基本情報

写真b

京 明

KYO Akira

職名
教授
研究分野・キーワード
刑事法学
研究概要
日英刑事・少年法制の比較研究

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 留学先:イギリス・ポーツマス大学・刑事司法研究所
    経歴名:学院留学(長期)
    留学期間:2015年04月 ~ 2016年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士
    学位の分野名:刑事法学
    学位授与機関名:一橋大学
    取得方法:課程
    取得年月:2004年07月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 司法研究科
    経歴名:准教授
    職務期間:2012年04月 ~ 2017年03月

  • 職務遂行組織:関西学院大学 司法研究科
    経歴名:教授
    職務期間:2017年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先名:龍谷大学
    所属部署名:矯正・保護研究センター
    経歴名:博士研究員
    経歴期間:2005年11月 ~ 2008年03月

  • 所属(勤務)先名:香川大学
    所属部署名:連合法務研究科
    経歴名:准教授
    経歴期間:2008年04月 ~ 2012年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本刑法学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:法と心理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:比較法学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):刑事法学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:湖東記念病院事件と供述弱者の取調べ-被疑者が供述弱者である場合の問題点
    掲載誌名:季刊刑事弁護  105号  (頁 62 ~ 67)
    掲載誌 発行年月:2021年01月
    著者氏名(共著者含):京 明

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Youth Justice in England & Wales: Past, Present & Future
    掲載誌名:龍谷大学矯正・保護研究センター年報  8号  (頁 64 ~ 92)
    掲載誌 発行年月:2019年02月
    著者氏名(共著者含):Tom Ellis, Akira Kyo

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:イギリスの自由刑
    掲載誌名:比較法研究  80号  (頁 250 ~ 255)
    掲載誌 発行年月:2019年01月
    著者氏名(共著者含):京 明

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:松尾浩也理論と証拠法~直接主義を中心に
    掲載誌名:近畿大学 法学  65巻  2号  (頁 90 ~ 104)
    掲載誌 発行年月:2017年11月
    著者氏名(共著者含):京 明

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Reassessing Juvenile Justice in Japan: Net widening or diversion?
    掲載誌名:The Asia-Pacific Journal  15巻  9号
    掲載誌 発行年月:2017年04月
    著者氏名(共著者含):トム・エリス、京 明

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:大出・高田・川崎・白取古稀『刑事法学と刑事弁護の協働と展望』
    出版機関名:現代人文社
    発行年月:2020年11月
    著者氏名(共著者含):石田倫識,伊藤睦 他

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:「供述弱者をめぐる議論の現状と課題-被疑者の場合を中心に」(281-295頁)
    著書形態:共著
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 記述言語:英語
    著書名:Incarcerated Youth Transitioning Back to the Community
    出版機関名:Springer
    発行年月:2018年08月
    著者氏名(共著者含):Tom Ellis, Akira Kyo, Sue C. O’Neill

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:Chap 9 Japanese Juveniles in Transition
    著書形態:共著
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 記述言語:日本語
    著書名:リーディングス刑事訴訟法
    出版機関名:法律文化社
    発行年月:2016年04月
    著者氏名(共著者含):川崎英明、葛野尋之 他

    著書種別:教科書
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:刑事訴訟法理論の探究
    出版機関名:日本評論社
    発行年月:2015年05月
    著者氏名(共著者含):川崎英明、白取祐司 他

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:要支援被疑者(vulnerable suspects)の供述の自由
    出版機関名:関西学院大学出版会
    発行年月:2013年03月
    著者氏名(共著者含):京 明

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

全件表示 >>

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:(解説コメント)自白の任意性および信用性を否定して無罪を言い渡した事例:被疑者・被告人の供述特性に配慮した弁護活動
    出版機関名:現代人文社
    掲載誌名:季刊刑事弁護  106号  (頁 130 ~ 138)
    掲載誌 発行年月:2021年04月
    著者氏名(共著者含):科埜貴広,京 明

