基本情報

写真b

山本 雅代

YAMAMOTO Masayo

職名
教授
研究分野・キーワード
バイリンガリズム (第1言語としてのバイリンガリズム)
研究概要
バイリンガリズム全般を研究領域としているが、その中でもとりわけ、第1言語としてのバイリンガリズムを専門としている。具体的には、生後直後から2つの言語と関わりを持ちながら成長する「同時バイリンガル」を対象として、その言語習得の過程や言語処理の様態、又そうした子どもが育つ家庭での言語使用の状況等を心理言語学、社会言語学、言語学等の立場から研究している。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(教育学)
    学位の分野名:教育学
    学位授与機関名:国際基督教大学
    取得方法:課程
    取得年月:2000年04月

  • 学位名:修士(Master of Arts) Eglish as a Second Language
    学位の分野名:第二言語習得
    学位授与機関名:ハワイ大学マノア校(アメリカ合衆国)
    取得方法:課程
    取得年月:1981年08月

  • 学位名:学士(文学士)
    学位の分野名:英語学
    学位授与機関名:獨協大学
    取得方法:課程
    取得年月:1974年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 国際学部 国際学科
    経歴名:教授
    職務期間:2000年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先名:国際基督教大学教育研究所
    経歴名:研究員
    経歴期間:2009年04月 ~ 2011年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:第1言語としてのバイリンガリズム研究会 (会長)

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:社会言語科学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:異文化間教育学会 (理事)

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):言語学

  • 専門分野(科研費分類):英語学

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Language use in Japanese-English interlingual families--A sociolinguistic study of families with two different mother tongues
    掲載誌名:  (頁 1 ~ 254)
    学位授与年月:2000年04月
    著者氏名(共著者含):Yamamoto, Masayo

    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):言語学

  • 記述言語:英語
    論文題目名:The semantic development of negation in English and Japanese in a simultaneously bilingual child
    掲載誌名:  (頁 1 ~ 121)
    学位授与年月:1981年08月
    著者氏名(共著者含):Yamamoto, Masayo

    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):言語学

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:受容バイリンガルの言語使用と言語環境:母親の言語使用の経年変化に焦点を絞って
    掲載誌名:言語と文化  30巻  (頁 17 ~ 31)
    掲載誌 発行年月:2015年03月
    著者氏名(共著者含):山本 雅代

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):言語学

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Code-switching accounted for by Relevane Theory
    掲載誌名:総合政策研究  44巻  (頁 85 ~ 91)
    掲載誌 発行年月:2013年07月
    著者氏名(共著者含):YAMAMOTO Masayo

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):言語学

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「日本語ーフィリピン諸語」異言語間家族の言語使用状況:「言語の威信性」を枠組みに
    掲載誌名:国際学研究/2巻・1号/9-19/関西学院大学国際学研究フォーラム
    掲載誌 発行年月:2013年03月
    著者氏名(共著者含):山本 雅代

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:受容バイリンガルの言語使用
    掲載誌名:言語と文化  16巻  (頁 37 ~ 46)
    掲載誌 発行年月:2013年03月
    著者氏名(共著者含):山本 雅代

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):言語学

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:バイリンガルの子どもの言語獲得・発達
    掲載誌名:チャイルド・サイエンス  9巻  (頁 26 ~ 29)
    掲載誌 発行年月:2013年03月
    著者氏名(共著者含):山本 雅代

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):言語学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:異文化間教育学体系第3巻 異文化間教育の捉え直し
    出版機関名:明石書店
    発行年月:2016年06月
    著者氏名(共著者含):山本 雅代、馬渕 仁、塘 利枝子 他

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:異文化間教育学体系第3巻 異文化間教育の捉え直し
    著書形態:単著
    専門分野(科研費分類):その他

  • 記述言語:日本語
    著書名:バイリンガリズム入門
    出版機関名:大修館書店
    発行年月:2014年07月
    著者氏名(共著者含):山本 雅代、井狩 幸男、田浦 英幸、難波 和彦

    著書種別:教科書
    著書形態:共著
    専門分野(科研費分類):言語学

  • 記述言語:日本語
    著書名:バイリンガリズム:モノリンガル的視点からの脱却 
    出版機関名:西原鈴子 (編) 『言語と社会・教育』(pp 193-212). 東京:朝倉書店.
    発行年月:2010年05月
    著者氏名(共著者含):山本 雅代

