社
    誌名:The LIPID「特集 急性冠症候群研究の最前線」  22巻  3号  (頁 261 ~ 266)
    出版年月:2011年07月
    著者:佐藤洋

    掲載種別:その他
    共著区分:単著

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2013年04月 ~ 2016年03月
    タイトル:罹病高齢者の生活習慣病修飾因子と生命予後情報を用いた運動処方最適化指針基盤の確立

      外部サイトへのリンクを表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    会議名:The77th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2013年03月
    開催地:OE-007
    タイトル:Circulating MicroRNAs as Therepeutic Targets for Cardiac Remodeling and Heart Failure in Patients after Acute Myocardial Infarction
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:英語
    会議名:The77th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2013年03月
    開催地:Plenary Session 1 (PL01) (MD) Beyond LDL: How to Manage Residual Risks?
    タイトル:Risk Stratification with Serum Eicosapentaenoic and Docosahexaenoic Acids in Patients after Acute Myocardial Infarction; The Impact beyond Low-Density Lipoprotein Cholesterol
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:英語
    会議名:The77th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2013年03月
    開催地:March 15 (Fri) 15:30 - 16:20
    タイトル:Clinical Significance of Blood Urea Nitrogen Levels at Admission in Patients with Acute Myocaridial Infarction
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:英語
    会議名:The77th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2013年03月
    開催地:Late Breaking Cohort Studies 2-2
    タイトル:Evaluation of Impacts of Genetic Background on Cardiovascular Mortality and Mobidity in Patients with Acute Myocardial Infarction:The OACIS Genome Study
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:兵庫県保険医協会薬科部
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2012年07月
    開催地:兵庫県農業会館
    タイトル:心房細動の塞栓症予防
    会議種別:口頭発表(一般)

全件表示 >>

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:人間福祉学部

    授業科目名:医学一般

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:人間福祉学部

    授業科目名:現代の医療と医学

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:人間福祉研究科前期

    授業科目名:研究演習

    授業形式:代表者

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:保健館長
    活動期間:202204(年月) ~ 202303(年月)

  • 活動名称:統括産業医
    活動期間:202104(年月) ~ 202303(年月)

  • 活動名称:産業医
    活動期間:201004(年月) ~ 202303(年月)

  • 活動名称:学校医
    活動期間:201004(年月) ~ 202303(年月)