基本情報

写真b

京 明

KYO Akira

職名
教授
研究分野・キーワード
刑事法学
研究概要
日英刑事・少年法制の比較研究

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 留学先:イギリス・ポーツマス大学・刑事司法研究所
    経歴名:学院留学(長期)
    留学期間:2015年04月 ~ 2016年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士
    学位の分野名:刑事法学
    学位授与機関名:一橋大学
    取得方法:課程
    取得年月:2004年07月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 司法研究科
    経歴名:准教授
    職務期間:2012年04月 ~ 2017年03月

  • 職務遂行組織:関西学院大学 司法研究科
    経歴名:教授
    職務期間:2017年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先名:龍谷大学
    所属部署名:矯正・保護研究センター
    経歴名:博士研究員
    経歴期間:2005年11月 ~ 2008年03月

  • 所属(勤務)先名:香川大学
    所属部署名:連合法務研究科
    経歴名:准教授
    経歴期間:2008年04月 ~ 2012年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本刑法学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:法と心理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:比較法学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):刑事法学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Youth Justice in England & Wales: Past, Present & Future
    掲載誌名:龍谷大学矯正・保護研究センター年報  8号  (頁 64 ~ 92)
    掲載誌 発行年月:2019年02月
    著者氏名(共著者含):Tom Ellis, Akira Kyo

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:イギリスの自由刑
    掲載誌名:比較法研究  80号  (頁 250 ~ 255)
    掲載誌 発行年月:2019年01月
    著者氏名(共著者含):京 明

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:松尾浩也理論と証拠法~直接主義を中心に
    掲載誌名:近畿大学 法学  65巻  2号  (頁 90 ~ 104)
    掲載誌 発行年月:2017年11月
    著者氏名(共著者含):京 明

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Reassessing Juvenile Justice in Japan: Net widening or diversion?
    掲載誌名:The Asia-Pacific Journal  15巻  9号
    掲載誌 発行年月:2017年04月
    著者氏名(共著者含):トム・エリス、京 明

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:平野龍一博士の控訴審構造論
    掲載誌名:近畿大学 法学  64巻  3=4号  (頁 56 ~ 73)
    掲載誌 発行年月:2017年03月
    著者氏名(共著者含):京 明

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    著書名:Incarcerated Youth Transitioning Back to the Community
    出版機関名:Springer
    発行年月:2018年08月
    著者氏名(共著者含):Tom Ellis, Akira Kyo, Sue C. O’Neill

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:Chap 9 Japanese Juveniles in Transition
    著書形態:共著
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 記述言語:日本語
    著書名:リーディングス刑事訴訟法
    出版機関名:法律文化社
    発行年月:2016年04月
    著者氏名(共著者含):川崎英明、葛野尋之 他

    著書種別:教科書
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:刑事訴訟法理論の探究
    出版機関名:日本評論社
    発行年月:2015年05月
    著者氏名(共著者含):川崎英明、白取祐司 他

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:要支援被疑者(vulnerable suspects)の供述の自由
    出版機関名:関西学院大学出版会
    発行年月:2013年03月
    著者氏名(共著者含):京 明

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

  • 記述言語:日本語
    著書名:名誉の原理
    出版機関名:国際書院
    発行年月:2010年05月
    著者氏名(共著者含):王雲海 他

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

全件表示 >>

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:判例評釈:原決定とは異なる観点から新証拠の明白性を肯定したうえで,原決定の結論を是認した事例~大崎事件第三次再審請求即時抗告審決定
    掲載誌名:判例時報(判例評論726号40頁)  2409号  (頁 186 ~ 190)
    掲載誌 発行年月:2019年08月
    著者氏名(共著者含):京 明

    掲載種別:判例研究
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 記述言語:日本語
    題目:(翻訳)イギリスの少年司法:過去・現在・未来
    出版機関名:現代人文社
    掲載誌名:龍谷大学矯正・保護研究センター年報  8号  (頁 46 ~ 63)
    掲載誌 発行年月:2019年02月
    著者氏名(共著者含):京 明, トム・エリス

    掲載種別:総説・解説(大学・研究所紀要)
    共著区分:共著
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 記述言語:日本語
    題目:判例評釈:特に信用すべき書面
    出版機関名:有斐閣
    掲載誌名:別冊ジュリスト232『刑事訴訟法判例百選〔第10版〕』  (頁 194 ~ 195)
    掲載誌 発行年月:2017年04月
    著者氏名(共著者含):京 明

    掲載種別:判例研究
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:判例評釈:いわゆる攻防対象論の適用が単純一罪の事例に対しても認められた事例
    掲載誌名:法律時報  86巻  8号  (頁 126 ~ 129)
    掲載誌 発行年月:2014年07月
    著者氏名(共著者含):京 明

    掲載種別:判例研究
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:判例評釈:刑訴法90条による保釈
    掲載誌名:法学教室402号別冊付録・判例セレクト2013[Ⅱ] 38頁
    掲載誌 発行年月:2014年03月
    著者氏名(共著者含):京 明

    掲載種別:判例研究
    共著区分:単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月
    研究題目:知的障害者等の取調べに対する法的規制~イギリス法に基づく立会い制度論の構築 (研究課題番号:26380100)

  • 研究種目:研究活動スタート支援
    研究期間:2009年04月 ~ 2011年03月
    研究題目:イギリスにおける裁量的証拠排除論の研究~「適切な大人」制度との関係を中心に~

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本心理学会第83回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2019年09月
    開催場所:立命館大学・大阪いばらきキャンパス
    題目又はセッション名:供述弱者から話を聴く-被疑者,被害者,目撃者に対する日英の取組(大会準備委員会企画シンポジウム1)
    発表形態:口頭(一般)
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:法と心理学会第19回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2018年10月
    開催場所:関西国際大学・尼崎キャンパス
    題目又はセッション名:犯罪被害給付制度の日英比較~実証的・心理学的観点からみた現状と課題
    発表形態:口頭(一般)
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:East Asian Criminal Justice Seminar - The Punishment and Prevention of Transitional Organized Crime
    会議区分:国際会議
    開催期間:2018年09月
    開催場所:中国人民大学
    題目又はセッション名:日本における組織犯罪対策立法の現状と課題~刑事手続法を中心に
    発表形態:口頭(一般)
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:Tackling Serious and Organised Crime: Reducing the Risk, Threat and Harm
    会議区分:国際会議
    開催期間:2018年06月
    開催場所:London
    題目又はセッション名:Criminal Compensation: The Cost of Victimization (United Kingdom and Japan)
    発表形態:口頭(一般)
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:比較法学会第81回総会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2018年06月
    開催場所:関西大学千里山キャンパス
    題目又はセッション名:自由刑の比較法研究(ミニ・シンポジウムE)
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:司法研究科

    授業科目名:刑事訴訟法

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:司法研究科

    授業科目名:刑事訴訟法

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:司法研究科

    授業科目名:刑事訴訟法演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:司法研究科

    授業科目名:刑事訴訟法演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:司法研究科

    授業科目名:刑事訴訟法総合演習

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:副研究科長
    活動期間:2018年04月 ~ 継続中

  • 活動名称:副研究科長
    活動期間:2017年04月 ~ 2020年03月