基本情報

写真b

湊 秋作

MINATO Shuusaku


職名

教授

研究分野・キーワード

動物学, 理科教育, 環境教育, 環境保全, 田んぼの環境教育

プロフィール

私の研究と教育活動は、以下である。一つめは環境教育。小学校の全教科で取り組む環境教育カリキュラムや幼児から企業人への環境教育プログラム及び教育養成大学における環境教育カリキュラムの開発である。二つめは、理科教育。サイエンスの不思議さとおもしろさを子どもたちが体感できる理科教育の創造である。3つめは、ヤマネの総合的研究。ヤマネの生態や行動、生理的な研究を深めることである。4つめは、環境保全である。ヤマネを通したを環境保全の方法であるアニマルパスウエイを研究開発し、普及することで生物多様性の保全に貢献したいと考えている。

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 教育学部 教育学科
    経歴名:教授
    職務期間:2010年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本生態学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本理科教育学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本生物教育学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本教科教育学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本環境教育学会

    学会所在国:日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):生物多様性・分類

  • 専門分野(科研費分類):生物資源保全学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Helping (Japanese) Dormice to cross the road
    掲載誌名:Oryx  46,July号
    掲載誌 発行年月:2012年07月
    著者氏名(共著者含):MINATO Shuusaku

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:アニマルパスウェイの研究と普及
    掲載誌名:野生生物と交通/野生生物と交通
    掲載誌 発行年月:2012年03月
    著者氏名(共著者含):湊 秋作

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Wildlife bridges for small mamamals
    掲載誌名:BRITISH WILDLIFE/23・3/BRITISH WILLDLIFE
    掲載誌 発行年月:2012年02月
    著者氏名(共著者含):MINATO Shuusaku

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:「Spatial Framework of Nine Distinct Local Populations of the Japanese Dormouse Glirulus japonicus Based on Matrilineal Cytochrome b and Patrilineal SRY Gene Sequences
    掲載誌名:ZOOLOGICAL SCIENCE/29: 111–120/日本動物学会
    掲載誌 発行年月:2012年02月
    著者氏名(共著者含):MINATO Shuusaku

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:ニホンヤマネGlirulus japonicusの活動期における休息場所としての朽ち木の利用
    掲載誌名:環動昆/ 21・4/日本環境動物昆虫学会
    掲載誌 発行年月:2010年12月
    著者氏名(共著者含):湊 秋作

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:行ってみよう科学探検:キープやまねミュージアム 
    出版機関名:理科教室/第55号10号/科学教育研究協議会編集/日本標準刊
    発行年月:2012年10月
    著者氏名(共著者含):湊 秋作

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:松本由美子の環境・エネルギーDiary:ヤマネの保護活動を通して森と動物を守る
    出版機関名:地球環境とエネルギー/2012年8月号/日本工業新聞社
    発行年月:2012年08月
    著者氏名(共著者含):湊 秋作

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

  • 記述言語:日本語
    著書名:自然のなかの環境教育で明らかになった4大効果(連載 環境教育はリーダーシップ教育) 
    出版機関名:環境会議/秋号 2011年/宣伝会議
    発行年月:2011年09月
    著者氏名(共著者含):湊 秋作

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:ヤマネのすむ森
    出版機関名:学研
    発行年月:2010年07月
    著者氏名(共著者含):湊 秋作

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

  • 記述言語:日本語
    著書名:大切ないのち生まれたよ 
    出版機関名:学研
    発行年月:2010年02月
    著者氏名(共著者含):湊 秋作

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

全件表示 >>

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:技術情報「那須平成の森 アニマルパスウェイ」について
    出版機関名:環境省
    掲載誌名: 国立公園/2012年6月号
    掲載誌 発行年月:2012年06月
    著者氏名(共著者含):湊 秋作

    掲載種別:その他記事
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    題目:アニマルパスウェイの開発と普及 (特集 生物多様性を守る技術)
    出版機関名:神奈川県立川崎図書館
    掲載誌名:科学EYES/ Vol.52, No.2 (2010)
    掲載誌 発行年月:2011年03月
    著者氏名(共著者含):湊 秋作

    掲載種別:その他記事
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    題目:ヤマネ研究の情熱を育む
    出版機関名:都留文科大学地域交流センター
    掲載誌名:地域交流センターセンター通信/18
    掲載誌 発行年月:2010年12月
    著者氏名(共著者含):湊 秋作

    掲載種別:その他記事
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:ヤマネ物語
    掲載誌名:『ソトコト』10月号(p74~p77)
    掲載誌 発行年月:2008年10月
    著者氏名(共著者含):湊 秋作

    掲載種別:その他記事
    共著区分:単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:「環境大臣賞」
    受賞年月:2010年06月
    受賞国:日本国
    受賞区分:その他の賞
    授与機関: いきもの企業活動コンテスト実行委員会
    受賞者・受賞グループ名:湊 秋作

  • 受賞学術賞名:土木学会「環境賞」
    受賞年月:2008年05月
    受賞国:日本国
    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞
    授与機関:日本土木学会
    受賞者・受賞グループ名:湊 秋作

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:14Th International Hibernation Symposium in Semmering, Austria. 08 to 14 Aug in 2012.
    会議区分:国際会議
    開催期間:2012年08月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:Hibernation-site Selection and Body Temperature Pattern in the Japanese dormouse, Glirulus japonicas
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:第11回「野生生物と交通」研究発表会 札幌 2012年
    会議区分:国内会議
    開催期間:2012年02月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:アニマルパスウェイの研究と普及
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:2009年大会 哺乳類学会 台北 2009年
    会議区分:国内会議
    開催期間:2011年11月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:ニホンヤマネの冬眠場所
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:国際ヤマネ学会
    会議区分:国際会議
    開催期間:2011年09月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:Geographical changes in the breeding season of the Japanese dormouse, Glirulus japonicas
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:8th International Dormouse Conference 2011. Ostritz.
    会議区分:国内会議
    開催期間:2011年09月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:Decayed trees as resting places for Japanese dormouse Glirulus japonicas during the active period
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:体験実習II

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:教育学研究科前期

    授業科目名:修士論文

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:教育学研究科前期

    授業科目名:初等教育学研究(理科)

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:教職実践演習(幼・小・中・高)

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:教職実践演習(幼・小)

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:新聞:毎日新聞 山梨県版。アニマルパスウェイを普及開発しているようすを紹介していただく。
    活動期間:2012年09月

  • 活動名称:テレビ:TBS 「風の言葉」で きれいな八ヶ岳の森の中でヤマネを保護する様子を紹介される。
    活動期間:2012年09月

  • 活動名称:表彰:経団連自然保護協議会より。ヤマネを通したヤマネ保護、森林保全の研究と環境教育の活動に「経団連自然保護協議会感謝状」をいただく
    活動期間:2012年05月

  • 活動名称:通信:リス通信より。ヤマネブリッジアンダーパスの報告
    活動期間:2012年04月

  • 活動名称:新聞:山梨日日新聞。3月17日(土) 「山梨の森は今 4」 アニマルパスウェイの活動が紹介された。
    活動期間:2012年03月

全件表示 >>