基本情報

写真b

野波  寛

NONAMI Hiroshi

所属
社会学部 社会学科 教授
研究分野・キーワード
社会心理学, 環境社会学, 合意形成, 迷惑施設, ゲーミング
教育研究内容
個人の態度と行動が乖離しやすい環境問題において、環境に配慮した行動を実際に率先してとっていく少数の人々(環境ボランティア、住民団体など)が、その行動パターンを徐々に周囲の大多数者に普及させていく過程を、実験と調査の両面から社会心理学的に検討する。また、集団に対して個人が同一化していく過程、それにもとづく集団行動の発生と変化について、シミュレーション・ゲーミングを用いた実験的検討をおこなっている。

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(心理学)
    分野名:人文・社会 / 社会心理学
    授与機関名:名古屋大学
    取得方法:課程
    取得年月:1999年01月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:独立行政法人国立環境研究所 環境リスク研究センター
    職名:客員研究員
    年月:2012年04月 ~ 2014年03月

  • 所属:独立行政法人国立環境研究所 環境リスク研究センター
    職名:客員研究員
    年月:2008年04月 ~ 2011年12月

  • 所属:関西学院大学
    職名:教授
    年月:1997年04月 ~ 継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:環境情報科学センター
    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:農村計画学会
    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本心理学会
    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本社会心理学会
    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本グループ・ダイナミックス学会
    学会所在国:日本国

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 社会心理学

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:忌避施設をめぐる「当事者が決定すべき」の自明視に道徳基盤が及ぼす影響:「Web型・誰がなぜゲーム/地層処分場版」における当事者の優位的正当化の抑制
    誌名:シミュレーション&ゲーミング  32巻  2号  (頁 35 ~ 47)
    出版年月:2022年12月
    著者:野波 寬, 坂本 剛, 大友 章司, 田代 豊, 青木 俊明, 大場 健太郎

    DOI:10.32165/jasag.32.2_35

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:NIMBY問題における「当事者が決めるべき」の陥穽とその抑制:地層処分場・保育園を場面とした「誰がなぜゲーム」における当事者の多極化
    誌名:シミュレーション&ゲーミング  31巻  2号  (頁 143 ~ 155)
    出版年月:2022年01月
    著者:野波 寬, 坂本 剛, 大友 章司, 田代 豊, 青木 俊明

    DOI:10.32165/jasag.31.2_143

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:NIMBY問題における当事者はなぜ優位的に正当化されるのか?:地層処分場の決定権をめぐるマキシミン原理と道徳基盤の影響
    誌名:実験社会心理学研究  61巻  2号  (頁 57 ~ 70)
    出版年月:2022年
    著者:野波 寛, 坂本 剛, 大友 章司, 田代 豊, 青木 俊明

    DOI:10.2130/jjesp.2103

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Superior Legitimization of a Concerned Party in NIMBY Problem as a Moral Dilemma
    誌名:Journal of Environmental Information Science  2020巻  2号  (頁 47 ~ 57)
    出版年月:2021年04月
    著者:NONAMI Hiroshi, OHTOMO Shoji, SAKAMOTO Go, TASHIRO Yutaka, AOKI Toshiaki

    DOI:10.11492/ceispapersen.2020.2_47

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:NIMBY問題で当事者に対する優位的正当化が抑制されるとき―地層処分場を焦点とした「誰がなぜゲーム」における将来世代の呈示―
    誌名:リスク学研究  30巻  3号  (頁 161 ~ 175)
    出版年月:2021年04月
    著者:野波 寬, 大友 章司, 坂本 剛, 田代 豊, 青木 俊明

    DOI:10.11447/jjra.sra-0331

      外部サイトへのリンクを表示

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:分担執筆(第6章「自分が決める、みんなが決める―意思決定と合意形成の心理学」)
    出版者・発行元:ナカニシヤ出版
    出版年月:2012年03月
    著者:暮らしの中の社会心理学(安藤香織・杉浦淳吉編著)

