基本情報

写真b

池埜 聡

Satoshi Ikeno

職名
教授
研究分野・キーワード
臨床ソーシャルワーク, 心的外傷学(traumatology), マインドフルネス
研究概要
犯罪被害、災害、戦争、虐待など、外傷性ストレスを受けた人々に対する支援の充実を目指した「トラウマ被害の科学的理解にもとづくソーシャルワーク(Trauma-informed Social Work)」の構築を臨床・研究双方から目指す。
メールアドレス
メールアドレス
SDGs 関連ゴール

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:University of California, Los Angeles (UCLA)
    研究科名:Department of Social Welfare, School of Public Affairs
    専攻名:Social Welfare

    修了課程:博士課程
    修了年月:2005年06月
    修了区分:修了
    所在国:アメリカ合衆国

  • 大学院名:Washington University in St. Louis
    研究科名:George Warren Brown School of Social Work
    専攻名:Social Work

    修了課程:修士課程
    修了年月:1992年12月
    修了区分:修了
    所在国:アメリカ合衆国

  • 大学院名:関西学院大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻
    研究科名:社会学研究科
    専攻名:社会福祉学

    修了課程:修士課程
    修了年月:1988年03月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 留学先:Mindful Awareness Research Center, David Geffen School of Medicine, University of California, Los Angeles (UCLA)
    経歴名:Visiting Project Scientist, Psychiatry
    留学期間:2018年04月 ~ 2019年03月

  • 留学先:Asian American Studies Center, University of California, Los Angeles (UCLA)
    経歴名:Visiting Research Scholar
    留学期間:2012年04月 ~ 2013年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:Ph.D.
    学位の分野名:Social Welfare
    学位授与機関名:University of California, Los Angeles (UCLA)
    取得方法:課程
    取得年月:2005年06月

  • 学位名:M.S.W.
    学位の分野名:Social Work
    学位授与機関名:Washington University in St. Louis
    取得方法:課程
    取得年月:1992年12月

  • 学位名:社会学修士(社会福祉学専攻)
    学位の分野名:社会福祉学
    学位授与機関名:関西学院大学
    取得方法:課程
    取得年月:1988年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 社会学部 社会福祉学科
    経歴名:専任講師
    職務期間:1999年04月 ~ 2003年03月

  • 職務遂行組織:関西学院大学 社会学部 社会福祉学科
    経歴名:助教授
    職務期間:2003年04月 ~ 2007年03月

  • 職務遂行組織:関西学院大学 社会学部 社会福祉学科
    経歴名:准教授
    職務期間:2007年04月 ~ 2008年03月

  • 職務遂行組織:関西学院大学 人間福祉学部 社会福祉学科
    経歴名:准教授
    職務期間:2008年04月 ~ 2010年03月

  • 職務遂行組織:関西学院大学 人間福祉学部 社会福祉学科
    経歴名:教授
    職務期間:2010年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先名:Asian Pacific Development Center, Denver, Colorado
    所属部署名:Children & Youth Division
    経歴名:Clinical Social Worker
    経歴期間:1993年01月 ~ 1994年07月

  • 所属(勤務)先名:淀屋橋心理療法センター
    経歴名:個人・家族セラピスト
    経歴期間:1987年04月 ~ 1991年01月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:Council on Social Work Education

    学会所在国:アメリカ合衆国

  • 所属学会:International Society for Traumatic Stress Studies

    学会所在国:アメリカ合衆国

  • 所属学会:日本マインドフルネス学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本社会福祉学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本トラウマティックストレス学会

    学会所在国:日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):社会福祉学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 資格名:認定社会福祉士スーパーバイザー(S15-093)

  • 資格名:IMTA (International Mindfulness Teachers Association)-Certified Mindfulness Teacher (CMTP-0146)

  • 資格名:UCLA-Trained Mindfulness Facilitator

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 研修名:Clinical intern for the method of Corrective Attachment Therapy, Corrective Attachment Therapy Institute, Evergreen, Colorado, August 2006.
    受講期間:2006年08月

  • 研修名:Mindful Awareness Practices (MAPs) Classes I (Foundation), IIa (Working with difficult emotion), IIb (Opening to joy), III (Cultivating compassion), IV (Finding happiness and overcoming obstacles), Mindful Awareness Research Center, University of California, Los Angeles, May 2012 to March 2013.
    受講期間:2012年05月 ~ 2013年03月

