基本情報

写真b

須永 努

SUNAGA Tsutomu


職名

教授

研究室住所

兵庫県西宮市上ヶ原一番町1-155

研究分野・キーワード

マーケティング論, 消費者行動論

メールアドレス

メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:早稲田大学
    学部(学系)名:商学部

    学校の種類:大学
    卒業年月:1999年03月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:早稲田大学
    研究科名:商学研究科

    修了課程:博士課程
    修了年月:2006年03月
    修了区分:単位取得満期退学
    所在国:日本国

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 留学先:英国オックスフォード大学
    経歴名:客員研究員
    留学期間:2014年09月 ~ 2015年08月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(商学)
    学位の分野名:商学
    学位授与機関名:早稲田大学
    取得方法:論文
    取得年月:2009年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 商学部
    経歴名:准教授
    職務期間:2011年04月 ~ 2015年03月

  • 職務遂行組織:関西学院大学 商学部
    経歴名:教授
    職務期間:2015年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:Association for Consumer Research

    学会所在国:アメリカ合衆国

  • 所属学会:Society for Consumer Psychology

    学会所在国:アメリカ合衆国

  • 所属学会:American Marketing Association

    学会所在国:アメリカ合衆国

  • 所属学会:European Marketing Academy

    学会所在国:ベルギー王国

  • 所属学会:Marketing Science Institute

    学会所在国:アメリカ合衆国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):商学

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:消費者の購買意思決定研究-購買意思決定プロセスにおける動態性の解明-
    学位授与年月:2009年09月
    著者氏名(共著者含):須永 努

    共著区分:単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:How the Sound Frequency of Background Music Influences Consumers’ Perceptions and Decision Making
    掲載誌名:Psychology & Marketing  35巻  4号  (頁 253 ~ 267)
    掲載誌 発行年月:2018年04月
    著者氏名(共著者含):Tsutomu Sunaga

    DOI:10.1002/mar.21084
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):商学

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Effects of Lightness-Location Congruency on Consumers' Purchase Decision-Making
    掲載誌名:Psychology & Marketing  33巻  11号  (頁 934 ~ 950)
    掲載誌 発行年月:2016年10月
    著者氏名(共著者含):Sunaga, Tsutomu, Jaewoo Park, and Charles Spence

    DOI:10.1002/mar.20929
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Music Frequency and Consumers’ Perceptions
    掲載誌名:Society for Consumer Psychology 2018 Winter Conference Proceedings  (頁 690 ~ 692)
    掲載誌 発行年月:2018年05月
    著者氏名(共著者含):Tsutomu Sunaga

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:消費者の意思決定時におけるメタ認知の影響
    掲載誌名:商学論究  62巻  2号  (頁 17 ~ 31)
    掲載誌 発行年月:2014年10月
    著者氏名(共著者含):須永 努

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:店舗内環境研究の概観と今後の方向性 ―ホリスティック・アプローチと実験的アプローチ―
    掲載誌名:商学論究  62巻  1号  (頁 81 ~ 95)
    掲載誌 発行年月:2014年07月
    著者氏名(共著者含):須永 努

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:消費者理解に基づくマーケティング:感覚マーケティングと情報消化モデル
    出版機関名:有斐閣
    発行年月:2018年11月
    著者氏名(共著者含):須永 努

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

  • 記述言語:日本語
    著書名:フェイス・トゥ・フェイス・ブック : クチコミ・マーケティングの効果を最大限に高める秘訣
    出版機関名:有斐閣
    発行年月:2016年12月
    著者氏名(共著者含):澁谷 覚, 久保田 進彦, 須永 努

    著書種別:単行本(一般書)
    著書形態:共訳

  • 記述言語:日本語
    著書名:はじめてのマーケティング 
    出版機関名:有斐閣
    発行年月:2013年12月
    著者氏名(共著者含):久保田進彦、澁谷 覚、須永 努

    著書種別:教科書
    担当部分:第2部
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:マーケティング 
    出版機関名:放送大学教育振興会
    発行年月:2013年03月
    著者氏名(共著者含):橋田 洋一郎、須永 努

    著書種別:教科書
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:1からのマーケティング分析 
    出版機関名:碩学社
    発行年月:2011年03月
    著者氏名(共著者含):恩蔵直人、冨田健司編

    著書種別:教科書
    担当部分:第12章 因子分析 (195~210頁)
    著書形態:共著

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 名称:The Psychology of Advertising
    活動期間(研究年月など):2013年03月

    研究活動区分:書評

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:日本商業学会学会賞(優秀論文賞)
    受賞年月:2006年06月03日
    受賞国:日本国
    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰
    授与機関:日本商業学会
    受賞者・受賞グループ名:須永 努