    掲載種別:総説・解説(学術雑誌)
    担当部分:136-138頁の「理論的検討」部分を単独執筆。
    共著区分:共著
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 記述言語:日本語
    題目:判例評釈:検察官から実質証拠として証拠請求された被疑者取調べの録音・録画記録媒体につき,時間を限定したうえ音声部分のみを証拠採用した事例
    出版機関名:日本評論社
    掲載誌名:新・判例解説Watch【2020年10月】  27号  (頁 191 ~ 194)
    掲載誌 発行年月:2020年10月
    著者氏名(共著者含):京 明

    掲載種別:総説・解説(大学・研究所紀要)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 記述言語:日本語
    題目:判例評釈:検察官から実質証拠として証拠請求された被疑者取調べの録音・録画記録媒体につき,時間を限定したうえ音声部分のみを証拠採用した事例
    掲載誌名:TKC 新・判例解説Watch オンライン版
    掲載誌 発行年月:2020年03月
    著者氏名(共著者含):京 明

    掲載種別:総説・解説(大学・研究所紀要)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 記述言語:日本語
    題目:判例評釈:原決定とは異なる観点から新証拠の明白性を肯定したうえで,原決定の結論を是認した事例~大崎事件第三次再審請求即時抗告審決定
    掲載誌名:判例時報(判例評論726号40頁)  2409号  (頁 186 ~ 190)
    掲載誌 発行年月:2019年08月
    著者氏名(共著者含):京 明

    掲載種別:判例研究
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 記述言語:日本語
    題目:(翻訳)イギリスの少年司法:過去・現在・未来
    出版機関名:現代人文社
    掲載誌名:龍谷大学矯正・保護研究センター年報  8号  (頁 46 ~ 63)
    掲載誌 発行年月:2019年02月
    著者氏名(共著者含):京 明, トム・エリス

    掲載種別:総説・解説(大学・研究所紀要)
    共著区分:共著
    専門分野(科研費分類):刑事法学

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月
    研究題目:知的障害者等の取調べに対する法的規制~イギリス法に基づく立会い制度論の構築 (研究課題番号:26380100)

  • 研究種目:研究活動スタート支援
    研究期間:2009年04月 ~ 2011年03月
    研究題目:イギリスにおける裁量的証拠排除論の研究~「適切な大人」制度との関係を中心に~

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本心理学会第83回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2019年09月
    開催場所:立命館大学・大阪いばらきキャンパス
    題目又はセッション名:供述弱者から話を聴く-被疑者,被害者,目撃者に対する日英の取組(大会準備委員会企画シンポジウム1)
    発表形態:口頭(一般)
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:法と心理学会第19回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2018年10月
    開催場所:関西国際大学・尼崎キャンパス
    題目又はセッション名:犯罪被害給付制度の日英比較~実証的・心理学的観点からみた現状と課題
    発表形態:口頭(一般)
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:East Asian Criminal Justice Seminar - The Punishment and Prevention of Transitional Organized Crime
    会議区分:国際会議
    開催期間:2018年09月
    開催場所:中国人民大学
    題目又はセッション名:日本における組織犯罪対策立法の現状と課題~刑事手続法を中心に
    発表形態:口頭(一般)
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:Tackling Serious and Organised Crime: Reducing the Risk, Threat and Harm
    会議区分:国際会議
    開催期間:2018年06月
    開催場所:London
    題目又はセッション名:Criminal Compensation: The Cost of Victimization (United Kingdom and Japan)
    発表形態:口頭(一般)
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:比較法学会第81回総会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2018年06月
    開催場所:関西大学千里山キャンパス
    題目又はセッション名:自由刑の比較法研究(ミニ・シンポジウムE)
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:司法研究科

    授業科目名:刑事訴訟法

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:司法研究科

    授業科目名:刑事訴訟法

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:司法研究科

    授業科目名:刑事訴訟法演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:司法研究科

    授業科目名:刑事訴訟法演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:司法研究科

    授業科目名:刑事訴訟法総合演習

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:副研究科長
    活動期間:2018年04月 ~ 継続中

  • 活動名称:副研究科長
    活動期間:2017年04月 ~ 2022年03月