  • 研修名:Somatic Trauma Therapy Training for Post-traumatic Stress, with Babette Rothschild, MSW, Module I (4 days, 32 hours) , July 12 to 16, 2012, & Module II (4 days, 32 hours), October 9 to 13, 2012.
    受講期間:2012年07月 ~ 2012年10月

  • 研修名:Mindfulness-based Trauma Therapy Training, with Daniel Siegel, M.D., Mindsight Institute, Los Angeles, California, September 20 to December 14 (10 days series), 2012.
    受講期間:2012年09月 ~ 2012年12月

  • 研修名:Basic Skills Training for the Neurofeedback, with Ed Hamlin, Ph.D., EEG Educatoin and Research Inc., November 7 to 11, 2012
    受講期間:2012年11月

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:トラウマ・インフォームド・ソーシャルワークの構築:マインドフルネスを踏まえて

    研究期間:2013年04月 ~ 2022年03月
    研究態様(個人・共同別)区分:個人研究
    研究制度:科学研究費補助金

  • 研究課題名:在米被爆者の心理社会的問題と福祉的支援の課題

    研究期間:2006年04月 ~ 2013年03月
    研究態様(個人・共同別)区分:国内共同研究
    研究制度:科学研究費補助金

  • 研究課題名:震災障害者の現状と支援をめぐる課題

    研究期間:2006年02月 ~ 2011年12月
    研究態様(個人・共同別)区分:国内共同研究
    研究制度:受託研究

  • 研究課題名:犯罪被害者への心理社会的支援とソーシャルワークの役割

    研究期間:2002年04月 ~ 2006年03月
    研究態様(個人・共同別)区分:国内共同研究
    研究制度:一般別枠研究

  • 研究課題名:災害被災者、トラウマ被害者の支援者に見られる代理受傷研究

    研究期間:1999年04月 ~ 2004年03月
    研究態様(個人・共同別)区分:個人研究
    研究制度:科学研究費補助金

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:The Effects of Vicarious Traumatization on Clinical Workers Who Work with the Survivors of the Great Hanshin-Awaji (Kobe) Earthquake
    掲載誌名:University of California, Los Angeles (UCLA), Doctoral Dissertation in Social Welfare
    学位授与年月:2005年06月
    著者氏名(共著者含):Satoshi Ikeno

    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:双対尺度法によるシステム家族療法の相互作用分析
    掲載誌名:関西学院大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻修士論文
    学位授与年月:1988年03月
    著者氏名(共著者含):池埜聡

    共著区分:単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「医療ソーシャルワークによるがん患者のエンパワメントに資する両立支援の展開:マインドフルネスを含むホリスティック・アプローチを試みた事例研究」
    掲載誌名:『Human Welfare』  13巻  1号  (頁 119 ~ 138)
    掲載誌 発行年月:2021年03月
    著者氏名(共著者含):井上祥明・玉野緋呂子・神矢恵美・鍬本愛季子・池埜 聡

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に伴う ソーシャルワーク実習への対応策:北米スクール・オブ・ソーシャルワークの挑戦から見えてくるもの」
    掲載誌名:『Human Welfare』  13巻  1号  (頁 67 ~ 80)
    掲載誌 発行年月:2021年03月
    著者氏名(共著者含):池埜 聡

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「“トラウマ・インフォームド・ソーシャルワーク”構築への序章:「共に在る」価値に根ざして」
    掲載誌名:『人間福祉学研究』  13巻  1号  (頁 65 ~ 86)
    掲載誌 発行年月:2020年12月
    著者氏名(共著者含):池埜 聡

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「『第2世代マインドフルネス』の出現と今後の展望:社会正義の価値に資する『関係性』への視座を踏まえて」
    掲載誌名:『Human Welfare』  12巻  1号  (頁 87 ~ 102)
    掲載誌 発行年月:2020年03月
    著者氏名(共著者含):池埜 聡・内田範子

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「ソーシャルワークの価値の体現に資するマインドフルネス:"Bare Attention"からの脱却と社会正義の発露に向けて」
    掲載誌名:『人間福祉学研究』  12巻  1号  (頁 103 ~ 127)
    掲載誌 発行年月:2019年12月
    著者氏名(共著者含):池埜 聡

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:「トラウマ理論」大塚美和子・西野緑・峯本耕治編『「チーム学校」を実現するスクールソーシャルワーク:理論と実践をつなぐメゾ・アプローチの展開(pp. 241-245)』
    出版機関名:明石書店
    発行年月:2020年08月
    著者氏名(共著者含):池埜 聡