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2016年04月 ~ 2019年03月
    研究題目:消費者行動における選好逆転の体系的理論構築に関する研究

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2015年04月 ~ 2019年03月
    研究題目:クロスモダール対応を考慮した店舗環境と消費者行動に関する研究

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2013年 ~ 2016年
    研究題目:状況要因と選択目標を考慮した消費者選択行動の研究~理論の体系化に向けて~

    研究内容:消費者が製品やサービスを選択する際の選択の方法とその結果が、選択時の環境や選択の目標にどのような影響を受けるのかについて体系的な研究を実施した。その結果、選択対象と消費者との心理的距離、複数の対象の比較方法などによって消費者の選択方法と選択結果が異なるという現象を見出し、そのメカニズムに関して体系的な整理を行った。

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2010年 ~ 2012年
    研究題目:解釈レベル理論を用いた顧客満足規定要因に関する研究

    研究内容:人の物事の評価・選択は心理的な距離(時間、空間、社会的親しさ等)が遠いほど抽象的になされるという仮説に基づいて、顧客の満足度の規定要因を様々な製品あるいは購入状況に絡めて研究した。研究の結果はおおむね仮説を支持するものとなった。消費者の考え方の抽象度測定のための尺度開発においても一定の前進をすることができた。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:Society for Consumer Psychology (SCP) Annual 2018 Winter Conference
    会議区分:国際会議
    開催期間:2018年02月
    開催場所:Fairmont Hotel in Dallas, Texas, U.S.A.
    題目又はセッション名:Music Frequency and Consumers’ Perceptions (Individual Papers Session)
    発表形態:口頭(一般)
    専門分野(科研費分類):商学

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本心理学会公開シンポジウム 消費者の心理を探る
    会議区分:国内会議
    開催期間:2018年11月
    開催場所:青山学院大学
    題目又はセッション名:感覚マーケティングと消費者心理
    発表形態:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:センサリー・マーケティング連続シンポジウム;第1回 我が国におけるセンサリー・マーケティングの可能性と課題
    会議区分:国内会議
    開催期間:2018年08月
    開催場所:早稲田大学
    題目又はセッション名:センサリー・マーケティングと解釈レベル理論のつながり
    発表形態:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:第55回消費者行動研究コンファレンス
    会議区分:国内会議
    開催期間:2018年03月
    開催場所:早稲田大学
    題目又はセッション名:感覚マーケティングと感覚間相互作用
    発表形態:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)
    専門分野(科研費分類):商学,実験心理学

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:Institute for Operations Research and the Management Sciences (INFORMS) Annual Meeting 2015
    会議区分:国際会議
    開催期間:2015年11月
    開催場所:Pennsylvania, Philadelphia, U.S.A.
    題目又はセッション名:Brightness-Location Congruency Effects on Consumer Behavior in Retail Context
    発表形態:ポスター(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2018年度(西暦)

    提供部署名:商学部

    授業科目名:マーケティング入門

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2018年度(西暦)

    提供部署名:商学部

    授業科目名:マーケティング入門

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2018年度(西暦)

    提供部署名:商学研究科前期

    授業科目名:マーケティング研究演習I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2018年度(西暦)

    提供部署名:商学研究科前期

    授業科目名:マーケティング研究演習II

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2018年度(西暦)

    提供部署名:商学部

    授業科目名:商学演習

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:学部長補佐
    活動期間:2016年04月 ~ 2018年03月

  • 活動名称:教授
    活動期間:2015年04月 ~ 継続中

  • 活動名称:准教授
    活動期間:2011年04月 ~ 2015年03月

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 学会・委員会:European Journal of Marketing
    役職・役割名:Reviewer
    活動期間:2018年11月

  • 学会・委員会:Society for Consumer Psychology
    役職・役割名:Reviewer, SCP Winter Conference 2018 (Individual Papers and Working Papers)
    活動期間:2017年10月

  • 学会・委員会:日本消費者行動研究学会
    役職・役割名:理事
    活動期間:2018年05月 ~ 継続中

  • 学会・委員会:日本消費者行動研究学会
    役職・役割名:学会賞審査委員
    活動期間:2018年05月 ~ 継続中

  • 学会・委員会:日本商業学会
    役職・役割名:『流通研究』編集委員
    活動期間:2017年05月 ~ 継続中

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:実務家教育:特定非営利活動法人 関西社会人大学院連合 「専門セミナー」講師
    活動期間:2010年10月 ~ 2014年07月

  • 活動名称:実務家教育:(社)日本マーケティング協会マーケティングアカデミー ベーシックコース指導講師
    活動期間:2008年04月 ~ 継続中