基本情報

写真b

久保 昭博

KUBO Akihiro

所属
文学部 文学言語学科
研究分野・キーワード
フランス20世紀文学, モダニズムと前衛, 文学理論
研究概要
既存の文学の枠組みを疑い、秩序を打ち壊すことで表現の可能性を広げてゆくモダニズムや前衛の運動は、社会と芸術の緊張をはらんだ関係をもっとも鮮やかに示すものであり、近代、とりわけ20世紀の文学・芸術を理解するうえでは欠かせない要素のひとつである。このような問題関心から出発し、現在では、第一次世界大戦という出来事を文学史に位置づけることを課題として研究を進めている。科学技術が大量殺人をもたらしたことによって進歩に対する素朴な信仰が失われ、さらには総力戦体制の中で芸術や文学までもが「動員」され、文化が戦争の争点となるという状況が出現したことで、未来派やキュビスムを筆頭に戦前から盛り上がっていたモダニズム・前衛の運動はいかに変化したのか。歴史学や思想史の成果なども積極的に取り入れつつ、こうした観点から文学史を立体的に描き直すことを目指している。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:早稲田大学
    学部(学系)名:第一文学部
    学科・専攻等名:人文

    学校の種類:大学
    卒業年月:1996年03月
    卒業区分:卒業
    国名:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 学校名:東京大学
    学部等名:総合文化研究科
    学科等名:言語情報科学専攻

    修了課程:修士課程
    修了年月:2004年03月
    修了区分:単位取得満期退学
    国名:日本国

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 留学先:パリ第三大学
    経歴名:博士課程
    年月:1999年09月 ~ 2005年11月

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(第三課程)
    分野名:人文・社会 / ヨーロッパ文学
    授与機関名:その他
    取得方法:課程
    取得年月:2006年01月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:関西学院大学
    部署名:文学部 文学言語学科
    職名:教授
    年月:2016年04月 ~ 継続中

  • 所属:関西学院大学
    部署名:文学部 文学言語学科
    職名:准教授
    年月:2013年04月 ~ 2016年03月

  • 所属:京都大学
    部署名:人文科学研究所
    職名:助教
    年月:2005年12月 ~ 2013年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:日本18世紀学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本フランス語フランス文学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:フィクションとフィクショナリティ研究国際学会

    学会所在国:フランス共和国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / ヨーロッパ文学

  • 研究分野:人文・社会 / 文学一般

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:古典主義の理論家レーモン・クノー─『ヴォロンテ』誌の論考をめぐって
    誌名:Stella  35号  (頁 231 ~ 250)
    出版年月:2016年12月
    著者:久保昭博

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    タイトル:Description and point of view in the modern Japanese novel : Iwano Hômei’s theoretical discourse
    誌名:Annals of “Dimitrie Cantemir” Christian University, Linguistics, Literature and Methodology of Teaching  XVI巻  1号  (頁 23 ~ 41)
    出版年月:2016年
    著者:Akihiro Kubo, Tomoe Nakamura, Manabu Kawada

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:「証言の時代」の幕開け─第一次世界大戦戦争文学をめぐって
    誌名:森本淳生編『生表象の近代─自伝・フィクション・学知』
    出版年月:2015年10月
    著者:久保昭博

    掲載種別:論文集(書籍)内論文
    共著区分:単著

  • 記述言語:フランス語
    タイトル:Témoigner, entre la crédibilité et la sensibilité – A propos de Témoins de Jean Norton Cru
    誌名:Noriko Taguchi (éd.), Comment la fiction fait histoire – Emprunts, échanges, croisements
    出版年月:2015年10月
    著者:Akihiro Kubo

    掲載種別:論文集(書籍)内論文
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:「ベル・エポックのラテン人─ダンヌンツィオとフランス」
    誌名:『イタリア地中海研究叢書1 ダンヌンツィオに夢中だった頃』
    出版年月:2015年04月
    著者:久保昭博

    掲載種別:論文集(書籍)内論文
    共著区分:単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:レーモン・クノー『はまむぎ』
    出版者・発行元:水声社
    発行年月:2012年06月
    著者:久保 昭博

    著書種別:学術書
    担当区分:単訳

  • 記述言語:日本語
    タイトル:レーモン・クノー『地下鉄のザジ』
    出版者・発行元:水声社
    発行年月:2011年10月
    著者:久保 昭博

    著書種別:学術書
    担当区分:単訳

  • 記述言語:日本語
    タイトル:『表象の傷─第一次世界大戦からみるフランス文学史』
    出版者・発行元:人文書院
    発行年月:2011年03月
    著者:久保 昭博

    著書種別:学術書
    担当区分:単著

MISC 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル: ジャン=ジャック・ベッケール、ゲルト・クルマイヒ著、剣持久木、西山暁義訳、『仏独共同通史 第一次世界大戦』(上下、岩波書店、2012年)
    誌名:『週刊読書人』
    出版年月:2012年06月
    著者:久保 昭博

    掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:ジョルジュ・ペレック著、塩塚秀一郎訳『煙滅』(水声社、2010年)
    誌名:『日本フランス語フランス文学会Cahier』、07号(日本フランス語フランス文学会)
    出版年月:2010年06月
    著者:久保 昭博

    掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:ジョルジュ・ペレック著、塩塚秀一郎訳『煙滅』(水声社、2010年)
    誌名:『ふらんす』
    出版年月:2010年04月
    著者:久保 昭博

    掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等
    共著区分:単著

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2021年04月 ~ 2025年03月
    タイトル:近代におけるフィクションの社会的機能についての領域横断的研究

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:フランス語
    会議名:Colloque international, « Processus de démocratisation et moment vernaculaire des littératures » (Sorbonne)
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2012年10月
    開催地: 
    タイトル:Raymond Queneau ou les « vertus démocratiques » du roman parlant
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:フランス語
    会議名:Colloque franco-japonais « Comment la fiction fait histoire ? » (Université de Kyoto, Institut Franco-Japonais de Kansai)
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2011年11月
    開催地: 
    タイトル:La haine de la fiction ? – A propos des Témoins de Jean Norton Cru
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本フランス語フランス文学会2009年度関西支部大会(聖トマス大学)
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2009年11月
    開催地: 
    タイトル:第一次世界大戦小説における口語・俗語文体─アンリ・バルビュス『砲火』のレアリスムについての一考察
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:フランス語
    会議名:Colloque international « Théorie, analyse, interprétation des récits » (Université de Paris VII)
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2008年12月
    開催地: 
    タイトル:La narratologie a-t-elle des frontières linguistiques et culturelles ? : La théorie narrative de Sadakazu Fujii
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:フランス語
    会議名:Colloque international « Michel Butor : À la frontière, ou l’art des passages »(Université de Rikkyo)
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2008年09月
    開催地: 
    タイトル:L’insertion des genres dans les romans de Michel Butor – la science-fiction et le roman policier
    会議種別:口頭発表(一般)

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:フランス文学演習I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:フランス文学演習II

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:フランス文学演習III

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:フランス文学演習IV

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:フランス文学特殊講義

    授業形式:代表者

全件表示 >>

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:教務機構言語教育研究センター言語コーディネーター
    活動期間:201804(年月) ~ 202003(年月)

  • 活動名称:学部長室委員
    活動期間:201704(年月) ~ 201903(年月)

  • 活動名称:学部長補佐
    活動期間:201504(年月) ~ 201703(年月)