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:分担執筆

  • 記述言語:日本語
    著書名:「〈意識分析〉がもたらす革新:社会福祉研究の立場から」岩本通弥編著『方法としての〈語り〉:民俗学をこえて(pp. 177-201)』
    出版機関名:ミネルヴァ書房
    発行年月:2020年04月
    著者氏名(共著者含):池埜 聡

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:分担執筆

  • 記述言語:日本語
    著書名:「災害と家族」家族心理学会編『家族心理学ハンドブック(pp. 194-200)』
    出版機関名:金子書房
    発行年月:2019年01月
    著者氏名(共著者含):池埜 聡

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:分担執筆

  • 記述言語:日本語
    著書名:『福祉職・介護職のためのマインドフルネス:1日5分の瞑想から始めるストレス低減』
    出版機関名:中央法規出版
    発行年月:2017年09月
    著者氏名(共著者含):池埜 聡

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

  • 記述言語:日本語
    著書名:『ケアマネジメントにおける「援助関係の軌跡」:クライアントとの間にあるもの』
    出版機関名:関西学院大学出版会
    発行年月:2017年07月
    著者氏名(共著者含):足立里江・池埜 聡

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

全件表示 >>

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:「マインドフルネスの光と影:個人と社会の課題を顕にし、アクションを求める新しい瞑想文化」
    出版機関名:サンガ出版
    掲載誌名:『サンガジャパン』  36巻  (頁 138 ~ 159)
    掲載誌 発行年月:2020年10月
    著者氏名(共著者含):池埜 聡(インタビューアー:森竹ひろこ)

    掲載種別:総説・解説(商業誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:「遺族の声受け止める社会を」『京アニ放火殺人1年』
    掲載誌名:神戸新聞(2020.07.18朝刊)
    掲載誌 発行年月:2020年07月
    著者氏名(共著者含):池埜 聡

    掲載種別:その他記事
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:「共に在る」復興
    出版機関名:関西学院大学災害復興制度研究所
    掲載誌名:関西学院大学災害復興制度研究所ニュースレターFUKKO  39巻  (頁 1)
    掲載誌 発行年月:2019年07月
    著者氏名(共著者含):池埜 聡

    掲載種別:総説・解説(その他)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:機関紙インタビュー記事「第二世代のマインドフルネスの鍵は "関係性"」
    出版機関名:禅林舎
    掲載誌名:『たいまつ通信』  104巻  (頁 1 ~ 2)
    掲載誌 発行年月:2019年07月
    著者氏名(共著者含):池埜 聡(インタビューアー:荻野哲郎)

    掲載種別:総説・解説(その他)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:「マインドフルネス:介護のもやもやをすっきりさせる4つの方法」
    出版機関名:中央法規出版
    掲載誌名:介護専門職の総合情報誌おはよう21  2017年4月号  (頁 25 ~ 40)
    掲載誌 発行年月:2017年04月
    著者氏名(共著者含):池埜 聡(監修)

    掲載種別:総説・解説(商業誌)
    共著区分:共著

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 名称:「九州マインドフル医療ソーシャルワーク研究会」於「別府医療センター」主催及びコーディネーター
    活動期間(研究年月など):2019年11月 ~ 2020年03月

    研究活動区分:その他

  • 名称:女子少年院「丸亀少女の家」マインドフルネス・プログラム講師及びコーディネーター
    活動期間(研究年月など):2016年09月 ~ 継続中

    研究活動区分:その他

  • 名称:少年院「和泉学園」マインドフルネス・プログラム講師及びコーディネーター
    活動期間(研究年月など):2015年10月 ~ 2015年12月

    研究活動区分:その他

  • 名称:女子少年院「交野女子学院」マインドフルネス・プログラム講師及びコーディネーター
    活動期間(研究年月など):2015年04月 ~ 継続中

    研究活動区分:その他

  • 名称:朝日新聞社・関西学院大学人間福祉学部共同調査「阪神大震災20年遺族調査」推進担当者
    活動期間(研究年月など):2014年07月 ~ 2015年03月

    研究活動区分:フィールドワーク

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:臨床実践奨励賞
    受賞年月:2018年12月23日
    受賞国:日本国
    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞
    授与機関:日本マインドフルネス学会
    受賞者・受賞グループ名:池埜 聡・内田範子
    専門分野(科研費分類):社会福祉学

