基本情報

写真b

稲増 一憲

INAMASU Kazunori

所属
社会学部 社会学科
研究分野・キーワード
社会心理学, 世論研究, メディア研究
研究概要
主に社会調査や内容分析の手法を用いて、有権者の政治参加・投票行動とそれに対するメディアの影響についての分析を行っています。なお、政治を対象とした研究を行っていますが、学問上のバックグラウンドは政治学ではなく社会心理学であり、有権者の政治参加を周囲の他者やメディアの影響を受けながら意思決定を行うプロセスとして捉えています。現在とくに関心を持っている研究テーマとしては、有権者が非政治的な活動の副産物として政治情報を獲得し政治に参加するという行動、およびニュースの娯楽化・多チャンネル化・インターネットの普及といったメディア環境の変化が有権者にもたらす影響の二つを挙げることができます。またそれとは別に若年層の政治参加を促進する方法についても関心を持っています。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:東京大学
    学部(学系)名:文学部
    学科・専攻等名:行動文化学科社会心理学専門分野

    学校の種類:大学
    卒業年月:2005年03月
    卒業区分:卒業
    国名:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 学校名:東京大学
    学部等名:人文社会系研究科
    学科等名:社会文化研究専攻

    修了課程:博士課程
    修了年月:2013年04月
    修了区分:修了
    国名:日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(社会心理学)
    分野名:人文・社会 / 社会心理学
    授与機関名:東京大学
    取得方法:課程
    取得年月:2013年04月

  • 学位名:修士(社会心理学)
    分野名:人文・社会 / 社会心理学
    授与機関名:東京大学
    取得方法:課程
    取得年月:2007年03月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:関西学院大学
    部署名:社会学部 社会学科
    職名:教授
    年月:2018年04月 ~ 継続中

  • 所属:関西学院大学
    部署名:社会学部 社会学科
    職名:准教授
    年月:2013年04月 ~ 2018年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:日本社会心理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本政治学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:Society for Personality and Social Psychology

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本選挙学会

    学会所在国:日本国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 社会心理学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 資格名:専門社会調査士

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:マスメディアへの信頼の測定におけるワーディングの影響:大規模社会調査データとWeb調査実験を用いて
    誌名:社会心理学研究
    出版年月:2018年
    著者:稲増 一憲,,三浦 麻子

    DOI:10.13140/RG.2.2.11988.50563
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Media Priming Effect: A Preregistered Replication Experiment
    誌名:Journal of Experimental Political Science  4巻  1号  (頁 81 ~ 94)
    出版年月:2017年
    著者:Kobayashi, Tetsuro, Miura, Asako, & Inamasu Kazunori

    DOI:10.1017/XPS.2017.8
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:地方選挙における有権者の政治行動に関連する近接性の効果:空間統計を活用した兵庫県赤穂市長選挙の事例研究
    誌名:社会心理学研究  32巻  3号  (頁 174 ~ 186)
    出版年月:2017年
    著者:三浦 麻子, 稲増 一憲, 中村 早希, 福沢 愛

    DOI:10.14966/jssp.0955
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:ソフトニュースへの接触は政治的関心を高めるか : 一般化傾向スコアを用いた因果推論 (特集 計量政治学と行動計量学の接点)
    誌名:行動計量学  43巻  2号  (頁 129 ~ 141)
    出版年月:2016年09月
    著者:登藤 直弥,小林 哲郎,稲増 一憲

    DOI:10.2333/jbhmk.43.129
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:To Denounce, or Not To Denounce: Survey Experiments on Diplomatic Quarrels
    誌名:Political Communication  34巻  2号  (頁 243 ~ 260)
    出版年月:2016年08月
    著者:Shoko Kohama, Kazunori Inamasu & Atsushi Tago

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:政治を語るフレーム
    出版者・発行元:東京大学出版会
    発行年月:2015年01月
    著者:稲増一憲

    著書種別:学術書
    担当区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:「日本人」は変化しているのか:価値観・ソーシャルネットワーク・民主主義
    出版者・発行元:勁草書房
    発行年月:2018年01月
    著者:池田 謙一

    著書種別:学術書
    担当範囲:2010年代初頭の日本におけるマスメディアとオルタナティブメディアの補完関係
    担当区分:分担執筆

  • 記述言語:英語
    タイトル:Games of Conflict and Cooperation in Asia
    出版者・発行元:Springer
    発行年月:2017年02月
    著者:Motoshi Suzuki, Akira Okada, Shoko Kohama, Atsushi Tago & Kazunori Inamasu

