基本情報

写真b

大村 華子

OHMURA Hanako


職名

准教授

研究分野・キーワード

政治学; 政治行動論; 比較政治学; 応用計量政治分析

ホームページ

http://kg-sps.jp/blogs/ohmura/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:同志社大学
    学部(学系)名:神学部

    学校の種類:大学
    卒業年月:2003年03月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:大阪大学
    研究科名:国際公共政策研究科

    修了課程:修士課程
    修了年月:2005年03月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

  • 大学院名:エセックス大学
    研究科名:政治学部

    修了課程:修士課程
    修了年月:2007年09月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

  • 大学院名:京都大学
    研究科名:法学研究科
    専攻名:法政理論専攻

    修了課程:博士課程
    修了年月:2011年03月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 留学先:エセックス大学
    経歴名:政治学部
    留学期間:2006年10月 ~ 2007年09月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:神学
    学位の分野名:神学
    学位授与機関名:同志社大学
    取得方法:課程
    取得年月:2003年03月

  • 学位名:国際公共政策
    学位の分野名:国際公共政策
    学位授与機関名:大阪大学
    取得方法:課程
    取得年月:2005年03月

  • 学位名:政治行動論修士
    学位の分野名:政治行動論
    学位授与機関名:エセックス大学
    取得方法:課程
    取得年月:2007年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 総合政策学部 国際政策学科
    経歴名:准教授
    職務期間:2013年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本政治学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本選挙学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):政治学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:The Japanese Macropolity: mandate and Accountability Representation in Postwar Japan
    掲載誌名:Japanese Political Science Review
    掲載誌 発行年月:2018年
    著者氏名(共著者含):Hanako Ohmura

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:日本における有権者の経済評価と政党支持の関係
    掲載誌名:総合政策研究  56巻
    掲載誌 発行年月:2018年
    著者氏名(共著者含):大村華子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:[研究動向論文]経済投票に関する認知バイアスをめぐる研究の動向 ―修正主義から経済投票の再確認へ
    掲載誌名:レヴァイアサン  61巻
    掲載誌 発行年月:2018年
    著者氏名(共著者含):大村華子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:日本における政治代表のメカニズムの分析―4つの事例の比較検証
    掲載誌名:総合政策研究
    掲載誌 発行年月:2017年
    著者氏名(共著者含):大村華子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Economic Voting Using Egotropic Evaluations as an Information Cue
    掲載誌名:Behaviormetrika
    掲載誌 発行年月:2017年
    著者氏名(共著者含):Hanako Ohmura

    DOI:10.1007/s41237-017-0040-x
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:アカウンタビリティ改革の政治学
    出版機関名:有斐閣
    発行年月:2015年
    著者氏名(共著者含):大村華子

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:選挙アカウンタビリティの実証分析
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:政治行動論―有権者は政治を変えられるのか
    出版機関名:有斐閣
    発行年月:2015年
    著者氏名(共著者含):飯田健・松林哲也・大村華子

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:政党組織の政治学
    出版機関名:東洋経済新報社
    発行年月:2013年
    著者氏名(共著者含):大村華子・待鳥聡史

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:民主党地方組織の歴史的基盤-北海道と愛知県の事例から-
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:日本のマクロ政体―現代日本における政治代表の動態分析
    出版機関名:木鐸社
    発行年月:2012年
    著者氏名(共著者含):大村華子

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:日本の有権者の経済投票と再分配政策
    掲載誌名: 
    掲載誌 発行年月:2016年10月
    著者氏名(共著者含):大村華子

    掲載種別:書評,文献紹介等
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:日本の有権者は何を評価してきたのか?―業績投票における経済とアカウンタビリティ
    掲載誌名: 
    掲載誌 発行年月:2014年10月
    著者氏名(共著者含):大村華子

    掲載種別:書評,文献紹介等
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:政治代表のメカニズムの分析
    掲載誌名: 
    掲載誌 発行年月:2013年09月
    著者氏名(共著者含):大村華子

    掲載種別:書評,文献紹介等
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:Machidori, Satoshi (2012) Shushō seiji no Seido Bunseki: Gendai Nihon Seiji no Kenryoku Kiban Keisei [The Japanese Premiership: An Institutional Analysis of the Power Relations] , Chikura-Shobou
    掲載誌名:Social Science Japan Journal  17巻  1号  (頁 100 ~ 103)
    掲載誌 発行年月:2013年
    著者氏名(共著者含):Hanako Ohmura

    掲載種別:書評,文献紹介等
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:フランセス・M・ローゼンブルース,マイケル・F・ティース (2012) 『日本政治の大転換:「鉄とコメ」の同盟』、勁草書房
    掲載誌名:選挙研究  29巻  2号
    掲載誌 発行年月:2013年
    著者氏名(共著者含):大村華子

    掲載種別:書評,文献紹介等
    共著区分:単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:2010年度日本選挙学会賞・優秀報告賞
    受賞年月:2010年
    受賞国:日本国
    受賞区分:その他の賞
    授与機関:日本選挙学会
    受賞者・受賞グループ名:大村華子

  • 受賞学術賞名:橋本奨学金
    受賞年月:2002年07月
    受賞国:日本国
    受賞区分:その他の賞
    授与機関:同志社大学
    受賞者・受賞グループ名:大村華子

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:若手研究(B)
    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月
    研究題目:アカウンタビリティと政府の業績に対する有権者の評価の研究

  • 研究種目:研究活動スタート支援
    研究期間:2011年 ~ 2013年
    研究題目: 

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:公益法人 村田学術振興財団 研究助成(社会科学)
    研究期間:2017年10月 ~ 2018年03月
    研究題目:日本における所得格差と有権者の政治的意思決定の関係

    資金支給機関名:民間財団等

  • 資金名称:公益財団法人 科学技術融合振興財団
    研究期間:2015年04月 ~ 2016年03月
    研究題目:シミュレーション& ゲーミングに関する調査研究

    資金支給機関名:民間財団等

  • 資金名称:住友生命「未来を築く子育てプロジェクト・女性研究者への助成」
    研究期間:2011年 ~ 2013年
    研究題目: 

    資金支給機関名:住友生命

  • 資金名称:京都大学総長裁量費若手研究者に係る出版助成事業による助成
    研究期間:2011年
    研究題目: 

    資金支給機関名: 

  • 資金名称:松下国際財団研究助成
    研究期間:2009年
    研究題目: 

    資金支給機関名:民間財団等

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:Essex-Kobe Research Collaboration Seminar: Kobe Meeting
    会議区分:国内会議
    開催期間:2011年09月
    開催場所:Kobe University
    題目又はセッション名:Government Distribution Politics and Public Opinion in the Developed Countries: The Guns-Butter Ratio Matters
    発表形態:その他

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:総合政策学部

    授業科目名:卒業論文

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:総合政策学部

    授業科目名:基礎演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:総合政策学部

    授業科目名:政治学概論

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:総合政策学部

    授業科目名:研究演習I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:総合政策学部

    授業科目名:研究演習II

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:人権教育科目・運営委員
    活動期間:2015年04月 ~ 2016年03月