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2019年04月 ~ 2022年03月
    研究題目:「畏敬」の心理・生物学的基盤とその効用に関する構成論的研究(研究分担者)

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2016年04月 ~ 2020年03月
    研究題目:マインドフルネスに基づくソーシャルワーク専門職エンパワメント・プログラムの開発

  • 研究種目:挑戦的萌芽研究
    研究期間:2007年04月 ~ 2009年03月
    研究題目:高齢化する在米被爆者の心理社会状況と外傷体験の長期的対処過程に関する研究

  • 研究種目:文部科学省21世紀COEプログラム
    研究期間:2003年04月 ~ 2007年03月
    研究題目:人類の幸福に資する社会調査の研究:文化的多様性を尊重する社会の構築(研究分担者)

  • 研究種目:挑戦的萌芽研究
    研究期間:2001年04月 ~ 2003年03月
    研究題目:心的外傷(トラウマ)治療に携わる援助者に心理社会的変容に関する理論構築

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本マインドフルネス学会2020年度研修会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2021年03月
    開催場所:Web(Zoom)開催
    題目又はセッション名:リレーショナル・マインドフルネスの実践
    発表形態:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:関西学院大学文学部心理科学実践センター・関西心理学会共催公開講座
    会議区分:国内会議
    開催期間:2021年02月
    開催場所:Webセミナー(Zoom)
    題目又はセッション名:コロナ禍におけるマインドフルネス:ストレス、モラル・インジュリー、そして差別に向き合うために
    発表形態:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本学校ソーシャルワーク学会近畿ブロック第2回研修会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2021年02月
    開催場所:Zoom開催
    題目又はセッション名:実践家による研究発表を促進するために:省察、そして研究者のコラボレーションまで
    発表形態:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本マインドフルネス学会第7回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2020年12月 ~ 2021年01月
    開催場所:琉球大学(Zoom開催)
    題目又はセッション名:モラル・インジュリーとマインドフルネス・COVID-19下における医療・福祉従事者の支援 "Schwartz Rounds"を踏まえて
    発表形態:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:第19回日本トラウマティック・ストレス学会全国大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2020年09月
    開催場所:Zoom開催
    題目又はセッション名:「トラウマケアにおけるマインドフルネスの位相」シンポジウム「マインドフルネスにおるトラウマ治療:その展開と最前線」
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:人間福祉研究科前期

    授業科目名:アドバンスト・フィールドワーク

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:人間福祉学部

    授業科目名:ソーシャルワーク実習指導II

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:人間福祉学部

    授業科目名:ソーシャルワーク実習指導III

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:人間福祉学部

    授業科目名:卒業研究

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:人間福祉学部

    授業科目名:危機とトラウマケア

    授業形式:代表者

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 授業科目名:ソーシャルワーク実践研究
    機関名:関西学院大学大学院人間福祉研究科

  • 授業科目名:ミクロ・メソッド(社会福祉直接援助技術)
    機関名:関西学院大学社会学部社会福祉学科

  • 授業科目名:人間福祉特殊研究C(マインドフルネスの基礎)
    機関名:関西学院大学大学院人間福祉研究科

  • 授業科目名:性格発達論
    機関名:関西学院大学人間福祉学部

作成した教科書、教材、参考書 【 表示 / 非表示

  • タイトル:「五里霧中」関西学院大学教務部・総合教育研究室(編)『FDハンドブック:授業改善のエッセンス』 (p. 45)関西学院大学出版会
    活動期間:2006年03月

  • タイトル:「かけだし教員の試行錯誤:社会学部社会福祉学科開講『性格発達論A/B』の場合」関西学院大学総合教育研究室(編)『こんな授業をしています:関学における事例集』(p. 30-34)関西学院大学出版会
    活動期間:2001年03月

教育方法・教育実践に関する発表、講演等 【 表示 / 非表示

  • タイトル:関西学院大学Webキャンパス2020「コロナ差別はなぜ起きるのか]
    活動期間:2020年10月

  • タイトル:夢ナビライブ@Nagoya「瞑想が脳を変える:社会福祉の新展開」
    活動期間:2017年07月

  • タイトル:私立啓明学院高等学校にて模擬授業を実施
    活動期間:2016年06月

  • タイトル:私立甲南女子高等学校にて模擬授業を実施
    活動期間:2014年10月

  • タイトル:私立帝塚山学院高等学校にて模擬授業を実施
    活動期間:2013年06月

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:関西学院大学先端社会研究所 副所長
    活動期間:2021年04月 ~ 継続中