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:異言語間教育--真なる多言語共生社会の創出を志向する教育 
    出版機関名:小島勝 (編著)『異文化間教育学の研究』(pp. 91-105). ナカニシヤ出版.
    発行年月:2008年12月
    著者氏名(共著者含):山本 雅代

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:バイリンガルの言語習得が示唆するもの 
    出版機関名:成田一 (編)/『大阪大学新世紀レクチャー 英語リフレッシュ講座』 (pp.164-174)/大阪/大阪大学出版会
    発行年月:2008年04月
    著者氏名(共著者含):山本 雅代

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

全件表示 >>

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    題目:Oketani-Lobbezoo, H. (Ed.), Raising Children as Bilinguals 
    掲載誌名:The Bilingual Family Newsletter, 25(2), pp.4 & 8, Multilingual Matters (Clevedon, England)
    掲載誌 発行年月:2008年06月
    著者氏名(共著者含):YAMAMOTO Masayo

    掲載種別:書評,文献紹介等
    共著区分:単著

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 名称:Guest Editors: Spcial Issue "Bilingualism as a first language in Japan", International Journal of Bilingual Education and Bilingualism/15(4)/Taylor & Francis
    活動期間(研究年月など):2012年07月

    研究活動区分:その他

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:平成25年度「科研費」審査委員表彰
    受賞年月:2013年11月
    受賞国:日本国
    受賞区分:その他の賞
    授与機関:日本学術振興会
    受賞者・受賞グループ名:山本 雅代

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月
    研究題目:受容バイリンガルの言語発達と言語使用

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2012年04月 ~ 2015年03月
    研究題目:受容バイリンガル児の言語発達研究

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2009年04月 ~ 2012年03月
    研究題目:同時バイリンガル幼児の言語発達研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:同志社大学英文学会 2013年度年次大会(京都:同志社大学)
    会議区分:国内会議
    開催期間:2013年10月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:バイリンガルの子どもに学ぶ:言語獲得・発達研究の魅力
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:大阪女学院大学 国際共生研究所主催
    会議区分:国内会議
    開催期間:2012年02月
    開催場所:(大阪・大阪女学院大学)
    題目又はセッション名:受容バイリンガル:「話す」ことはバイリンガルの必要条件か
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:2011 Hawaii International Conference on Social Sciences (Honolulu: Hilton Waikiki Prince Kuhio Hotel)
    会議区分:国際会議
    開催期間:2011年06月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:Bilingual communication: How a receptive bilingual child uses her languages
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:「第1言語としてのバイリンガリズム研究会」第4回研究会 (京都:キャンパスプラザ京都)
    会議区分:国内会議
    開催期間:2011年05月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:私たちはなぜ『第1言語としてのバイリンガリズム』を研究するのか?
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:同志社大学大学院文学研究科・英文学・英語学専攻大学院コロキアム(同志社大学・今出川)
    会議区分:国内会議
    開催期間:2010年05月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:第1言語としてのバイリンガリズム:2つの言語を同時に習得する子どもたち / Bilingualism as a First Language: Children acquiring two languages simultaneously
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:グローバル化と言語

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:バイリンガリズム

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:言語コミュニケーション前期

    授業科目名:バイリンガリズム

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:基礎演習A

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:基礎演習A

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:言語教育研究センター副長 (センター長代行) (2007.4~2009.3)
    活動期間:2013年04月 ~ 2014年03月

  • 活動名称:言語教育研究センター副長 (2001.4~2003.3)
    活動期間:2013年04月 ~ 2014年03月

  • 活動名称:国際学部学生主任 (2010.4~2012.3)
    活動期間:2013年04月 ~ 2014年03月

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 学会・委員会:異文化間教育学会 (理事)
    役職・役割名:常任理事
    活動期間:2011年06月

  • 学会・委員会:異文化間教育学会 (理事)
    役職・役割名:研究委員会 委員長
    活動期間:2011年06月

  • 学会・委員会:異文化間教育学会 (理事)
    役職・役割名:常任理事
    活動期間:2007年06月 ~ 2009年05月

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:第1言語としてのバイリンガリズム研究会代表
    活動期間:2010年10月

  • 活動名称:第1言語としてのバイリンガリズム研究会代表
    活動期間:2009年10月