    著書種別:学術書
    担当区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:仮想世界ゲームから社会心理学を学ぶ(広瀬幸雄編著)8章(pp.115-130)、第10章(pp.149-163)担当
    出版者・発行元:ナカニシヤ出版
    出版年月:2011年03月
    著者:野波  寛

    著書種別:学術書
    担当区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:集団間関係の社会心理学:北米と欧州における理論の系譜と発展(野波寛・岡本卓也・小杉考司) 
    出版者・発行元:晃洋書房
    出版年月:2010年05月
    著者:野波  寛

    著書種別:学術書
    担当区分:共訳

  • 記述言語:日本語
    タイトル:社会心理学辞典(「多数派・少数派」の項) p.304-305 
    出版者・発行元:丸善
    出版年月:2009年06月
    著者:野波  寛

    著書種別:学術書
    担当区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:環境問題における少数者の影響過程:シミュレーション・ゲーミングによる実験的検証
    出版者・発行元:晃洋書房
    出版年月:2001年05月
    著者:野波  寛

    著書種別:学術書
    担当区分:単著

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:挑戦的研究(萌芽)
    研究期間:2020年07月 ~ 2022年03月
    タイトル:道徳ジレンマとしてのNIMBY問題:決定権の判断をめぐる神経生理学的基盤の検証

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月
    タイトル:迷惑施設をめぐる権利の正当性:日中での比較調査・実験・ゲーミングによる多角的検証 (研究課題番号:26301031)

      外部サイトへのリンクを表示

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2011年04月 ~ 2014年03月
    タイトル:コモンズの管理権をめぐる多様なアクターの正当性:日中欧での調査研究と実験的検討

      外部サイトへのリンクを表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2008年04月 ~ 2011年03月
    タイトル:異種業者間の信頼醸成がコモンズ保全に及ぼす効果:沖縄本島での調査研究と実験的検討

      外部サイトへのリンクを表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    会議名:東北大学大学院国際文化研究科講演(2013/12/6)
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2013年12月
    開催地: 
    タイトル:コモンズの適正管理を目指す行動と合意形成:沖縄の海からモラルと権利を考える
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本社会心理学会第54回大会発表論文集, p.103 野波寛・坂本剛・大友章司・田代豊
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2013年11月
    開催地: 
    タイトル:地層処分場の決定権をめぐる多様なアクターの正当性:“誰がなぜゲーム/NIMBY版”における当事者と非当事者に情報環境が及ぼす影響
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本社会心理学会第54回大会論文集, ワークショップ, p.34 (企画・司会:野波寛, 話題提供者:野波寛・哈斯額尓敦・大友章司, 指定討論者:三俣学・箕浦一哉)
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2013年11月
    開催地: 
    タイトル:公共政策の決定権は誰にある?:沖縄と内モンゴルでの迷惑施設をめぐる多様なアクターの正当性
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本社会心理学会第54回大会発表論文集, p.149 安藤香織・大沼進・柿本敏克・杉浦淳吉・野波寛・神原歩
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2013年11月
    開催地: 
    タイトル:東日本大震災後の大学生の節電行動:地域別検討
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本社会心理学会第54回大会発表論文集, p.133 坂本剛・野波寛・蘇米雅・哈斯額尓敦・大友章司・田代豊
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2013年11月
    開催地: 
    タイトル:コモンズ管理の正当性における当事者・非当事者の相互承認構造:内モンゴルの草原管理を事例として
    会議種別:口頭発表(一般)

全件表示 >>

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2023年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:ゲーミング社会心理学

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2023年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:卒業論文

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2023年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:実験実習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2023年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:実験実習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2023年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:環境社会心理学

    授業形式:代表者

全件表示 >>

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:C.O.D.委員会委員
    活動期間:2022年04月 ~ 2024年03月