  • 活動名称:先端社会研究所副所長
    活動期間:2021年04月 ~ 2022年03月

  • 活動名称:学部長室委員
    活動期間:2021年04月 ~ 2022年03月

  • 活動名称:関西学院大学先端社会研究所運営委員
    活動期間:2020年04月 ~ 2021年03月

  • 活動名称:C.O.D.委員会委員
    活動期間:2020年04月 ~ 2021年03月

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 学会・委員会:日本マインドフルネス学会
    役職・役割名:理事
    活動期間:2020年04月 ~ 継続中

  • 学会・委員会:日本ソーシャルワーク学会
    役職・役割名:日本ソーシャルワーク学会誌「ソーシャルワーク学会誌」査読委員
    活動期間:2018年04月 ~ 継続中

  • 学会・委員会:日本医療社会福祉学会
    役職・役割名:日本医療社会福祉学会誌『医療社会福祉学』査読委員
    活動期間:2012年01月 ~ 継続中

  • 学会・委員会:日本社会福祉学会
    役職・役割名:日本社会福祉学会誌『社会福祉学』査読委員
    活動期間:2011年10月 ~ 継続中

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:社会福祉法人アカシア福祉会・南ヶ丘こども園主催研修「保育におけるマインドフルネスの導入」
    活動期間:2021年04月

  • 活動名称:神戸市社会福祉協議会市民福祉大学 社会福祉施設職員共通研修「福祉職のためのストレスケア:マインドフルネスへの誘い」
    活動期間:2021年03月

  • 活動名称:NPO法人マックネットシステム主催講演会(保坂隆✕井上祥明✕池埜聡)「医療におけるマインドフルネスの導入:がん医療でのマインドフルネス」
    活動期間:2021年03月

  • 活動名称:兵庫県司法書士会主催研修会「調停をより充実させるために」
    活動期間:2021年01月

  • 活動名称:NPO法人マックネットシステム主催講演会(久賀谷亮✕池埜聡✕井上祥明)「医療におけるマインドフルネスの導入:個別性を尊重した支援のあり方」講師
    活動期間:2020年12月

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • タイトル:マインドフルネス瞑想音声ガイド

    内容:https://sites.google.com/site/mindfulnesssatoshiikenohp/

おすすめURL 【 表示 / 非表示

  • タイトル:北米・イギリスのスクール・オブ・ソーシャルワークによるCOVID-19を考慮したソーシャルワーク実習の取り組み

    URL:COVID-19 & Social Work Field Education

    お勧めの理由:以下は、COVID-19蔓延に伴うソーシャルワーク実習の変更について、北米(アメリカ・カナダ)を中心にその取り組みの状況を把握するためのURLを集めています。

    研究分野:広領域

  • タイトル:COVID-19 and Human Rights We are all in this together: 国連によるCOVID-19下における人権宣言

    URL:https://www.un.org/victimsofterrorism/sites/www.un.org.victimsofterrorism/files/un_-_human_rights_and_covid_april_2020.pdf

    研究分野:広領域

  • タイトル:SOCIAL WORK JOINS WITH PUBLIC HEALTH TO FRAME A RESPONSE TO COVID-19 STIGMA AND RACISM

    URL:https://socialwork.columbia.edu/news/social-work-joins-with-public-health-to-frame-a-response-to-covid-19-stigma-and-racism/

    お勧めの理由:Columbia University, School of Social Work主催、COVID-19がもたらすソーシャルワークと公衆衛生のリンク、差別に向き合う必要性についての討論ビデオ。差別、偏見、社会正義についての教育的なマテリアル。

    研究分野:広領域

  • タイトル:The Regional Risk Communication and Community Engagement (RCCE) Working GroupによるCOVID-19と社会的弱者に対するケアの指針

    URL:https://reliefweb.int/sites/reliefweb.int/files/resources/COVID-19_CommunityEngagement_130320.pdf

    お勧めの理由:見落とされがちなCOVID-19によって大きな影響を受けやすい脆弱な状況に追い込まれている人々への視点をまとめたガイダンス。教育的なマテリアルとしても有益。

    研究分野:広領域

  • タイトル:全米ソーシャルワーカー協会(NASW)によるCOVID-19関連のリソース一覧

    URL:https://www.naswca.org/page/covid-19-resources

    研究分野:広領域

全件表示 >>