    著書種別:学術書
    担当範囲:Information Sharing in Early Stage International Disputes: How China and Japan Communicate
    担当区分:分担執筆

  • 記述言語:日本語
    タイトル:プロ野球「熱狂」の経営科学: ファン心理とスポーツビジネス
    出版者・発行元:東京大学出版会
    発行年月:2016年08月
    著者:水野誠,三浦麻子,稲水宣行,稲増一憲,草川舞子

    著書種別:学術書
    担当範囲:阪神ファンと広島ファン―熱狂するファンの社会心理学
    担当区分:分担執筆

  • 記述言語:日本語
    タイトル:日本人の考え方 世界の人の考え方:世界価値観調査から見えるもの
    出版者・発行元:勁草書房
    発行年月:2016年04月
    著者:池田 謙一,稲増 一憲

    著書種別:学術書
    担当範囲:生活様式の変化,高齢化社会に関する意識,国際社会に関する意識(3項目)
    担当区分:分担執筆

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 賞名:日本社会心理学会出版賞
    受賞年月:2018年08月
    受賞国:日本国
    受賞区分:国内外の国際的学術賞
    授与機関:日本社会心理学会
    受賞者(グループ):池田謙一編

  • 賞名:日本社会心理学会 奨励論文賞
    受賞年月:2017年10月
    受賞国:日本国
    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰
    授与機関:日本社会心理学会
    受賞者(グループ):三浦 麻子, 稲増 一憲, 中村 早希, 福沢 愛

  • 賞名:日本社会心理学会 奨励論文賞
    受賞年月:2010年09月
    受賞国:日本国
    受賞区分:国内外の国際的学術賞
    授与機関:日本社会心理学会
    受賞者(グループ):稲増一憲・池田謙一

  • 賞名:日本選挙学会学会賞 優秀ポスター賞
    受賞年月:2010年05月
    受賞国:日本国
    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞
    授与機関:日本選挙学会
    受賞者(グループ):稲増一憲

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2022年04月 ~ 2027年03月
    タイトル:高選択メディア環境においてメディア利用がもたらす長期的影響の検討

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2017年04月 ~ 2022年03月
    タイトル:情報環境の多様化が国際関係にもたらす影響:観衆費用・陽動理論の社会心理学的再検討

  • 研究種目:若手研究(B)
    研究期間:2014年04月 ~ 2016年03月
    タイトル:ソーシャルメディア利用による情報環境の偏りが有権者にもたらす影響 (研究課題番号:26870749)

      外部サイトへのリンクを表示

  • 研究種目:研究成果公開促進費・学術図書
    研究期間:2014年04月 ~ 2015年03月
    タイトル:政治を語るフレーム (研究課題番号:265184)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本社会心理学会 第58回大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2017年10月
    開催地: 広島大学東広島(西条)キャンパス
    タイトル:マスメディアというアクターに対する信頼感の研究
    会議種別:口頭発表(一般)

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本選挙学会2017年度研究会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2017年05月
    開催地:香川大学幸町キャンパス
    タイトル:政治的イデオロギーの母集団分布を推定する
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本社会心理学会 第57大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2016年09月
    開催地:関西学院大学 西宮上ケ原キャンパス
    タイトル:ホモ・ノンポリティカス
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本心理学会公開シンポジウム
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2016年08月
    開催地:神戸大学 六甲台第1キャンパス
    タイトル:東アジアにおける国家間の緊張と和解をめぐるサーベイ実験
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本選挙学会2016年度研究会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2016年05月
    開催地:日本大学法学部10号館
    タイトル:システム・アクター・情報としてのマスメディア信頼:一般的信頼、メディア接触、党派性との関連から
    会議種別:口頭発表(一般)

全件表示 >>

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:メディア社会心理学

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:世論研究

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:卒業論文

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:心理調査法

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:研究演習I

    授業形式:代表者

全件表示 >>

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:研究科委員長補佐
    活動期間:201804(年月) ~ 202003(年月)

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 団体名:日本社会心理学会
    委員名:理事
    年月:2021年04月 ~ 継続中

  • 団体名:日本選挙学会
    委員名:理事
    年月:2020年05月 ~ 継続中

  • 団体名:日本社会心理学会
    委員名:編集委員
    年月:2019年04月 ~ 継続中

  • 団体名:日本社会心理学会
    委員名:学会大会運営委員
    年月:2015年04月 ~ 2017年03月

  • 団体名:日本社会心理学会
    委員名:新規事業委員
    年月:2013年09月 ~ 2015年03月